2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 動画チャンネル
  2. 2日目ボウ
  3. 予選
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(スクール)
  10. 2017お勉強会
  11. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  12. リザルト東北
  13. Honda トライアルファンミーティング
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. 2017玖珠全日本
  18. イベント(大会)
  19. 2017 Hondaトライアルミーティング
  20. MFJトライアル
  21. MFJトライアル
  22. リザルト東北
  23. リザルト関東
  24. 自然山通信5月号
  25. イベント告知
  26. イベント告知
  27. 2017年5月号電子版
  28. MFJトライアル
  29. Vertigo TITANIUM
  30. リザルト関東
  31. リザルト近畿
  32. S3 TENT
  33. リザルト関東
  34. リザルト沖縄
  35. リザルト中国
  36. S3 CURVE
  37. 近畿大会レポート
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. リザルト関東
  41. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  42. 2017年4月号
  43. 2017年4月号
  44. HRC ハンドルアッパーホルダー
  45. リザルト中国
  46. リザルト中国
  47. リザルト近畿
  48. リザルト関東
  49. TRS用クラッチ
  50. 自然山通信4月号
  51. ステンメッシュオイルフィルター
  52. リザルト中国
  53. リザルト沖縄
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. リザルト関東
  57. Montesa 300RR
  58. リザルト近畿
  59. イベント(大会)
  60. 2017X2オーストリア
  61. トムスストロングガードTRS用
  62. 自然山通信2017年3月号電子版
  63. 自然山通信2017年3月号
  64. リザルト中部
  65. モータースポーツ活動計画発表会
  66. 2017 Scorpa Racing SC250
  67. イベント(大会)
  68. MFJトライアル
  69. リザルト中国
  70. リザルト関東
  71. リザルト沖縄
  72. 自然山通信3月号
  73. Vertigoカーボンスイングアームプロテクター
  74. 2017 BETA EVO factory model
  75. リザルト関東
  76. リザルト関東
  77. リザルト中国
  78. イベント(大会)
  79. イベント(スクール)
  80. イベント(その他)
  81. 2017年富岡キャッチ
  82. イベント(大会)
  83. リザルト中国
  84. イベント(大会)
  85. 2017バルセロナ
  86. リザルト中国
  87. 1702電子版

    2017.02.03

    1702電子版
  88. 1702
  89. TRS One Raga Racing

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2016 beta Factory

20165/20

2016 Beta Factory EVO 2Tと4Tに乗りました

2016 Beta EVO 2T 300と4T 300の試乗をしてきました。「Factory」とは、2016年型EVOをベースにチタンサイレンサーをはじめ、各部にハイグレードのアクセサリーパーツを組み込んだ仕様。しかし今年のモデルはちょっと様子が違う。ファクトリー独自のセッティングになった模様です。

毎年スタンダードの発売から、ちょっと遅れた時期に限定生産車両として予約数のみ発売されるのが恒例となっている。今年のファクトリー仕様は、蛍光レッドとブルーの配色が目を引く。存在感のある素晴らしいグラフィックデザインだ。2ストローク300ccエンジン搭載の2T Factoryは、チタンエキゾーストパイプ、マグネシウム製クランクケース、をはじめ、いくつかのアクセサリーパーツが予め装備されている。

まず、ベータモータージャパンの門永さんに説明してもらいました。こちらの動画をどうぞ。

2016 Factory 2Tを試乗すると、スタンダードEVO 2T 300に乗った以前の印象とはちょっと違うフィーリングになっていた。エンジンが軽やかでパワフルだ。スタンダードEVO 2T 300よりも低速からのピックアップはさらに磨きがかかり、極低速からスロットルの反応が素晴らしい。中速域からのレスポンスもあっと驚くピックアップを見せてくれる。スタンダードとはシリンダー内部構造に大きな変更があるということで、今までのEVOシリーズの流れにはない感覚がある。「弾けるような軽やかさ」と言えばいいのだろうか。チタンエキゾーストパイプと、マグネシウムクランクケースといった軽量の恩恵もあると思うが、それ以上にこのエンジンのパワーフィーリングは「さらなる軽やかさ」さを感じさせる。

2016 Beta EVO 2T Factory

ベータモータージャパンの門永さんによれば、今後Factoryはデザインとパーツの仕様変更だけでなく、乗り味の違い的に、ファクトリー独自の方向性を持たせて行いこうというベータ本社の意向があるという。

2016 Beta EVO 2T Factory

対する、ファクトリー仕様として初の4T Factoryはどうか。ベータ製4ストロークエンジン搭載の4T Factoryは、Factory仕様として登場したのは今回が初めてだ。こちらにもチタンエキゾーストパイプが装着され、各部にハイグレードパーツが装備されている。

2016 Beta EVO 4T Factory

4T Factory。それは、とても楽しいトライアルマシンだった。車体バランスの良さ、4ストロークエンジン独自のグリップの良さ。300ccというたっぷりの排気量ではあるが、やさしく乗りやすい。それでいて余裕のパワーがある。4T仕様は円熟期になっていると思う。ベータの設計した4ストローエンジンそのものの外観的デザインも美しく、素晴らしいグリップを見せるエンジンがトライアルの楽しさをらためて感じさせてくれる。Factory仕様のグラフィックデザインと共に所有欲をそそられるマシンに仕上がっている。

それと、ブレキテックの油圧レバーシステムがフロントブレーキ、クラッチ共に仕様変更された。新設計のマスターシリンダーとなり、精度も上がった。レバー比が変わり、操作フィーリング改善されているという。実際今回の試乗で、パッと乗った印象でクラッチレバーが軽くなったなあと感じたことは、おそらくこのシステムによるものかもしれない。

2016 Beta EVO 2T Factory

2016 EVO 2T 300 Factory ¥1,090,000(本体価格)
2016 EVO 2T 250 Factory ¥1,070,000(本体価格)
2016 EVO 2T 125 Factory ¥1,030,000(本体価格)
2016 EVO 4T 300 Factory ¥1,180,000(本体価格)

◎ベータモータージャパン
富山県南砺市新邸7-4 TEL 0763-22-1731 FAX 0763-22-1732

関連記事

2日目ボウ

もてぎDay2はボウ優勝、ラガ2位、藤波は5位

5月28日、世界選手権日本グランプリ2日目。土曜日は圧倒的強さを見せつけたトニー・ボウだったが、日曜日は接戦を制して勝利、2年ぶりに両日制覇…

もてぎDay1速報・ボウ優勝フジガス3位!

2017 FIMトライアル世界選手権第2戦日本大会。トニー・ボウは圧勝、2位には予選でベストタイムをたたき出したジェイムス・ダビルが入った。…

予選

金曜日のもてぎ、予選

5月25日、世界選手権トライアル第2戦日本大会。 今回からプロモーターがついて、いろいろと新機軸が盛り込まれている。 そのひとつが、予選…

イベント(大会)

8/6 2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

10/8第2回岩手ツインショックトライアル大会

 ビンテージマシンや旧車を走らせて、トライアルの魅力を実感してみませんか! 初心者から、昔は鳴らしたテクニシャン?までみんなが楽しめて笑顔に…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。