2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. 2017TDN
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  6. イベント(大会)
  7. Honda秋の祭典トライアルデモ
  8. 自然山通信11月号電子版
  9. イベント(大会)
  10. 自然山通信11月号
  11. イベント(大会)
  12. イベント(その他)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中部
  15. リザルト関東
  16. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  17. イベント(スクール)
  18. 自然山通信11月号
  19. イベント(大会)
  20. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  21. 2017年間ランキング
  22. イベント(大会)
  23. 全日本R7東北リザルト
  24. リザルト北海道
  25. チタンサイレンサーRACE
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. Honda秋の祭典
  29. イベント(大会)
  30. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  31. MFJトライアル
  32. イベント(大会)
  33. イベント(その他)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. トムスの新製品
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. RTL250S用リヤフェンダー
  40. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  41. リザルト関東

    2017.10.15

    2017茨城県大会
  42. リザルト北海道
  43. リザルト東北
  44. リザルト関東
  45. リザルト中国
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. R6中部大会までのランキング
  49. R6中部大会のリザルト
  50. リザルト東北
  51. リザルト関東
  52. リザルト関東
  53. リザルト九州
  54. イベント(大会)
  55. 自然山通信2017年10月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 新型力造シート
  58. イベント(スクール)
  59. MFJトライアル
  60. かわうちトライアル
  61. 中部大会招待券プレゼント
  62. MITANI MODEL TR-3
  63. テフロンスロットルパイプ
  64. リア・ディスクプロテクション
  65. リザルト中国
  66. リザルト沖縄
  67. リザルト北海道
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. 2017TDNエントリーリスト
  71. リザルト中国
  72. リザルト関東
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. 2017年9月号電子版
  76. 2017年9月号
  77. リザルト中国
  78. スタイルマーチンニューモデル
  79. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  80. 2017お勉強会
  81. イベント(大会)
  82. イベント(スクール)
  83. リザルト北海道
  84. リザルト沖縄
  85. イベント(その他)
  86. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  87. トムスのロゴ
  88. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

花見

2011年夜ノ森の桜

左側、クルマが停まっているのが温泉施設のりふれ。もちろん温泉にはいっているわけじゃない。

 花見をしてきた。ものすごくくたびれた花見だった。来年、この桜をのんびりとした気持ちで眺めたいと思うのだが、はたしてかなえられるのか。


 夜ノ森という、なんとも響きのいい名前のこのあたりは、桜の名所だ。
 今日、あいかわらず電話もネットも通じないし、携帯電話が通じる山のてっぺんまで出て仕事の連絡をとろうと思っていたら、隣の遠藤さんが帰ってきたのが見えた。弟の遠藤さんが夜ノ森で自動車屋さんをやっていて、お客さんのクルマとかが放置されているんで、とりにいくという。話をしているうちに、運転手として連れていってくれと立候補していた。夜ノ森の様子を見にいってみたいけど、なんの用もないのにでかける勇気がないという、なさけない雑誌屋でありました。
 4人でクルマに乗って、夜ノ森を目指す。我が村は、一部が原発20km圏内に入っていて、避難指示区域にはいっている。でも20km圏内に入ってもトンネルには電気がついているし、道の亀裂もそんなに大きくはない。地震は、たいしたことはなかったのだ。海の側から逃げてきた人たちも、トンネルに電気がついているのを見て、希望を見いだした人が多かったという。今日は、その逆の道をたどる。

