2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 動画チャンネル
  2. 原発見学
  3. イベント(大会)
  4. 2017北海道
  5. 動画チャンネル
  6. 2017北海道大会
  7. イベント(スクール)
  8. 2017日本グランプリ公式DVD
  9. 動画チャンネル
  10. 2017全日本北海道までのランキング
  11. 2017全日本北海道リザルト
  12. 2017TDN
  13. 自然山通信2017年7月号
  14. 2017お勉強会
  15. イベント(大会)
  16. 2017フランスGP
  17. MFJトライアル
  18. EXスポーツ FIMトライアル放送
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. 全日本第4戦中国大会レポート
  22. 三谷モータースポーツ新製品
  23. ガスガス用ラジエタープラグ
  24. 動画チャンネルR4中国
  25. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  26. 全日本第4戦中国大会リザルト
  27. リザルト関東
  28. MFJトライアル
  29. 自然山通信6月号電子版
  30. 自然山通信6月号
  31. イベント(その他)
  32. 2017 X-TRIAL DVD
  33. 2日目ボウ
  34. 予選
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(スクール)
  41. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  42. リザルト東北
  43. Honda トライアルファンミーティング
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. 2017玖珠全日本
  48. イベント(大会)
  49. 2017 Hondaトライアルミーティング
  50. MFJトライアル
  51. MFJトライアル
  52. リザルト東北
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信5月号
  55. イベント告知
  56. 2017年5月号電子版
  57. MFJトライアル
  58. Vertigo TITANIUM
  59. リザルト関東
  60. リザルト近畿
  61. S3 TENT
  62. リザルト関東
  63. リザルト沖縄
  64. リザルト中国
  65. S3 CURVE
  66. 近畿大会レポート
  67. リザルト中国
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  71. 2017年4月号
  72. 2017年4月号
  73. HRC ハンドルアッパーホルダー
  74. リザルト中国
  75. リザルト中国
  76. リザルト近畿
  77. リザルト関東
  78. TRS用クラッチ
  79. 自然山通信4月号
  80. ステンメッシュオイルフィルター
  81. リザルト中国
  82. リザルト沖縄
  83. リザルト関東
  84. リザルト中部
  85. リザルト関東
  86. Montesa 300RR
  87. リザルト近畿

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1607ルールのお話キャッチ

ジャックナイフすると5点?

2016年7月3日、全日本選手権九州大会で、ジャックナイフしたら5点と判定されたというライダーが続出したという話を聞きました(もうしわけない。その現場は目撃できませんでした)。それはどういうことなのかという解説をしてみたいと思います。

ジャックナイフをしたら5点なのではなく、ジャックナイフをしたあとにあることをしてそのまま発進すると、ラインクロスとなる場合がおうおうにしてある、ということであります。

1607ルールのお話0

画面左方向から走ってきます。この場合、このマシンがガスガス・パンペーラ改のトライチェーサー2000であるとか、なぜかクラッチレバー側のグリップをクウガの手だけが握っていてオカルトではないかとか、そういうことは関係ないです。点線は、これからジャックナイフをしようという軌跡です。ずいぶん大きくリヤを振ろうとしていますから、こんなにリヤが振れない人は、おそらくラインクロスとはならないでしょう。

1607ルールのお話1

ここまで走ってきた軌跡を線で書いてみました。実際のセクションではこういう分かりやすい状況にはなりませんが、オブザーバーから見ると、いくつかチェック項目をおさえておけば、ラインクロスかどうかが簡単にわかる仕組みになっています。ここではフロントタイヤの位置に注目します。

1607ルールのお話2

リヤを大きく振りました。一度に振っても何度にもわけて振っても、フロントタイヤの位置が動いていなければ、状況は変わりません。ここからが問題です。

1607ルールのお話3

フロントを1回振ってみました。画面右側へ。ライダーの視点でいうと、左に振ってます。実際の寸法でいうと50cm近く振ってますが、これが1mでも5cmでも理屈としては同じです。

1607ルールのお話4

次にフロントを右に振ってみました。今、マシンが向かってきたその方向です。フロントタイヤが、これまで描いてきた軌跡の手前に位置しているところがポイントです。

1607ルールのお話5

ここで一つ前に戻って、フロントを左に振ったまま前進してみましょう。ラインクロスは、マシンが描いた軌跡を前後輪が横切った場合です。この場合は当然ですが、ラインクロスとはなりません。ところが……。

1607ルールのお話6

フロントを右に振った状態で、そのまま前進すると、これは一目瞭然、今走ってきた軌跡を、前後輪が横切ることになります。これはラインクロスで5点。とても明解です。

90度以上のジャックナイフをし、さらにこれまで進んできた方向にフロントホップをすると、フロントタイヤはそこまでの軌跡の手前に落ちます。これではラインクロスは免れません。もう1回2回フロントホップをして、フロントタイヤの位置をそこまでのラインの先に戻しておく必要があります。

今これを書きながら気がついたのですが、90度以下のジャックナイフならラインクロスにはならないのではないかとか、ジャックナイフをする前にフロントを一度(この場合は)右に振っておくとラインクロスにはならないと思われます。でもジャックナイフは時間を節約しながら後輪の位置を大きく変更するのに有効ですから、一度止まってしまうと効果半減ですね。

後輪も上がらない多くの皆さんには関係ないルールに見えるかもしれませんが、全日本選手権など観戦する際、ライダーとオブザーバーが「なんで?」とやりとりしているときに、こういう細かいルールを知っていると「なるほど、これのことか」と興味深いものと思われます。

なお、このルールは当然ですが、2016年現在のMFJトライアルルールです。ルールが変わったり解釈が変わる可能性はあります。オブザーバーはもちろんですが、ライダーも競技規則をよく学ぶ必要があるということで、もしかすると観戦するお客さんも、お勉強しておいたほうがいいかもしれません。

MFJ競技規則は、PDFで誰でも閲覧することができます。
MFJ競技規則

関連記事

原発見学

福島原発を、見る

原発見学に行ってきた。 うちから25km弱のところにある二つの原子力発電所施設。でもそこは、なかなか見に行ったりすることができないとこ…

イベント(大会)

9/17第245回ケニーズ杯

第245回ケニーズ杯プレミアムバージョン 日程  9月17日(日)  前日、女子のみプレミアムスクール・人数限定 場所  広島…

2017北海道

北海道、オールクリーンのLTR、IBと雨のIA

24名が参加のIA、30名が参加のIB、そしてLTRは4名。このうち、3名のライダーが10セクション2ラップをオールクリーンした。LTRでは…

動画チャンネル

動画チャンネルもう一つの北海道カメラを追加

全日本選手権R5北海道大会、noppara-tsushin映像を自然山通信動画チャンネルにリンクしました。sumimitumaruさん映像と…

2017北海道大会

小川友幸3連勝で5連覇に近づく

全日本選手権第5戦、北海道大会。今年もまた、海の日の三連休の日曜日、旭川から30分の上川郡和寒サーキットでの開催となった。結果は、意外なこと…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。