2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版
  53. 2018年3月号
  54. 1802木彫山本さん
  55. HOSTAL DEL GUIU
  56. イベント(スクール)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

テープはテープ(ルールの解釈・訂正)

1710 ルールブック表紙

トライアルのルールは、むずかしいです。
ゲートマーカーの連続としてのテープの解釈について、まちがった解釈を書いているぞという指摘をいただいていたのて、その経緯についてご紹介します。ご指摘を受けてからずいぶん時間がかかっちゃいました。ごめんなさい。

ゲートマーカーとゲートマーカーを結んだテープは、ゲートマーカーとしての機能を持つが、触れたりたるませたりした際のペナルティは、ゲートマーカーへのペナルティでなく、テープへのペナルティが適用される、という解釈が正解です(正しくは、写真の掲載ページの条文11-2-3-11をごらんください)。

1710テープのペナルティ

この件は、2017年の規則書ができた、という報告をした際に書き加えたものでした。その記事はこちら(http://www.shizenyama.com/howtotrial/trialrule/20131)です。

セクションのテープは、切ったりたるませたりしなければ、さわってもいいことになっています。テープに限らず、セクションの構成物である杭とかもそうなんだけど、杭はぶつかると倒れたり曲がったりして、そうなると5点。テープはさわるだけだと微妙に伸びてくれるんで、切れるまでは許される範囲です(めんどくさいことを言うと、それまでにじわじわとたるんでるわけだけど)。

ところが、セクションのクラス分けに使われているゲートマーカーはそういうわけにはいきません。オートバイは、ゲートマーカーとゲートマーカーの間をきっちり通らないといけないので、ゲートマーカーにタイヤが触ったらその瞬間に5点になります。動いたとか動いてないとかという判断ではありません。

めんどくさいのは、同じゲートマーカーでも、タイヤで触ったのではなく、足で触ったりした場合は(それだけでは)減点にはなりません。でも動いたりして、修正が必要になったら5点になります。自分がAクラスだったら、Aクラスのマーカーをタイヤで触ると5点ですが、Bクラスのマーカーは動かさなければ触っても無罪。現実にはマーカーをタイヤでけっ飛ばして修正しないで済むなんてことはまずないと思いますが。

さて、問題はここからでした。セクションの中には、ゲートマーカーとゲートマーカーを、テープでつないでいるところがあります。ふつう、ゲートマーカーはそこを通過してしまえば、あとはどこへ向かって走っていってもいいのですが、ゲートとゲートをテープで結ばれていると、その中から出てはいけません。セクションによっては、そういう設定が必要な場合もあるわけです。これは、2016年の競技規則書では「判例集」という規則の注釈みたいなページに書いてありました。

ある日の全日本選手権で、この判定をめぐってちょっとやりとりがあったことがあって、そのとき「ゲートとゲートを結んだテープはゲートだから触ったら5点である」という理屈をオブザーバーが主張していました。その際はライダーの「他のライダーも触っていた」という主張にオブザーバーの主張がだんだんトーンダウンしてきて無罪となったのですが、後日、判定の根拠が2016年の規則書の判例集にしかないという話になりました。大事な判例なら、判例集ではなくて規則の条文に入ってたほうが、という話はその時にもあって、それで2017年規則書には条文に加えられることになりました。

1710今年の変更点

こんなやり取りをついでに紹介させていただいたのがこちらでしたが、その際“ただし、減点対象となりうる行為は272頁ペナルティ[11-2-3-11を適用する]”の一文をちゃんと見ていなかったのが、この記事の大まちがいです。

ルールはむずかしいから、疑問があったらすべてトライアル委員長に確認しなさい、というご忠告もいただきました。そのとおりであります。たいへんもうしわけない。

ルールについてやりとりをするのはむずかしいから、触れないほうが身のためです、と忠告してくださる方もいらっしゃったけど、人によって、あるいは地域によって、採点の解釈がちょっとちがったりするのではないかという気もするし(あくまでそんな気がするだけですが)、自分たちのやっているスポーツのルールの解釈はみんなできちんと共有したいというのが本来だと思うので、今後もルールについては考え続けていきたいと思います。

でもまちがっちゃいけないです。ごめんなさい。

なお、当該記事はその旨の注釈を入れて、修正しておきます。

1710テープはゲートの連続

関連記事

2018年7月号電子版

お待たせしました。世界選手権日本GP特集、第一弾。電子版をお届けします。ダウンロードして、お手元の電子端末でお楽しみください。 (さ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号は7月6-7の二日間で出荷中です。今回は6月にツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権第2戦STRIDER日本グラ…

全日本選手権に電子チケット導入

MFJが、全日本選手権トライアルの観戦券の電子販売を始めた。 まずは9月1日開催の中国大会(広島大会)から電子チケットの販売が始まる。 …

MFJトライアル

7月15日は北海道わっさむサーキットで全日本

7月15日、全日本選手権第4戦北海道大会が、旭川近郊の和寒町わっさむサーキットで開催される。 今回は総参加者90名! にぎやかな北海道大会…

カーボン製ロングフォークプロテクター発売

ミタニモータースポーツより、スタイリッシュな「カーボンロングフォークプロテクター」が発売されました。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る