2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

トライアル事始

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

六畳間でできる?トライアル

0807BS世界の練習

こちら、世界選手権での練習風景。狭いエリアを
効率よく使うために、成田空港の滑走路みたいな
ことになる。ひとつの岩に、ふたつのライン

 トライアルの練習というと、ヒルクライムがあったり、コンクリートの段差があるトライアルパークを思い浮かべる人、多いと思います。トライアルパークは、いろんな技術を試せる素晴らしいフィールド。でも、パークがなければトライアルってできないの? というテーマで書いたもの。
 バイカーズステーション誌2007年5月号掲載の分。原題は『六畳間でできる“かもしれない”トライアル』。


 トライアルは地形との勝負という印象がある。急斜面だったり滑りやすい岩だったり相手はいろいろだが、地形との勝負と考えると、しかるべき地形がないと練習できないってことになる。
 でもね、トライアルが上手になりたいと思ったら、地形相手の挑戦ばかりではない。トライアルは自分との勝負でもある。ものすごくはしょって言うと、頭を使ってうまくなるのが、トライアルだ。

08BS手放しスタンディング

一畳あればできる練習はこれ。気
持ちの澄んだ人なら誰でもできる。

 世界選手権では、ウォーミングアップ場として練習場が用意されている。たいていの場合、狭い。でも選手たちは、そこで黙々と(文句をいうこともあるが)練習をする。試合とちがいセクションテープもないので、どう走るかはライダーのみぞ知る。これぞ狭いスペースを有効に使い、効果的な練習をするトップライダーの知恵。ジグゾーパズルのように地形を組み合わせて、ひとつの地形を何倍にも活用して練習する。
 こういう知恵は、トップライダーだけの専売特許ではない。へたはへたなりに、まねできる。1979年世界チャンピオン、バーニー・シュライバーは「3m四方の駐車場があれば、トライアルの練習はできる」と言った。こんなに狭くて平らなところでなにをするか。発想の自由度と工夫する心を持って、考えてみよう。
 まずスタンディングスティルの練習ができる。ただ立っているのがつまんなくなったら、オートバイの上でぐるりと回ってみるとか逆立ちをしてみるとか、極めるものはいっぱいある。

08BSスタンディングで一回り

この小娘、オートバイの上での一回りを企んでいる。
できなくてもオートバイには乗れるけど、こういう
ことしてると遊びながらうまくなれる

 エンジンがかかっていなくちゃ練習にならぬという人は、2m走ったらエンジンを止め、キックして走り出し、また2m走ったらエンジンを止める練習もあり。正確なスタンディングスティルとキック操作、さらにクラッチワークなど、けっこうなものを一度に学べる。こういう練習は、デコボコのトライアルセクションを走ったときに、必ず生きてくるはずなのだ。
 ターンはトライアルの基本だが、平地で黙々とやってるターン練習が基本かどうかは別問題だ。
 同じところをぐるぐる回るうちに、わだちができたり目印ができたり、うんとやりやすくなることがある。技術的収穫がないのに、うまく走れたことで納得してしまってはいないか。平らな地形に慣れてしまいそうなら、いっそ、左手をハンドルから離してしまおう。マシンに対しての身の置きかた、ていねいなアクセルワーク、両足のステップワークによるマシンコントロールと、いきなりいろんなことが学べる。ハンドルにしがみついていた人は、ここですてんとなってしまうから、ケガしないでくださいね。

08BSトラッパーで

フロントが上がんないほとんどの人には、
こういう練習もお勧め。

 フロントリフトの練習もできる。3m四方の間に確実にフロントを上げて降ろして停止できれば、フロントアップの正確性はずいぶん増しているはず。
 そうそう。バックの練習もできます。今どきのルールは、バックは即5点なのできらわれるテクニックだが、少年時代の藤波貴久は練習場からの帰り、必ずバックで帰ったという。帰り道もむだにせずに技術向上に生かす姿勢は、まだまだまねする余地がある。
 都会のトライアルと読んで、歩道橋を渡ったりするのかと思ったあなたは、まだまだ修業が足りません。いっしょに出直してみませんか。

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る