2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版
  53. 2018年3月号
  54. 1802木彫山本さん
  55. HOSTAL DEL GUIU
  56. イベント(スクール)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ウルトラワイド15mm

不健康なカメラコレクション

α7とE16mm

 純正レンズがなくても仕事ができるかなと思って買ってきたソニーだけど、ソニーのオートフォーカスがどんなもんだかを知りたいのと、オートフォーカスレンズが1本もないとAF関係のカスタマイズができないので、手に入れました。目の肥えたカメラファンには悪評高いE16mmF2.8。軽くてびっくり。それなりによく写るではないですか。世間の評判、特にネットの評判って、誇張や思いこみや人様の受け売りを拡声してるのが多い。

パナソニック

 ソニーを買う前に、まず液晶ビューファインダーでがまんができるのか、しばらくこれを使ってみた。このカメラはマウントアダプター遊びをしたくて5,000円で譲ってもらったもの。たいへんよくできたカメラで、特に液晶モニターがぐるんぐるん回るのは見事。α7はこんなことはできない。
 でもマウントアダプター遊び用に買ったボディは、レンズの画角を全部は使えないから、しょせん遊びにしか使えず、タンスの肥やしになってしまった。パナソニックかオリンパスの安いレンズがあったら買ってあげようかな。

コンタックスGレンズ

 これが今回の本命レンズたち。コンタックスG2といっしょに買ったビオゴン21mmと28mm、プラナー35mm、ゾナー90mm。G2はまだ動くと思うけど、まったく使い道がないので、ほしい人に譲りたい。ブラックボディだからそれなりにほしい人はいるかもしれない。でも、ブラックペイントのレンズは売らない。ほんとは21mmもブラックのがほしかったんだけど、見つけられなかった。それにしても、ほかにお金の使いどころなかったのかなぁ。あの頃。
 2本のビオゴンは、後のレンズがどかーんとはみ出していて、たいへん攻撃的なフォルムをしている。これもおたくのみなさんによると、周辺が流れるとか言われていて、これについてはその通りだと思うけど、あばたもえくぼな気もする。
 このシリーズにはピントリングがなくて、AF専用のレンズなので使い道がなかったんだけど、中国だかのアダプター屋さんは、ギヤを上手に使ってピントリングをアダプターに押し込んできた。
 こういうちょいちょいと工夫をして市場を開いていくというのは、日本の専売特許だったはずなのに、日本はまるごと大企業病になっちゃったのかもしれない。
 周辺の落ち込みやAFが使えないとか、問題はないではないけれど、このレンズをつけると、カメラのずっしり感がちょっと気持ちいい。そのわりに大きくないので、ドキュメンタリーっぽい写真を撮りに行くときにはいいカンジだと思う。
 レンズを外すと受光素子がもろ見えになっちゃうので、出先でレンズはあんまり交換したくない。となると、ボディもう1台ほしいじゃないかと、あぶない方向に気持ちが流れていく。

ニッコール135mm

 なぜかうちにあるニッコール135mmF2.8。昔ながらの絞り環のあるレンズは、くっつければそのまま使える。カメラ本体が薄いから、マウントアダプターがけっこうスペースをとってひょろ長い感じになってしまうのだが、まぁしょうがない。

ウルトラワイド15mm

 同じニコンレンズ用のアダプターを使って、こんなのもくっついた。コシナのフォクトレンダー・スーパーワイドヘリアー15mmF4.5。このレンズ、ニコンFマウントとライカLマウントがあったんだけど、つぶしがきくようにニコンマウントを買っておいた。レンズ先端までの寸法は変わらないと思うんだけど、妙にでっかい感じになっちゃった。ライカLマウントの方を買っておけばよかったとちょっと後悔してみたりして。
 でもこんなクセのあるレンズ、そうそう使い切れないんだなぁ。

P300とα7

 このほか、ロシア製の魚眼レンズとか、確か1本だけ残してあるキヤノンFDの500mmF8レフレックスとか、みんなソニーα7で再就職ができる。
 当初は、これ1台でちょっともって歩く用途にも使えるかな、お気に入りのニコンP300はお役ごめんかなと思ったんだけど、やっぱり胸のポケットに入る大きさのコンパクトカメラは、まだまだ活躍の場があるみたいだった。
 P300は持っていてとっても気持ちがいいカメラで、その気持ちよさはα7にも通じるものがある。気持ちよければ写る写真も気持ちいいはずなんだけど、それはさて、本気で撮ってみないと、わかんない。

関連記事

2018年7月号電子版

お待たせしました。世界選手権日本GP特集、第一弾。電子版をお届けします。ダウンロードして、お手元の電子端末でお楽しみください。 (さ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号は7月6-7の二日間で出荷中です。今回は6月にツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権第2戦STRIDER日本グラ…

全日本選手権に電子チケット導入

MFJが、全日本選手権トライアルの観戦券の電子販売を始めた。 まずは9月1日開催の中国大会(広島大会)から電子チケットの販売が始まる。 …

MFJトライアル

7月15日は北海道わっさむサーキットで全日本

7月15日、全日本選手権第4戦北海道大会が、旭川近郊の和寒町わっさむサーキットで開催される。 今回は総参加者90名! にぎやかな北海道大会…

カーボン製ロングフォークプロテクター発売

ミタニモータースポーツより、スタイリッシュな「カーボンロングフォークプロテクター」が発売されました。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る