2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. 2017TDN
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  6. イベント(大会)
  7. Honda秋の祭典トライアルデモ
  8. 自然山通信11月号電子版
  9. イベント(大会)
  10. 自然山通信11月号
  11. イベント(大会)
  12. イベント(その他)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中部
  15. リザルト関東
  16. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  17. イベント(スクール)
  18. 自然山通信11月号
  19. イベント(大会)
  20. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  21. 2017年間ランキング
  22. イベント(大会)
  23. 全日本R7東北リザルト
  24. リザルト北海道
  25. チタンサイレンサーRACE
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. Honda秋の祭典
  29. イベント(大会)
  30. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  31. MFJトライアル
  32. イベント(大会)
  33. イベント(その他)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. トムスの新製品
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. RTL250S用リヤフェンダー
  40. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  41. リザルト関東

    2017.10.15

    2017茨城県大会
  42. リザルト北海道
  43. リザルト東北
  44. リザルト関東
  45. リザルト中国
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. R6中部大会までのランキング
  49. R6中部大会のリザルト
  50. リザルト東北
  51. リザルト関東
  52. リザルト関東
  53. リザルト九州
  54. イベント(大会)
  55. 自然山通信2017年10月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 新型力造シート
  58. イベント(スクール)
  59. MFJトライアル
  60. かわうちトライアル
  61. 中部大会招待券プレゼント
  62. MITANI MODEL TR-3
  63. テフロンスロットルパイプ
  64. リア・ディスクプロテクション
  65. リザルト中国
  66. リザルト沖縄
  67. リザルト北海道
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. 2017TDNエントリーリスト
  71. リザルト中国
  72. リザルト関東
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. 2017年9月号電子版
  76. 2017年9月号
  77. リザルト中国
  78. スタイルマーチンニューモデル
  79. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  80. 2017お勉強会
  81. イベント(大会)
  82. イベント(スクール)
  83. リザルト北海道
  84. リザルト沖縄
  85. イベント(その他)
  86. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  87. トムスのロゴ
  88. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

稲刈り

2010稲刈りその1

戦闘開始!

 11月になって、遅ればせながらお米の収穫をしました。藤波選手とか、ご実家がお米農家だったりするから、こんなのを読まれたりすると恥ずかしいんだけど、なにごとも初めての人ってのはいるもんだから、大目に見ていただきたいです。
 素人の稲作は、たまたまやってきていた若者たちの手を借りて、まずはとどこおりなく、どたばたのうちに終了しました。


 たぶん(藤波選手のおうちのある)四日市のあたりでは、9月ごろに稲刈りをやってしまうんだろうけど、東北地方のこのへんでは、収穫も、もうちょっと遅めです。だいたい10月にはいると、そこここで稲刈りの準備が始まり、○○さんちはいつやるんだい? うちは今度の週末にやろうと思うんだが、なんて話になります。専業農家だったら天気のいい日を選んでいつでもいいんだろうど、このへんの人たちは、みんなお勤めをしています。農家に変身するのは会社に行く前と帰ってきたあと、それと週末。忙しい。会社勤めしながら農業やってたらもうかるかといえば、機械も買っちゃうし、肥料や油代もかかるし、肝心の米価は安くなる一方だし、いやはや、農家ってのはたいへんな商売です。トライアル雑誌屋もたいへんだけど、減反だのなんだの、お国からああせいこうせい言われているのに、お国からはどんどん見放されている感があって、ぼくだったら暴れちゃうかも。
 ぼくの場合、自然山通信の赤字を農業で埋め合わせしようという野望はまったくなく、お米作りとはどんなものかやってみたかっただけなのでございました。区長さんに田んぼを借りて、なにからなにまでお世話になってしまった。お世話になっているのは、稲作に限ったことじゃないけども。
 区長は酔っぱらうと、無農薬で田んぼをやっているニシマキと紹介してくれるけど、農薬のやりかたもわかんないもんでやってないんであって、信念のある無農薬じゃないっす。無農薬って、響きはいいかもしれないけど、上流から流れてくる農業用水に残留農薬はないのか、土はどうなのかとチェックしていくと、そうそう簡単じゃなさそう。無農薬の農作物はけっこう多いけど、うそがないことを祈るばかりです。

