2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(スクール)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  7. 全日本R3九州までのランキング
  8. 全日本R3九州リザルト
  9. 2018EMと成田匠.fr
  10. MFJトライアル
  11. 1805電子版
  12. 2018年5月号
  13. ムーブレバー
  14. トムス新製品
  15. リザルト関東
  16. 2017お勉強会
  17. TY-Eデビューラン
  18. 自然山通信電子版4月号
  19. 自然山通信2018年4月号
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. リザルト近畿
  26. リザルト四国
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. 2018年3月号電子版
  31. 2018年3月号
  32. 1802木彫山本さん
  33. HOSTAL DEL GUIU
  34. イベント(スクール)
  35. 2018 TRRS RAGA RACING
  36. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト四国
  44. フロントフォークプロテクター
  45. Vertigo VERTICAL
  46. 三谷アルミニップル
  47. リザルト中国
  48. TLM50用スプロケット
  49. JITISIEカーボンプロテクター
  50. イベント(大会)
  51. リザルト中国
  52. イベント(スクール)
  53. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  54. 自然山通信2018年2月号発売
  55. イベント(スクール)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト関東
  58. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  59. リザルト九州
  60. リザルト中国
  61. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  62. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2002年型スコルバとバイカーズステーション

コマ図ラリーの帰り道、韮崎のアルプスヴァンに寄って、新型のスコルパを見せていただく。ちょっと見には、去年型とまったく変わっていないけど、外国製トライアルマシンって、細かいところを少しずつじょうずに改良していく。スコルパに限らず、どこのメーカーのものでも感心する。
試乗もする予定だったけど、ニシマキにマシンの挙動がわかるわけもないので、「去年型の方がちょっとのったらパワーがあった」という秋山さんと「去年型よりパワフルな感じがする」というニシマキと、全く別の印象を確認したところで駐車場を2周しただけの試乗も終了。
秋山さん


実は、ニシマキはこの2002年型スコルパを予約しているのでした。
ということで、ここで突然の売りたし。
2000年シェルコ2.5
走行不明。1999年四十雀から走りはじめました。
割れたリヤフェンダー1枚と、保安部品つきリヤフェンダー1枚つき。
シェルコの工場から暗黙の了解のうちにかっぱらってきた2.9関係のステッカーもさしあげます。
整備はまめではありませんが、半年に1回くらい成田さんにごきげんをとってもらっています。フロントのベアリングはこの前交換してもらって、その前の時に(KGTへ行く前)リンクをグリスアップしてもらったはず。
フレーム左側に数ヶ所えくぼつき。フレームの曲がりは、成田さんに矯正してもらいましたが、えくぼだけは残っています。
タイヤはフロントは1本め、リヤは平谷へ行く前に交換しました。
さていくらでしょう。35万円くらいはほしいなぁ。40万円以上はもらえないなぁというのがニシマキ的査定ですが、いかがでしょう?
今はまだスコルパが来ていないので、即納はできません。
さて日記の続き。
秋山さんところから家へ寄ってセローとシェルコを積み替えて、バイカーズステーション編集部へ。伊藤家の入門講座を、編集部の室内でやってみせるというお約束だったのでした。
バイカーズステーションにて"
伊藤敦志先生によると、滑りやすいタイルは練習には絶好ということだったけれど、練習の初期段階ではいいけど、少しできるようになったら、やっぱり土の上のほうがぴたりとスタンディングが決まって気持ちがいい。でも、編集部のみんなが、ほとんど全員トライアルバイクとスタンディング練習に興味をもってくれたのが、出張講師としては大収穫でした。もしかしたら、来月号のバイカーズステーションに載るかな?

関連記事

トニー・ボウ、日本で100勝なるか!?

まもなく、日本GP開催の日がやって来る。 21世紀の今、圧倒的王者はトニー・ボウ一推しでまちがいないが、そのボウが、もしかしたら日本で大記…

イベント(スクール)

野崎史高スクール(千葉県)

史トライアルスクールin関東 YSP京葉の主催です。 (さらに…)…

イベント(大会)

奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2018年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

トムスカントリートライアル

今回も楽し〜いセクションを作ってお待ちしています。 (さらに…)…

イベント(大会)

2018 メッツカップ第2戦

「2018 メッツカップ第2戦」   昨年大好評だった有名人気ライダーと一日回れるメッツSHIRAI大会。今年も招待選手充実です!メッ…

ページ上部へ戻る