2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  3. 全日本R3九州までのランキング
  4. 全日本R3九州リザルト
  5. 2018EMと成田匠.fr
  6. MFJトライアル
  7. 1805電子版
  8. 2018年5月号
  9. ムーブレバー
  10. トムス新製品
  11. リザルト関東
  12. 2017お勉強会
  13. TY-Eデビューラン
  14. 自然山通信電子版4月号
  15. 自然山通信2018年4月号
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. リザルト近畿
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. 2018年3月号電子版
  27. 2018年3月号
  28. 1802木彫山本さん
  29. HOSTAL DEL GUIU
  30. イベント(スクール)
  31. 2018 TRRS RAGA RACING
  32. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  33. イベント(スクール)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト四国
  40. フロントフォークプロテクター
  41. Vertigo VERTICAL
  42. 三谷アルミニップル
  43. リザルト中国
  44. TLM50用スプロケット
  45. JITISIEカーボンプロテクター
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中国
  48. イベント(スクール)
  49. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  50. 自然山通信2018年2月号発売
  51. イベント(スクール)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  58. イベント(大会)
  59. T-TRIAL R2モンペリエ
  60. リザルト中国
  61. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  62. リザルト関東
  63. イベント(その他)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

台風一過か?

台風でたいへんというニュース画面を見ながら(うるさいから音声は消している)ふと外の気配をさぐると、雨がやんでいる。台風を家の中でじっとやりすごしていたので、そろそろ熊並に食糧難に陥っていた。これ幸いと、歩いて1分のスーパーにおでかけする。
コロッケが食べたいなぁと思っていたのに、ステーキとお寿司を買って帰ってくるという優柔不断ぶり。
空を見れば、早くも青空(もう真っ暗だけど)が顔をのぞかせていて、台風ってのは、大騒ぎする割にはすぎてしまえばあっという間だなぁと再確認。藤波お父さんお母さんは、貴久帰国が近くなると「そろそろ台風が帰ってくる」と表現する。なるほど。
ところで
トラックバックというのをどうやって使うのかがよくわかんないんだけど、これでいいのかな。
デ・ナシオンと日本選手のことです。
日本が遠い故に勝てるものが勝てないというのは、論旨としてはまったく同感です。でも日本を地中海に移動するわけにもいかず(できたらいいなぁ)、この状況下では、今の様子を甘んじるしかないのかなという気がしています。今、デ・ナシオンの派遣はみなさんからの募金でかろうじて続けられています。現地に住み着いている藤波や野崎、現地に体制のある黒山はともかく、小川、田中、渋谷らは誰が行っても、苦労はあります。その苦労は、マシンの手配、資金の調達、その他諸々。その苦労を知ってもらうには、みなさんにも、ぜひ一度世界選手権観戦にお出かけいただきたいと思うんだけど、レンタカーを借りて現地まで走り、ホテルをとって食事をする。それだけのことに、日本人がどれだけ苦労するか、それを体験していただければ、日本人ライダーが、そういう環境の上で戦ってるんだということを、少しわかってもらえると思うんだけど。
で、デ・ナシオン募金はデ・ナシオンのための募金なんで、個人の参加に対しての援助をするのはむずかしいと思います。気持ちとしてやりたくても、やり始めると、きりがない。そうすると、結局ライダーの負担はどんどん増える。
トライアル・デ・ナシオンという大会は、下位チームにとっては参加することに意義があり、上位チーム(イギリスとスペインと日本人二人)にとっては、世界選手権一年間の締めくくりとしての意味があるんじゃないかと思ったりします。その下、フランスやイタリアは、世界選手権に参戦していないライダーが出てきて、いきなり参加することに意義がある方に属しています。
日本は、参加に意義と1年の締めくくりの、その中間に位置しています。そういう点から、いつも3位でつまらないと言いながら、3位はあらかじめ与えられているポジションだとも入れます。ですから、その日本が、スペインやイギリスを脅かすこと自体、ものすごいことなのだとぼくは思うんだけど、それじゃだめかなぁ。
もちろん勝ってほしいのはやまやまなれど、そのためには、小川、田中、渋谷が、みんな世界選手権に挑戦する必要がありそう。現状では、個人にも選手会にも、そして(お金を出す気があったとしても)MFJにも、残念ながらその資金を出せる余裕はなさそうです。
男の子の方は、それくらい、実は置かれている環境は厳しいなぁと実感しています。
一方女の子の方は、もう少し可能性がある。というのは、デ・ナシオンの1週間前に、ワールドカップが開催されている。このスケジュールは毎年です。「はるばる世界中からやってくるんだから、1週間滞在して、個人戦2戦デ・ナシオン1戦出ていきなさいね」というFIMの温情があるわけです。
去年も今年も、日本代表女性たちは、1週間前のワールドカップはまったく予定になかったみたいだけど、これはもったいないことだと思います。
といって、じゃ、その費用は誰が出すのよと言われると、個人戦なのだから、やっぱり募金を管理する選手会からは出せないと思うので、これまたむずかしいところです。
この手の話は、結論が出なくて、ちょっと悲しい。もうしわけないです。
それと、デ・ナシオンの開催国ですが、手をあげて誘致活動をすれば、どこででも開催できます。できるはず。でも日本でやって、ベネズエラやチェコやリトビアの人が来てくれるかなぁ。世界選手権に比べて、そのへんの条件はうんときついです。日本でやってほしいなぁと思いつつも、仮にデ・ナシオンがアルゼンチンで開催されたら、日本チームがどんなにたいへんなのかを考えると、逆説的に、日本での開催はむずかしいだろうなぁと思う次第です。
なんだか、夢をつぶすようでもうしわけないですけど。
(つけたし)
どうやら、トラックバックってのは、ただ書いただけじゃ、どこのBLOGを参照してきたのかわからないらしい。このBLOGは「単車で遊ブログ」の「TDNについて思うこと」を見て、我思うでありました。

関連記事

化けるか野崎ぶっちぎり勝利

化けるか、野崎。ぶっちぎり勝利の2018九州大会

野崎史高が、3年ぶりに勝利をおさめた。今回の野崎は、ライバルも舌を巻く絶好調でのぶっちぎり。2ラップを終えて、SSを待たずに勝利を決めた。 …

全日本R3九州までのランキング

2018全日本ランキング(〜第3戦)

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってるかも…

全日本R3九州リザルト

2018全日本第3戦九州大会全結果

2018全日本選手権シリーズ第3戦九州大会 2018年5月13日 天候:曇りのち雨 大分県玖珠郡玖珠町玖珠トライアルヒルズ 観客…

2018SSDT、水曜、木曜、どうでしょう?

スコティッシュ6日間トライアルは、いよいよ佳境。海の向こうでは、250名近いトライアルばかどもが、この世のものとも思えない魅力的な荒野と戦っ…

2018 SSDT(1日目・2日目)

2018年SSDTが始まっている。スコットランドの荒野を舞台に、6日間に渡って開催される伝統のトライアルイベント。トライアルライダーたる者、…

ページ上部へ戻る