2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(スクール)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  7. 全日本R3九州までのランキング
  8. 全日本R3九州リザルト
  9. 2018EMと成田匠.fr
  10. MFJトライアル
  11. 1805電子版
  12. 2018年5月号
  13. ムーブレバー
  14. トムス新製品
  15. リザルト関東
  16. 2017お勉強会
  17. TY-Eデビューラン
  18. 自然山通信電子版4月号
  19. 自然山通信2018年4月号
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. リザルト近畿
  26. リザルト四国
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. 2018年3月号電子版
  31. 2018年3月号
  32. 1802木彫山本さん
  33. HOSTAL DEL GUIU
  34. イベント(スクール)
  35. 2018 TRRS RAGA RACING
  36. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト四国
  44. フロントフォークプロテクター
  45. Vertigo VERTICAL
  46. 三谷アルミニップル
  47. リザルト中国
  48. TLM50用スプロケット
  49. JITISIEカーボンプロテクター
  50. イベント(大会)
  51. リザルト中国
  52. イベント(スクール)
  53. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  54. 自然山通信2018年2月号発売
  55. イベント(スクール)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト関東
  58. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  59. リザルト九州
  60. リザルト中国
  61. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  62. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

目からうろこのタイヤレバー

1003タイヤレバー

 タイヤレバーを買いました。なんだいまどきと思われると思いますが、パンク修理やタイヤ交換が苦手で、できたらパンク修理にとは一生出会わないで生きていきたいと思っていた。幸いにも、あんまりパンクする運命にはなかったので(パンクしないように走っているのだと自慢したい気もするが、誰も信じてくれない)パンク修理にはそれほど縁なく生きてきた。
 ところがこのほど、村人のTくんがセローにミシュランラジアルを履かせて、そしたらあっという間にパンクしてきた。どこを走っていたのだ、そもそもちゃんと入っていたのか、など疑問もあるんだけど、これを機にタイヤ交換なるものをちょっとかじってみるかと思った次第だったのである。自分のことだとなにもやらないけど、人のことだと手を出してみたくなる。人助けなのではなくて、やじ馬なんだと思う。


