2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. 2017TDN
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  6. イベント(大会)
  7. Honda秋の祭典トライアルデモ
  8. 自然山通信11月号電子版
  9. イベント(大会)
  10. 自然山通信11月号
  11. イベント(大会)
  12. イベント(その他)
  13. イベント(大会)
  14. リザルト中部
  15. リザルト関東
  16. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  17. イベント(スクール)
  18. 自然山通信11月号
  19. イベント(大会)
  20. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  21. 2017年間ランキング
  22. イベント(大会)
  23. 全日本R7東北リザルト
  24. リザルト北海道
  25. チタンサイレンサーRACE
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. Honda秋の祭典
  29. イベント(大会)
  30. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  31. MFJトライアル
  32. イベント(大会)
  33. イベント(その他)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. トムスの新製品
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. RTL250S用リヤフェンダー
  40. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  41. リザルト関東

    2017.10.15

    2017茨城県大会
  42. リザルト北海道
  43. リザルト東北
  44. リザルト関東
  45. リザルト中国
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. R6中部大会までのランキング
  49. R6中部大会のリザルト
  50. リザルト東北
  51. リザルト関東
  52. リザルト関東
  53. リザルト九州
  54. イベント(大会)
  55. 自然山通信2017年10月号電子版
  56. イベント(大会)
  57. 新型力造シート
  58. イベント(スクール)
  59. MFJトライアル
  60. かわうちトライアル
  61. 中部大会招待券プレゼント
  62. MITANI MODEL TR-3
  63. テフロンスロットルパイプ
  64. リア・ディスクプロテクション
  65. リザルト中国
  66. リザルト沖縄
  67. リザルト北海道
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. 2017TDNエントリーリスト
  71. リザルト中国
  72. リザルト関東
  73. リザルト関東
  74. リザルト中国
  75. 2017年9月号電子版
  76. 2017年9月号
  77. リザルト中国
  78. スタイルマーチンニューモデル
  79. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  80. 2017お勉強会
  81. イベント(大会)
  82. イベント(スクール)
  83. リザルト北海道
  84. リザルト沖縄
  85. イベント(その他)
  86. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  87. トムスのロゴ
  88. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

FIM委員の顔ぶれ

08FIMのマニュアル類
 FIMは、毎年関係者(選手権に参加するエントラントも含む)にいろんな冊子を配布している。MFJも、ライセンスホルダー(ライセンスフィーを払った資格のある人)に競技規則書などを配布しているけど、当然というかなぜかというか、FIMのほうが気合いが入っている。世界選手権の開幕戦にでかけると、ほれとばかりにばさばさと冊子を渡される。去年のFIM年鑑(全カテゴリーのランキングなどが一覧されている)、レギュレーション総則、トライアル細則、環境問題についてなどなど。
 意地悪な見方をすれば、開幕戦で規則書をもらったって遅いじゃないかって気もするけど(その点、MFJの規則書はシーズンオフの間に作られて、新年度のライセンスの発行とともに送られてくる。立派)FIMは世界選手権の現場で、世界中のみなさんにタダでお配りしちゃうんだから、太っ腹ではある(世界選手権にきている人というのは、MFJの全会員なんかよりはるかに少ないわけだけど)。
 といっても、いつもはぱらぱらとめくって本棚にしまいこんでしまうのだけ(捨てるのは、かろうじて思いとどまっている)。ちょっと眺めてみると……。