1104福島第一原発

よく見えないと思うけど、落ち着いて望遠レンズを構えたくなし。にらんでいただければ、テレビでよく見る形が並んでいるはず

 夜ノ森の手前に、いくつかトンネルが続く。すべて、電気が消えている。最後のトンネルにはいる直前、左を見ると福島第一原発が見える。福島第一原発がのことは、イチエフ(1F。Fukushima 1ですね)というんだそうだ。地元のひとにはそれで通るらしい。ぼくは、今回はじめてそれを知った。今は、世界中の人が知ってるんじゃないだろうか。
「原発がなければ、なんということはなかったのになぁ」
 弟のほうの遠藤さんが、ぽつりとつぶやく。遠藤さんは、腕の確かな板金塗装屋さんだった。色合わせは職人技だという。ぼくのクルマは傷や凹みはご愛嬌だと思っているけど、いつか修理に出せるようなクルマを持たないといけないなぁと思っていた。
 夜ノ森の町には、クルマがけっこう停まっている。温泉施設には、ずいぶんたくさん。温泉を楽しんでいるんではなく、避難所となったときにやってきて、なにかの理由で乗り捨ててったものだ。
 遠藤さんの店は、1Fから8kmくらい。出かけてくるときには海からの風が吹いていたけど、今は山からの風が強い。外から見る限りはとりたてて被害はなかった。中では棚が倒れたりたいへんだったけど、それでもこのへんは大きな被害はない。富岡まで行くと6号線も波打っているそうだが、このへんは6号線も平らに見える。
 お客さんのクルマ、自分のクルマを表に出して、バッテリーが上がっていたクルマのエンジンをかけ、疎開先で仕事を再開すべく、工具などを運び出し、引き返してくる。書いてみると簡単な作業で、きっと実際にも簡単な作業だったのだと思う。でも、あちこちががちゃがちゃに崩れているので、作業が進まない。手伝おうにも、作業の段取りなどがわかんないので、効率が悪い。もちろん段取りなんか考えていなくて当然なのだが、なかなか作業が進まない。

1104夜ノ森の景色

地割れもない、平和な景色。電気がついてないのと、クルマが走っていないのが、異常。

 もうひとつ、たぶんこっちのほうが大きな理由なのだけど、やっぱり原発8kmというプレッシャーは大きかった。このところ、流出している放射線値は安定していて、直ちに健康に影響のあるものではない。それに、もう50をすぎたおっさんだから、今から少々健康に影響があっても、結果が出るよりも先に寿命が終わるほうが確率が高い。心配しても始まらないのはわかっているんだけど、気持ちが揺れっぱなしみたいな気がする。
 そのうち、鼻がちくちくしてきた。被曝したからといって、すぐに鼻がおかしくなったらたまらないんだが、どんどん落ち着かなくなる。周囲の空気が、てんでふつうなのが、さらに気味が悪い。そのうち、鼻がちくちくするのは、放射能じゃなくて、板金屋さんのシンナーのせいじゃないかと気がついた。
 実は、ガイガーカウンターを貸してくれた人がいて、持ってこようかと思ったのだけど、そのときはたまたま別の人が使っていて、とりにいくとまた時間がかかりそうなので、手ぶらで来てしまった。でもカウンターが高い数値を示すと、これまた平常心でいられないのがわかっている(村内の調査に出かけて、体験済みだった)。情報は多いほうが正しい判断ができると信じてはいるけど、知らないほうが幸せなこともある。
 こうして、作業時間3時間ばかりの、出かけていって、お片づけを手伝って、クルマに乗って帰ってくるという、それだけのボランティアは終わった。お仕事的には、たいしたことはない。帰ってくる前にクルマを洗って、着ていたカッパやジャケットを捨てたりビニール袋にしまったりして、手を洗い、顔を洗い、風呂に入った。
 でも、どよーんと疲れた。気疲れなんだろうと思う。被曝するとだるいらしいから、そうかもしれない(きっとそういう突っ込みをする人がいると思うから、先に書いておく。まだまだこのあたりでは、そんな量の放射線が漂っているわけはない)。それでまた、原発に水をかけに行ったレスキュー隊のみんなの想像を絶する消耗度とか、今この瞬間にも燃料棒と格闘しているみんなのことを思った。
 どうかどうか、よろしくお願いします。いろんなことは、そのあとだ。

関連記事

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

イベント(大会)

201711/15

1/3ロッキートライアル

ロッキートライアルをご存知でしょうか? あの小谷徹さんが小さい頃から開催されていた由緒正しき大会です! その大会が2018年に開催できなくな…

イベント(大会)

201711/15

12/24第8回SPGG杯

第8回SPGG杯INトライアルパークヤマグチ ★開催日・会場★  2017年12月24日(日)  トライアルパークヤマグチ(〒50…

イベント(大会)

201711/15

1/7 2018新春チャリティ大会

 恒例となりました新春チャリティ大会を、2018年1月7日に開催いたします。  セクションは広めに設定していますので、初心者からIASまで…

Honda秋の祭典トライアルデモ

たくさん笑った! Honda秋の祭典デモはすごかった

11月11日、Honda秋の祭典なる秋のお祭りが開催された。埼玉県朝霞市にある本田技術研究所二輪R&Dセンターのお祭りだ。技術研究所はHon…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。