 タイヤ交換というと、チューブを3本くらいだめにしないと完成しない作業だと思っていた。タイヤレバーをつっこむときにはチューブを挟まないようにという教科書の教えは重々ご承知だけど、見えないんだからしょうがない。気がついたときにはチューブに穴が開いている。
 そういえば、ギニア(アフリカの小さな国)でパンクしちゃって、たいへんお困りになったことがあった。近所の村にかけこんで、親切な村人にタイヤ交換を手伝ってもらって(というかやってもらって)オートミールのような、ふだんだったら食べてないだろうなぁというようなお食事をご馳走になり、それでもやっぱり修理したばかりのチューブに穴を開け、結局一晩そこで明かしてきたという不始末があった。昨今の風潮でいけば、日本の恥以外のなにものでもないが、当時のアフリカの人たちといえば、東洋人を見ると「シノア?」と声をかけてきた。中国人か、ってわけで、日本人と人種がいるというのは、どうも彼らには概念がないみたいだった。日本って国は、工業製品をつくるだけの、人が住んでない工場みたいな存在だったのかもしれない。製品ばっかり届いて、日本人というメンタリティが彼らの国を訪問することはないのだから、それも当然かもしれない。そんなところに飛び込んだニシマキ。ぼくのなさけない姿は中国人と混同されているかもしれないし、もしかしたら彼らにとっての日本人はイコールなさけないニシマキになってしまったかもしれない。どちらにしても、もうしわけないことをした。
 それ以来、競技に参加してパンクしたら、さっさとリタイヤしようと決めている。トライアルに参加するのはお楽しみであって、パンク修理はできたほうがかっこいいけど、泣きべそかきながら修理して競技を続ける必要もないだろうというのが、ニシマキ思想なのであった。本当に、書いててわれながら情けない。
 でタイヤレバーだ。買ったのはMCギアさんから■T.S.K.タイヤレバーってやつ。
 MCギアの大西さんはブーツ屋さんをしていた頃から、熱い解説記事を書く人で、このサイトも大西さんの商品に対する造詣を読むだけでも楽しい。
 このレバーは東洋精機さんという会社のものらしいけど、あとに出てくるアメリカのモトクロスメカニックのタイヤ交換作業を見ると、やっぱりおんなじ(か形状がきわめて似ている)レバーを使っている。
 ちなみにホームセンターで売っているのは断面がH型のやつで、何百円もしないで買える。安い。東洋精機さんのレバーは3,000円ほどもする。高い。冷間鍛造というコストのかかる製法だからなんだそうだけど、そのへんの詳細については、大西さんの解説を読んでください。
■T.S.K.タイヤレバー
 タイヤ交換というやつは、たいへんな重労働。ゴムの反発力はものすごくて、これに打ち勝つように力をこめなければいけない。力を入れているうちに、チューブがかんでいるのを忘れて、穴を開けてしまう。そういうもんだと思っていて、毎回のように穴を開ける自分は、よっぽどタイヤ作業には向いていないのだと思っていた。
 ところがこのレバーを使ったら、そりゃ力は使うけど、存外するりとタイヤがはまる。チューブにも穴は開かなかった。今までだって、チューブのことを無視してタイヤをはめてたんじゃなくて、充分気を使ってるのにだめだった。どうも、道具が悪かっただけらしい。
 いい道具をこんなに簡単なのかとびっくり。Tくんに恩を売ろうと思って買ったタイヤレバーだけど、とてもとても幸せな気分になった。うれしい。Tくん、ありがと。
 同じような形状で、チタン製のタイヤレバーがある。持ち運びにはチタン製のほうがずっと軽いから、どうせ買うならチタンがほしいなぁと思っていて、でもチタン製は(さらにさらに)値段が高いから、ずっと手が出せないでいた。高い工具を買って、結局チューブに穴が開いたら、どえらく落ち込んでしまうだろうと思ったのも、これまでレバーに手が出なかった理由だ。
 こんなに快適なら、もっと早く買えばよかった。というか、ホームセンターも罪作り。「チューブかみかみ棒」をタイヤレバーなんていって売らないでほしい。
 道具によって、びっくりするくらい仕事がスムーズにいくことは、よくある。いいカメラやいいレンズもそうだし、コンピュータもそう。キーボードを変えて気分よく入力ができるようになると、仕事が早くなるだけじゃなくて書いてる文章の内容までうきうきしてきたりするもんだ(人間のさぼり癖までは変わらないから、結局大局的にはあんまり変わんないんだけど)。
 トライアルでも、道具ですべてが変わることは多い。たとえばマシン。新しいマシンに乗ると「みんな、こんなに楽にセクショントライしていたのか」とびっくりするにちがいない。新しい古いではなくても、ちゃんと整備してあるかどうかでもぜんぜんちがう。こういうのは、自分の環境だけで満足したりしていると、なかなか気がつかない。
 ブーツもそうだ。トライアルブーツは、外観がオフロードブーツに似ている。バックルが少なくて、プロテクションがちょっとひ弱なのがトライアルブーツの特徴に見える。なので林道ツーリングなどにいこうという人が、トライアルブーツを買うことはほとんどない。
 でもトライアルブーツの道具としての機能は、思ったよりもぜんぜん高いし広範囲だ。歩いたり階段を上ったりは、モトクロスブーツではしんどいことことこのうえない。トライアルブーツはセクションを歩くのも立派な商売なので、歩くのも階段も、得意である。なにより、ライディングがらくちんだ。
 初めてアルパインスターのフラットソールブーツ(今はトライアルブーツといえばフラットソールがふつうだけど、1980年代まではトライアルブーツもふつうに土踏まずがあった。アルバインスターは、初めてフラットソールを採用したブーツだった)を履いたら、それだけで自分が上手になったような気がした(実際はなんにもできないのに!)。そういう話を恐れ多くも成田匠選手にしたら(世界選手権に挑戦し始めた頃だったと思う)「そうそう、ぼくもそう思った」と賛同されてしまって恐縮したのを覚えている。
 道具は偉大だ。石ころを拾い上げて武器にした祖先はえらかったなぁと、組み上がっても空気が抜けないタイヤを見て、にこにこしている私なのでした。
 なにをいまさら、というようなお話でしたね。あー、なさけない。
○おまけ
ダートヌポーツから、タイヤ交換のHOW TO映像
リアタイヤ交換
Broc Gloverのタイヤ交換Tips

関連記事

トニー・ボウ、日本で100勝なるか!?

まもなく、日本GP開催の日がやって来る。 21世紀の今、圧倒的王者はトニー・ボウ一推しでまちがいないが、そのボウが、もしかしたら日本で大記…

イベント(スクール)

野崎史高スクール(千葉県)

史トライアルスクールin関東 YSP京葉の主催です。 (さらに…)…

イベント(大会)

奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2018年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

トムスカントリートライアル

今回も楽し〜いセクションを作ってお待ちしています。 (さらに…)…

イベント(大会)

2018 メッツカップ第2戦

「2018 メッツカップ第2戦」   昨年大好評だった有名人気ライダーと一日回れるメッツSHIRAI大会。今年も招待選手充実です!メッ…

ページ上部へ戻る