2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(スクール)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  7. 全日本R3九州までのランキング
  8. 全日本R3九州リザルト
  9. 2018EMと成田匠.fr
  10. MFJトライアル
  11. 1805電子版
  12. 2018年5月号
  13. ムーブレバー
  14. トムス新製品
  15. リザルト関東
  16. 2017お勉強会
  17. TY-Eデビューラン
  18. 自然山通信電子版4月号
  19. 自然山通信2018年4月号
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. リザルト近畿
  26. リザルト四国
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. 2018年3月号電子版
  31. 2018年3月号
  32. 1802木彫山本さん
  33. HOSTAL DEL GUIU
  34. イベント(スクール)
  35. 2018 TRRS RAGA RACING
  36. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト四国
  44. フロントフォークプロテクター
  45. Vertigo VERTICAL
  46. 三谷アルミニップル
  47. リザルト中国
  48. TLM50用スプロケット
  49. JITISIEカーボンプロテクター
  50. イベント(大会)
  51. リザルト中国
  52. イベント(スクール)
  53. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  54. 自然山通信2018年2月号発売
  55. イベント(スクール)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト関東
  58. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  59. リザルト九州
  60. リザルト中国
  61. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  62. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

09RTL260F

09RTL右

 05年にデビューしたホンダRTL-Fの09年モデル。
 05年に「4ストロークでもこんなにパンチの効いたパワーが発揮できるのか」と強烈な印象を与えたエンジン性格は、逆に扱いやすく調教されて、第一印象としては初期型のほうがパワフルに感じるほど。しかし実際は、排気量も増して、扱いやすいパワー感をしっかり演出してきている。エンジンの特性は好評だった08年モデルと変わっていないが、ハンドルまわりなどが軽量化されている。


 外観上の大きな変化はテーパーハンドルが採用になったこと。テーパーハンドルはすでにワークスマシンでは採用されてきていて、これまでもモンテッサのレプソルバージョンには装着されてきていた。今年は、その仕様がすべてのRTL-F、コタ4RTに採用になった。

09RTLハンドル

 テーパーハンドルは従来のハンドルに比べて剛性が高いので、ブリッジは不要。さらにそれでもまだ高剛性を誇るので、トップブリッジのクランプ位置をせばめて、違和感のないしなりが出るようにしている。実車を見ると、ステアリングヘッドのボルトがぎりぎりおさまるところまでクランプが狭められているのがわかる。テーパーハンドルを採用しているマシンは、どこも同じような手法でクランプをせばめているという。
 ちなみにこのハンドル、ハンドル位置は、藤波貴久やトニー・ボウのセッティングそのまま。世界のトップライダーのコクピットが、そのまま自分のものになるという感動もある。
 同時に、フロントブレーキマスターがニッシン製に変更になった。ニッシン製は藤波貴久ご愛用のキャリパーで、ワークスチームでは好んで使われることが多いようだが、タッチの好みの問題が大きい。よりダイレクトなきき味が伝わってくるマスターという(もともとよくきくブレーキだし、入門者にはその差は体感できないかもしれない)。
 このフロントまわりの変更で、重量は200g減となっている。

09RTL左

 乗り味はひたすらまろやか。現在のRTLは当初から晴れ用雨用のふたつのセッティングマップが格納されていて、手元のスイッチで切り替えられるようになっている。晴れ用雨用といっても、晴れの日に雨用を使っても問題ないし、むしろ回転の上昇が(気がつかない人には気がつかないほど)いくぶんゆっくりの雨用のほうが、結果的にスムーズにマシンを走らせられるという人も多いのではないかと思われる。
 価格は975,450円。ホンダブランドだが、日本で生産しているものでないので、このところのユーロ高が顕著に影響された価格設定となってしまっている。インジェクションの採用など、もともと高価な装備なのだから、内容を考えたら、けっして高くはないのだが、残念。

関連記事

トニー・ボウ、日本で100勝なるか!?

まもなく、日本GP開催の日がやって来る。 21世紀の今、圧倒的王者はトニー・ボウ一推しでまちがいないが、そのボウが、もしかしたら日本で大記…

イベント(スクール)

野崎史高スクール(千葉県)

史トライアルスクールin関東 YSP京葉の主催です。 (さらに…)…

イベント(大会)

奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2018年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

トムスカントリートライアル

今回も楽し〜いセクションを作ってお待ちしています。 (さらに…)…

イベント(大会)

2018 メッツカップ第2戦

「2018 メッツカップ第2戦」   昨年大好評だった有名人気ライダーと一日回れるメッツSHIRAI大会。今年も招待選手充実です!メッ…

ページ上部へ戻る