2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 動画チャンネル
  2. 予選
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(スクール)
  9. 2017お勉強会
  10. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  11. リザルト東北
  12. Honda トライアルファンミーティング
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017玖珠全日本
  17. イベント(大会)
  18. 2017 Hondaトライアルミーティング
  19. MFJトライアル
  20. MFJトライアル
  21. リザルト東北
  22. リザルト関東
  23. 自然山通信5月号
  24. イベント告知
  25. イベント告知
  26. 2017年5月号電子版
  27. MFJトライアル
  28. Vertigo TITANIUM
  29. リザルト関東
  30. リザルト近畿
  31. S3 TENT
  32. リザルト関東
  33. リザルト沖縄
  34. リザルト中国
  35. S3 CURVE
  36. 近畿大会レポート
  37. リザルト中国
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  41. 2017年4月号
  42. 2017年4月号
  43. HRC ハンドルアッパーホルダー
  44. リザルト中国
  45. リザルト中国
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. TRS用クラッチ
  49. 自然山通信4月号
  50. ステンメッシュオイルフィルター
  51. リザルト中国
  52. リザルト沖縄
  53. リザルト関東
  54. リザルト中部
  55. リザルト関東
  56. Montesa 300RR
  57. リザルト近畿
  58. イベント(大会)
  59. 2017X2オーストリア
  60. トムスストロングガードTRS用
  61. 自然山通信2017年3月号電子版
  62. 自然山通信2017年3月号
  63. リザルト中部
  64. モータースポーツ活動計画発表会
  65. 2017 Scorpa Racing SC250
  66. イベント(大会)
  67. MFJトライアル
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. リザルト沖縄
  71. 自然山通信3月号
  72. Vertigoカーボンスイングアームプロテクター
  73. 2017 BETA EVO factory model
  74. リザルト関東
  75. リザルト関東
  76. リザルト中国
  77. イベント(大会)
  78. イベント(スクール)
  79. イベント(その他)
  80. 2017年富岡キャッチ
  81. イベント(大会)
  82. リザルト中国
  83. イベント(大会)
  84. 2017バルセロナ
  85. リザルト中国
  86. 1702電子版

    2017.02.03

    1702電子版
  87. 1702
  88. TRS One Raga Racing
  89. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トライアルマシン試乗会



こちら、スコルパ
の試乗会

 全日本近畿大会で、目からうろこが落っこちるものを見た。
 たぶん、これを読む人の半分以上は、なにが目からうろこなのかわかんないかもしれない。その人たちは、正常な神経の持ち主です。で、トライアルの世の中には、(少なくとも)ことトライアルを始めるという点においては、正常な神経を失ってしまった人たちが多い。みんな、じょうずになって、はじめた頃の苦しみとか悩みとか、そういうのを忘れてしまっちゃったんだね。
 で、自分じゃいつまでもへたくそだと思っていたけど、知らない間に、だんだん気持ちばっかり幽体離脱してきちゃったんだなぁと思った次第なのだった。


 もったいぶった書き方をしちゃったけど、この日猪名川サーキットで、ふたつの試乗会が開催されていた。ひとつはHRCとモンテッサによるRTL250F/Cota4RTの試乗会で、もうひとつはスコルパTY-S125Fの試乗会。モンテッサ/HRCのほうは、なだらかな斜面に設定されていて、まぁ狭いながらも岩を越えたりできるようになっていた。
 トライアルマシンの試乗というのは、もっとあればいいのにと思っている人は多いと思うけど、実はさんざんやってきた経緯がある。トライアル大会を観戦にきたひとに、実際にトライアルマシンに乗ってもらって、その楽しさを味わってもらって、今よりマシンが売れるなら、商売する方は大喜びだし、お客さんのほうも、試乗もできないマシンをいきなり大枚はたいて買う気にはなれない。どっちから見ても、試乗会はとってもいいシステムだ。
 ところがやってみると、これがなかなかハプニング続き。走り始めたと思ったらいきなりウイリーして飛んでいったり暴走したり、そういうハプニング(というよりアクシデントですね、これは)が続出。リヤフェンダーが見る見る消費されていく事態となった。リヤフェンダーがなくなるのはまだ目をつぶるとしても、お客様がケガをしてしまってはなんともどうしようもない。そんなハプニング続きから、試乗会はどんどん平らなエリアでおこなわれるようになり、しかしそれでも事件は起き続けた。そしてとうとう、最近ではすっかり試乗会がおこなわれなくなっちゃった。



HRCの試乗会

 今回、スコルパの試乗会は、かの木村治男さんのアイデアということなんだけど、トライアルマシンの試乗会らしくない、でも考えてみると試乗会としてはあたりまえの催しになっていた。
 エリアは草っぱら。ここに、木の向こうをぐるっと回って帰ってくる1周100メートルほどのコースが作られている。ここを2周ずつが、ひとりに与えられた試乗タイムなんだそうだ。1周という概念は、トライアルではすっかり忘れてしまったものだ。セクションは入り口と出口が別々にあるから、ふつう周回するようにはできていない。だから試乗用のスペースも、すっかりそれでいいものだと思っているけど、初めてトライアルマシンに触れる人にとっては、1周のコースを用意してもらえるというのは、きっととても安心できることにちがいない。
 そういえば、ぼく自身、初めての人をトライアルマシンに乗せる時には、なだらかなコースを設定して走ってもらうようにしているし、トライアルパークには初めての人がすんなり周回してこれる“コース”がないところが多いのも残念だなぁと常々思っていた。でも、試乗会のことはとんと考えが及ばなかった。
 HRCとモンテッサの試乗会のほうは、トライアル心のある人が集まっていたように見えた。試乗会のエリア設定もマシンの性格も、ふたつの試乗会は、それぞれ特徴がよくでていたようだった。
 それにしても、トライアルを知らない人たち向けの、この日のスコルパ試乗会みたいな催しがあっちこっちで開催されたら、きっとトライアルはじめたい人、増えるんじゃないかな。

関連記事

予選

金曜日のもてぎ、予選

5月25日、世界選手権トライアル第2戦日本大会。 今回からプロモーターがついて、いろいろと新機軸が盛り込まれている。 そのひとつが、予選…

イベント(大会)

8/6 2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

10/8第2回岩手ツインショックトライアル大会

 ビンテージマシンや旧車を走らせて、トライアルの魅力を実感してみませんか! 初心者から、昔は鳴らしたテクニシャン?までみんなが楽しめて笑顔に…

イベント(大会)

6/25 2017 メッツカップ第2戦

メッツクラブでは初心者の方も安心して楽しめ元気の出るトライアルを目指しています。ぜひ一日お楽しみください。 (さらに……

イベント(大会)

6/11遊ingトライアル

2017遊ingトライアル、皆様のご参加をお待ちしております。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。