 年鑑には、役員名簿ってのもある。ふつうの人にはとんとご縁がないとは思うけど、この9年、もてぎで世界選手権をやるようになって、オフィシャルの人たちはFIMのお偉いさんとの接触も頻繁になった。FIMにはトライアル委員会というのがあって、これに世界中の人が参加している。今のオヤブンはクルミエールさんといって、フランスの人。英語を器用に話すけど、英語でお話するのは恥ずかしがる。前のオヤブンはベルネダさん。スペイン人。もともとスペイン協会の仕事をしていて、スペインの若いライダーを引き連れて世界選手権を転戦などしたことがある。当時の目玉ライダーはアンドリュー・コディナとかで、なぜか杉谷真がその転戦に乗っかっていたりしたこともあった。
 副委員長はノルウェーのミンケンさんとルクセンブルクのヴァン・ディックさん。ディックさんとぼくらは、藤波が世界チャンピオンをとる前日、トライアル仲間のカート耐久レースでチームを組んだことがある。金曜日の夜、突然、近所のカートコースに出かけるぞということになって、みんなでぞろぞろでかけていった。トップライダーは「そんなお遊びにつきあっていられるか」という感じだったけど、世界選手権1年生(当時はユースだった)のオリベラスやジベールなど、スペインの若手はこぞって参加してきた(参加させられた)。ぼくらのチームはスペインベルネダ、ヴァン・ディック、杉谷、ニシマキというデコボコカルテットで、ピカイチに速かったマンサノに何ラップもされてしまった。
 そんな話がしたかったわけじゃない。トライアル委員には、その他イギリスのウイロビーさんをはじめ8人がいらっしゃる。国名を挙げると、ポルトガル、イタリア、サンマリノ、ベルギー、ドイツ、チェコ、スペイン、イギリスの方々だ。残念ながら、日本の人はひとりもいない。トライアルのみならず、委員会の名簿を最初から最後まで見ても、日本の人はロードレース委員会に杉本五十洋さんひとりしか発見できなかった。
 トライアル委員会の人は、それぞれ世界選手権が比較的盛んな国の人だけど(サンマリノでの開催は、最近はないなぁ)他の委員会を見てみると、クロアチアとかチェコとかペルーとか、あんまりモータースポーツが盛んでなさそうな国の人も、どんどん名前が並んでいる。日本にはでっかいメーカーが4つもあって、世界選手権も開催されていて、ロード、モトクロス、トライアルの各クラスでチャンピオンがでているというのに、たったひとりですぜ、たったひとり。
 よく、ヨーロッパの連中は日本人が強くなると、都合がいいように規則を変えやがる、という不満を聞くことがある。欧州勢のわがままは、ぼくも感じることがある。でも、そこで「そりゃ、あんたたちのわがままでしょ」という人がいなけりゃ、それはわがままではない。
 日本のライダーよ、もっと世界へ出て行きましょう、と無責任に言い続けているけど、世界へ出て行かなければいけないのは、選手だけじゃない。ぼくらジャーナリストもそうだし(たった10年の自然山通信なんかより、長年にわたって世界の舞台を取材し続けている藤田秀二さんには、とんと脱帽する)、こういう大会を運営する側の人にも、それはいえることだ。
 工業アドバイザーなんてグループもあるんだけど、そこにはハスクバーナやドゥカティ、ヤワ、アプリリアの人々が並んでいる。日本のメーカーはというと、ホンダヨーロッパ、ヤマハヨーロッパ、ダンロップタイヤから委員が出ているけれど、それぞれイタリア人、オランダ人、イギリス人だった。ここにも、日本の人はひとりもいない。
 女性とモーターサイクル委員会みたいな組織もある。なんとそこには、2007年女子世界チャンピオン、イリス・クラマーの名前がある。彼女、10代の頃からトライアル委員会のおやじを相手に自説を主張する気が強いところを見せていたが、彼女ならこういう役柄もぴったりだ。ドイツのライダーねーちゃんがFIMの役員をしているというのに、日本人は壊滅状態。ほんとうになさけない限りなのである。
 以前、MFJの人とお酒飲んでいるとき(割り勘)、FIMから役員を出せと言う要望がくるんだけど、誰かいませんかね、という話になった。モンテッサのM社長はどうかな、ヤマハのKさんはどうかな、なんてこれまた無責任なことを言ってみたものの、まぁいろいろむずかしいわけだ。なんたって、MFJからギャラが出せるわけでもない。「杉谷さんでもいいんですけどねー」とも言われて、杉谷を年に3回くらいヨーロッパの会議に飛ばしてみるのもおもしろいかとは思ってみたけど、現実、おもしろいばっかりでもなさそうだ。昔々、キャラバンを引っ張って世界選手権まわりをしていた頃なら、ついでに会議に出席するのもよかっただろうけど、今や杉谷さんは、FIMの会議に出席するより、海に出るのが忙しい。いざ、自分に振られると「えー、むずかいなぁ」と答えてしまうのだから、日本の役員さんよ、世界へ出ましょう、なんて言うばっかりなのも、無責任きわまりない。
 しかしいずれにしろ、会議に日本人が並んでいなくて、日本の主張なんか通るわけがないのだった。

関連記事

2018TRGPスケジュール(現在最新版)

2018年の世界選手権シリーズの日程が、ちょっと変わって発表されている。まだまだ変更があるかもしれないが、日本大会も含めて(日本大会は日程そ…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

イベント(大会)

201711/15

1/3ロッキートライアル

ロッキートライアルをご存知でしょうか? あの小谷徹さんが小さい頃から開催されていた由緒正しき大会です! その大会が2018年に開催できなくな…

イベント(大会)

201711/15

12/24第8回SPGG杯

第8回SPGG杯INトライアルパークヤマグチ ★開催日・会場★  2017年12月24日(日)  トライアルパークヤマグチ(〒50…

イベント(大会)

201711/15

1/7 2018新春チャリティ大会

 恒例となりました新春チャリティ大会を、2018年1月7日に開催いたします。  セクションは広めに設定していますので、初心者からIASまで…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。