2010稲刈りその2

どうやって束にするのがよかんべかなと、初心者の素人が悩んでいるの図

 とまぁ、えらそうなことを語っている場合ではなくて、ぐずぐずしているうちに秋も深くなっちゃった。みんなは機械で刈るから、稲があんまり大きくなると刈りにくい。でもこちとら、機械を持ってないから手で刈るしかない。手で刈るなら、多少ばらつきがあっても、人間が合わせていけるからなんとかなる。田植えしたのも人間だから、ラインもそろってないし、そもそも機械じゃ刈れない田んぼになっちゃってるんですね。
 お天気がいい日がいいし、いつにしようかしらん、なんてやっていたら、ちょうど、夏に演劇合宿にきた連中が、またやってくるという。小さな舞台をやるらしくて、その練習とかもあるんだけど、練習ばっかりじゃなく、いろんなことをやってみたいという。じゃ、稲刈りをさせてあげましょう、とお誘いして「やりたい、やりたい」とお返事をもらいましたとさ。
 農家のみなさんは、なにを好き好んでひとの田んぼの稲刈りなんかやりたいかね、ということになるんだろうけど、ぼくも含めて、田んぼなんかやったことない若者たちだから、楽しいのである(ぼくは人んちのお手伝いで、稲刈りはほんの何度かやったことあるけど)。しかも、みんなでやるんだったら、だんぜん手刈り。機械を持ち込むと、やっぱり機械が主役になって、共同作業の雰囲気じゃなくなっちゃうから。
 手で稲刈りをするんだと触れ回っておいたら、S商店のTさんが「よし、おれもやるか」なんて言っている。じゃ教えてください、とお願いすると、農家の出の奥さんのM子さんが「父ちゃんはなんにも知らねーんだから、あてにならねー」と水をさす。このへんでも、みんながみんな田んぼをやっているわけじゃなくて、農作業をまったくやったことない人だっていらっしゃるのだ。
 カマは、これまた区長からお借りした。刈ったお米は田んぼに木を立ててはせがけしたいと思ったけど、これまたおんぶにだっこでお願いしていた区長の手が空かずに棒が出てこなかったので、田んぼの横に立ってる区長んちのビニールハウスの骨格にかけていくことにした。だから必要な道具は、カマだけだった。
 稲刈り経験2回のぼくが、こんなふうにやるのだとえらそうに教えて、みんなに始めてもらった。誰がどの列を刈るのかとか、そういう段取りはなし。大将の「かかれ」の号令とともにときの声をあげてつっこんでいく戦国時代の歩兵さんたちみたいな状況だ。
 そしたら、Tさんがやってきた。「どうだ、うまくやってるか? ケガすんなよ」と上から目線なれど、ちゃんと作業服を着込んでやる気である。Tさんにも、刈っていただく。
 そしたら、M子さんがやってきた。「あらまー、なにやってんだ?」。M子さんは手厳しい。そんな手つきじゃだめだ、持ち方が反対だ、切り方がまちがってると、Tさんもぼくもダメ出しされて、先生面の面目は丸つぶれ。二人とも田んぼにきちゃって、S商店は開店休業なんで、M子さんは「おれはさっさと帰るからね」と念押ししながら、若者たちに稲の刈り方を教えてやっている。M子さんは今でこそ商店のおかみさんだけど、それまでは農家の娘だったから、こういう作業はお手のものだ。M子さんに教えてもらった若者たちは、さすが若いもんは覚えが早い。おじさんたちの手つきが5分や10分じゃ改善されないのを尻目に、どんどんじょうずになっていく。やっぱり、新しいことを覚えるなら、若いうちだねぇ。

2010稲刈り完了

稲刈り終わったぞといばっているみんな。ここへちょうどTさんが戻ってきて「なにかっこつけてんだ?」と笑われた

 それでも若者が8人もいると「おれは刈るのがいい」「おれは束ねるのがプロになった」と、いろんなやつが出てきた。刈る、束ねてかける。ワラで束ねるのも、それなりにコツのいるお仕事だから、どっちかプロになればたいしたものだ。おじさんは、さっぱり上手になれない。
 そんなわけで、稲刈りはざっと10人がかりで、お昼までには終了した。頭数がいるってことは、すごいことだ。今、お米を作っている人は、もう一度手作業で稲作をやろうとは思わないみたいだけど(だって、たいへんなんだもの)、手作業で稲作をやっていた時代の「結い」には懐かしい思いがあるらしい。隣近所と協力して、今日はこっちの田んぼ、明日はあっちの田んぼと作業をし、あぜに並んですわってみんなでお昼を食べるのは、とっても楽しかったようだ。
 機械化によって忘れられたもの、と単純に言ってしまえるものではないと思うけど、楽しいことは今の世の中ででも、きっと楽しいのにちがいないと思うのだけどね。

関連記事

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

イベント(大会)

201711/15

1/3ロッキートライアル

ロッキートライアルをご存知でしょうか? あの小谷徹さんが小さい頃から開催されていた由緒正しき大会です! その大会が2018年に開催できなくな…

イベント(大会)

201711/15

12/24第8回SPGG杯

第8回SPGG杯INトライアルパークヤマグチ ★開催日・会場★  2017年12月24日(日)  トライアルパークヤマグチ(〒50…

イベント(大会)

201711/15

1/7 2018新春チャリティ大会

 恒例となりました新春チャリティ大会を、2018年1月7日に開催いたします。  セクションは広めに設定していますので、初心者からIASまで…

Honda秋の祭典トライアルデモ

たくさん笑った! Honda秋の祭典デモはすごかった

11月11日、Honda秋の祭典なる秋のお祭りが開催された。埼玉県朝霞市にある本田技術研究所二輪R&Dセンターのお祭りだ。技術研究所はHon…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。