2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(スクール)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  7. 全日本R3九州までのランキング
  8. 全日本R3九州リザルト
  9. 2018EMと成田匠.fr
  10. MFJトライアル
  11. 1805電子版
  12. 2018年5月号
  13. ムーブレバー
  14. トムス新製品
  15. リザルト関東
  16. 2017お勉強会
  17. TY-Eデビューラン
  18. 自然山通信電子版4月号
  19. 自然山通信2018年4月号
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. リザルト近畿
  26. リザルト四国
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. 2018年3月号電子版
  31. 2018年3月号
  32. 1802木彫山本さん
  33. HOSTAL DEL GUIU
  34. イベント(スクール)
  35. 2018 TRRS RAGA RACING
  36. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト四国
  44. フロントフォークプロテクター
  45. Vertigo VERTICAL
  46. 三谷アルミニップル
  47. リザルト中国
  48. TLM50用スプロケット
  49. JITISIEカーボンプロテクター
  50. イベント(大会)
  51. リザルト中国
  52. イベント(スクール)
  53. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  54. 自然山通信2018年2月号発売
  55. イベント(スクール)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト関東
  58. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  59. リザルト九州
  60. リザルト中国
  61. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  62. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2018ベータEvo2Tシリーズ

2018 Beta EVO2Tシリーズを解説していただく

アルミ地を生かしたグラフィックが特徴的な、2018 Beta Evo 2Tの仕様変更について輸入元ベータモータージャパンの門永さんに聞きました。デリバリーは11月末予定です。

2018モデルで10年目となるBETA Evo 2T。現行2017モデルではデュアルスパークシステムが導入されてエンジン特性に変化を感じているが、2018年Evo 2Tには大きな仕様変更はなく、いくつかの耐久性信頼性を高める小さな仕様変更にとどまっている。とはいえメインフレームのアルミ地の質感を生かした新しグラフィックは新鮮で、とてもスタイリッシュ。ベータの信頼のスペックと存在感は変わらずだ。

スタンダードの2Tシリーズと異なるコンセプト、2018モデルで二年目となる「2T 300SS」も引き続きラインナップされた。SSとはスーパースムースの略である。300ccという大排気量でありながら、パワーを抑えたやさしい乗り味、グリップを失いにくい緩やかな出力特性を持たせたエンジンである。2017モデルではスロットル開度は操作角度が広いいわゆる「遅スロットル」が装着されていたが、2018モデルは通常のスタンダードと同様のスロットルになった。とはいえ乗りやすさと扱いやすさは変わらず。とても魅力的な仕様だ。

2018ベータEvo2Tシリーズ

■主な仕様変更点
◎新クランクベアリングを採用しフリクションロスを低減。
◎減衰特性が再設定されたリアショックアブソーバーとフロントフォークにより、プログレッシブ効果と衝撃吸収特性が向上。
◎左右のフロントフォークオイル量が同量となり、メンテナンスが簡素化。
◎リアホイルハブはディスクとスプロケットの取り付けエリアが強化され耐衝撃性が向上。
◎前後タイヤはダンロップD803GPを新採用。
◎アルミカラーにアルマイト処理されたメインフレームは新しいグラフィック。ブラックリムにリムデカール付属。

ベータEVO 2Tの2018年モデルの変更点について聞きました。解説は輸入元ベータモータージャパンの門永さん。

2018 Evo 2Tシリーズ価格
Evo 2T 300 ¥898,000(税別)
Evo 2T 250 ¥878,000(税別)
Evo 2T 125 ¥839,000(税別)
Evo 2T 300SS ¥888,000(税別)

※2017年11月末よりデリバリー開始
※それぞれ送料 10,000 円(税別)が別途必要です。

◎ベータモータージャパン
富山県南砺市新邸7-4 TEL 0763-22-1731 FAX 0763-22-1732

2018ベータEvo2Tシリーズ
2018ベータEvo2Tシリーズ
2018ベータEvo2Tシリーズ
2018ベータEvo2Tシリーズ
2018ベータEvo2Tシリーズ

関連記事

トニー・ボウ、日本で100勝なるか!?

まもなく、日本GP開催の日がやって来る。 21世紀の今、圧倒的王者はトニー・ボウ一推しでまちがいないが、そのボウが、もしかしたら日本で大記…

イベント(スクール)

野崎史高スクール(千葉県)

史トライアルスクールin関東 YSP京葉の主催です。 (さらに…)…

イベント(大会)

奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2018年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

トムスカントリートライアル

今回も楽し〜いセクションを作ってお待ちしています。 (さらに…)…

イベント(大会)

2018 メッツカップ第2戦

「2018 メッツカップ第2戦」   昨年大好評だった有名人気ライダーと一日回れるメッツSHIRAI大会。今年も招待選手充実です!メッ…

ページ上部へ戻る