2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ソニーぎらいのソニー賛歌

ソニーα99

 ヨドバシカメラへ行って、買いもしないのにカタログをもらってきた。クリスマスだから街はにぎにぎしていたけど、ぼくの用事はプリンタのインクを買うこととか、撮りためてある原発事故以降の村の写真とかを整理するアルバムを買うこととか、ぜんぜん色気がないです。色気の前に金気がないのだから、しかたない。
 もらってきたカタログは、ソニーのα99という、ソニーのフラッグシップカメラです。


 むかーしむかし、ミノルタがα700とかというカメラを出した時、講談社の今はなきペントハウスって雑誌にお仕事をもらって、オートフォーカスでレースを撮るってのをやったことがあった。正面から来るのをとれる自信はなかったから(自信がないと言うより、メカニズムを信用してなかった)、筑波のヘアピンの内側から横っ走りを撮ってページにしてもらいました。これだったら、オートフォーカスでもなんでもおんなじなんですけどね。見開きを飾ったのは、ゼッケン1番時代の平忠彦さんだったと思う。
 それから時代は流れて、今はミノルタもカメラは作っていない。かわってソニーが、ミノルタの技術を買い取ってカメラ開発をしている。これまた少し昔、コンタックスを持って自動車を撮りにいったら「女の子を撮るようなカメラでうちのメカを撮ってほしくないなぁ」と言われたことがあった。冗談か本気なのか、どっちだったろう? でもわかります。命がないものは、キヤノンの白いレンズで撮るのがいいです。でもコンタックスは、そのへんの枯れススキを撮っても美しいのを知ってしまって、その頃はぞっこんだったのでした。
 コンタックスの話じゃなくて、カメラには、そういう、向いてない向いている、というのがあります。というか、ソニーというロゴが入ったカメラで、写真が撮れるとは思えないと言うのが、ニコンやキヤノンで育ったぼくの感覚です。偏見だから、修正しようがない。
 ところが今のソニーは、ミノルタの技術をすっかり買い取って、おまけにぼくがほれこんだカール・ツァイスレンズまで抱き込んでいる。なかなかあなどれない。一時、近所にソニーユーザーがいて、彼が持っていたひとつ前のフラッグシップ機α900というのをさわらせてもらって、そのデキのよさにひっくりかえって、真剣にソニーを買おうかと悩んだのだけど、やっぱりソニーを使う気にはなりませんでした。ソニーの皆さん、ごめんなさい。
 もらってきたカタログを開くと、そこにはカメラの好きな人が、自分の作品をきちんと見てほしいという思いがなんとなく伝わってくるような気がした。最近のカメラのカタログって、ムーディなものが多くて、機械としてのカメラが好きな人にはどうもおもしろくないんだけど、このα99のカタログは久しぶりに機械のカタログというおもむきがあって楽しかった。
 α99というカメラはさわったことがないけど、α900について思ったのは、ソニーとミノルタの技術が、ガチに合体すると、こんなものができるのだなぁという感激だった。ミノルタって、昔々はきちんとしたいいカメラをじゃんじゃん作っていて、ライカの一眼レフなんて、ついこの前までミノルタが設計したものを売っていたりした。一時、次のライカMはミノルタ製の自動露出カメラだ、なんてうわさもあったし(ライカに技術提供をしていたからいいカメラメーカーなのだ、ということでもないのかもしれないけど)。
 そのミノルタがカメラをやめちゃって、技術者はさぞくやしかったんじゃないかな。α900には、そんな技術者の思いが結集していたように思う。シャッター音とか、特にファインダーのチューニングとか、最高だった。コンタックスRTSIIIのファインダーも美しかったけど、あれは美しいだけでピントが合わせづらかった。キヤノンの初期型のF1はピントは合わせやすかったけど、お世辞にも美しいファインダーではなかった。ソニーのファインダーはいいとこどりだった。
 それだけなら、ミノルタがミノルタとしてカメラを作ってりゃいいじゃんということなんだけど、電子カメラとしてもよくできていた。今じゃどのデジタルカメラもあたり前に装備しているけど、一発バッファに入れておいて、お気に入りのモードのものをメモリにセーブするなんて機構は、たぶんカメラ屋の思考ではなくて、電気屋の発送なんじゃないかと思う。デジタルカメラはしょせん電気製品なんだから、電気屋の自由な発想でつくったほうがいいものができるということを、α900は主張していたように思う。それに比べりゃ、ニコンやキヤノンのデジタルカメラなんて、フィルム入れるところにCCDを押し込んでそれきり、みたいな雑な作りだったなぁ。今はずいぶんよくなったけども、カメラとしての完成度はともかく、デジタルカメラとはどうあるべきか、という点では、ニコンやキヤノンがソニーに学ぶところはまだまだ多い気がする。えらそうですけどね。
 そういう意味では、最近ライカMってデジタルカメラが出た。これは1954年に世に出たライカM3のシルエットを(おおむね)そのまま使いながら、ついに動画が撮れるようになっちゃった。で、ライブビュー撮影もできるらしい。要するに、いまどきのミラーレス一眼になっちゃったわけだ。それなら、レンジファインダーのピント合わせの制約がなくなるから、ライカMに一眼レフ用の望遠レンズをつければ、300mmでも500mmでもばっちり(かどうかわかんないけど)ピントが合わせられるってことになる。
 ライカがこういう効能を目指したのかどうかはわかんないけど、古い設計がそのまんま、オセロの目を変えるように最新型になるのはおもしろかった。でもまぁ、ソニーは買わないけど、たぶんライカMも買わないと思う。高いんだもん(誰かがくれるというなら、全然拒みません。よろしくお願いします)。

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る