2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 動画チャンネル
  2. 予選
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(スクール)
  9. 2017お勉強会
  10. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  11. リザルト東北
  12. Honda トライアルファンミーティング
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017玖珠全日本
  17. イベント(大会)
  18. 2017 Hondaトライアルミーティング
  19. MFJトライアル
  20. MFJトライアル
  21. リザルト東北
  22. リザルト関東
  23. 自然山通信5月号
  24. イベント告知
  25. イベント告知
  26. 2017年5月号電子版
  27. MFJトライアル
  28. Vertigo TITANIUM
  29. リザルト関東
  30. リザルト近畿
  31. S3 TENT
  32. リザルト関東
  33. リザルト沖縄
  34. リザルト中国
  35. S3 CURVE
  36. 近畿大会レポート
  37. リザルト中国
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  41. 2017年4月号
  42. 2017年4月号
  43. HRC ハンドルアッパーホルダー
  44. リザルト中国
  45. リザルト中国
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. TRS用クラッチ
  49. 自然山通信4月号
  50. ステンメッシュオイルフィルター
  51. リザルト中国
  52. リザルト沖縄
  53. リザルト関東
  54. リザルト中部
  55. リザルト関東
  56. Montesa 300RR
  57. リザルト近畿
  58. イベント(大会)
  59. 2017X2オーストリア
  60. トムスストロングガードTRS用
  61. 自然山通信2017年3月号電子版
  62. 自然山通信2017年3月号
  63. リザルト中部
  64. モータースポーツ活動計画発表会
  65. 2017 Scorpa Racing SC250
  66. イベント(大会)
  67. MFJトライアル
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. リザルト沖縄
  71. 自然山通信3月号
  72. Vertigoカーボンスイングアームプロテクター
  73. 2017 BETA EVO factory model
  74. リザルト関東
  75. リザルト関東
  76. リザルト中国
  77. イベント(大会)
  78. イベント(スクール)
  79. イベント(その他)
  80. 2017年富岡キャッチ
  81. イベント(大会)
  82. リザルト中国
  83. イベント(大会)
  84. 2017バルセロナ
  85. リザルト中国
  86. 1702電子版

    2017.02.03

    1702電子版
  87. 1702
  88. TRS One Raga Racing
  89. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

さらに’10 Sherco

2010シェルコ
 2010年モデルのシェルコの詳細写真が手に入ったのでご紹介します。これは4ストローク3.2と2ストローク2.9のお見合い写真。異なる二つのエンジンを積むフレームは、クロームモリブデン製のデュアルチューブラー。これに2010年モデルの特徴として、燃料タンクとエアフィルターの位置を交換するという逆転の発想の新アイデアを搭載し、あわせて車重を軽量化、125で67kg!、250と290で68kg、4ストロークの3.2でも70kgにおさめられている。
 その、エアフィルターの構造の写真も、このつづきでご覧ください。


2010シェルコストリップ
 燃料タンクとエアフィルターの位置交換は、重量配分をより中央に寄せることになり、これがまた軽量化に大きな寄与を果たしているという。燃料は、小さく、かつ働きのいい燃料ポンプによってキャブレターに運ばれる。この燃料タンクは、この1、2年、シェルコユーザーによって世界選手権(ジュニアやユースなど)でテストを繰り返されていて、すでに信頼性は確固たるものがある。
 ステアリングヘッドのすぐ後ろにあるエアフィルターは、どんな状況でもクリアなエアを取り込むことができる。フィルターへのアクセスも簡単だから、清掃メンテナンスをするのもお手軽だ。通常のシート下、キャブレターとリヤショックの間に押し込まれたスペースより、より吸気効率に適した、大容量のスペースを確保できるのも性能的な有利を得ることができる。さらに、エアフィルターが高い位置にマウントされたことで、シート部分までが水没するようなコンディションになったとしても、エンジンが止まることがない! これは頼もしい。このようなコンディションで走り続けるということは、これまででは考えられなかったこと。天候やセクションセッターの気まぐれによっては、シェルコだけが走破可能というセクションが現れるかもしれない。
 メンテナンス性の向上はエアフィルターだけでなく、すべての電気まわりへのアクセスも、従来モデルより格段に容易になったとしている。
 またこのモデルから、フルサイズの80ccがカタログに登場した。ユースクラスの頂点を争う1.25
と同じ寸法、基本が同じエンジンを使う80ccマシンは、ヨーロッパの若手ライダーの成長を、さらに助けることになるにちがいない。
 発表では、生産は11月からということになっている。早ければヨーロッパのユーザーにはそろそろニューマシンが渡る頃。日本にも、間もなく最初のロットが上陸してくるだろう。

マシン/諸元 ST0.8 ST1.25 ST2.5 ST2.9 ST3.2-F
エンジン 2ストローク 4ストローク
4バルブ
排気量 74.6 124.7 249.7 272 317cc
ボアxストローク 44.5 x 50.7 56 x 50.7 72.8 x 60 76 x 60 82 x 60
シリンダー ニカジルコート
潤滑 2%混合 ウェットサンプ
吸気 デロルトPHPL26 28
シェルコプロンプトシステム
冷却 水冷
始動 キック
エキパイ ステンレス
マフラー アルミ
ミッション 5速
クラッチ 湿式多板油圧
イグニッション Leonilli デュアルマップ
Leonilli
フレーム クロモリチューブラー
燃料タンク 燃料ポンプつきアルミ
ブレーキ F185 / R145
フロントサス チェリアーニ38mm
185mmトラベル
リヤサス オーレ
175mmトラベル
Fホイール モラッド21インチ
Rホイール モラッド18インチ
車重 67kg 68kg 70kg
ホイールベース 1322mm
最低地上高 310mm
シート高 645mm
定価 —- ¥695,000 ¥746,000 ¥759,000 ¥875,000
税込価格 —- ¥729,750 ¥783,300 ¥796,950 ¥918,750
送料 —- ¥8,000


関連記事

予選

金曜日のもてぎ、予選

5月25日、世界選手権トライアル第2戦日本大会。 今回からプロモーターがついて、いろいろと新機軸が盛り込まれている。 そのひとつが、予選…

イベント(大会)

8/6 2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

10/8第2回岩手ツインショックトライアル大会

 ビンテージマシンや旧車を走らせて、トライアルの魅力を実感してみませんか! 初心者から、昔は鳴らしたテクニシャン?までみんなが楽しめて笑顔に…

イベント(大会)

6/25 2017 メッツカップ第2戦

メッツクラブでは初心者の方も安心して楽しめ元気の出るトライアルを目指しています。ぜひ一日お楽しみください。 (さらに……

イベント(大会)

6/11遊ingトライアル

2017遊ingトライアル、皆様のご参加をお待ちしております。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。