2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 動画チャンネル
  2. 予選
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(スクール)
  9. 2017お勉強会
  10. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  11. リザルト東北
  12. Honda トライアルファンミーティング
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017玖珠全日本
  17. イベント(大会)
  18. 2017 Hondaトライアルミーティング
  19. MFJトライアル
  20. MFJトライアル
  21. リザルト東北
  22. リザルト関東
  23. 自然山通信5月号
  24. イベント告知
  25. イベント告知
  26. 2017年5月号電子版
  27. MFJトライアル
  28. Vertigo TITANIUM
  29. リザルト関東
  30. リザルト近畿
  31. S3 TENT
  32. リザルト関東
  33. リザルト沖縄
  34. リザルト中国
  35. S3 CURVE
  36. 近畿大会レポート
  37. リザルト中国
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  41. 2017年4月号
  42. 2017年4月号
  43. HRC ハンドルアッパーホルダー
  44. リザルト中国
  45. リザルト中国
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. TRS用クラッチ
  49. 自然山通信4月号
  50. ステンメッシュオイルフィルター
  51. リザルト中国
  52. リザルト沖縄
  53. リザルト関東
  54. リザルト中部
  55. リザルト関東
  56. Montesa 300RR
  57. リザルト近畿
  58. イベント(大会)
  59. 2017X2オーストリア
  60. トムスストロングガードTRS用
  61. 自然山通信2017年3月号電子版
  62. 自然山通信2017年3月号
  63. リザルト中部
  64. モータースポーツ活動計画発表会
  65. 2017 Scorpa Racing SC250
  66. イベント(大会)
  67. MFJトライアル
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. リザルト沖縄
  71. 自然山通信3月号
  72. Vertigoカーボンスイングアームプロテクター
  73. 2017 BETA EVO factory model
  74. リザルト関東
  75. リザルト関東
  76. リザルト中国
  77. イベント(大会)
  78. イベント(スクール)
  79. イベント(その他)
  80. 2017年富岡キャッチ
  81. イベント(大会)
  82. リザルト中国
  83. イベント(大会)
  84. 2017バルセロナ
  85. リザルト中国
  86. 1702電子版

    2017.02.03

    1702電子版
  87. 1702
  88. TRS One Raga Racing
  89. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

木田と本田美奈子。

 モトクロスに、木田くんというジャーナリストがいます。「○-○」←こう書くと似顔絵になるという便利な人。彼の息子は、確か元くんというんだけど、アメリカにいくと「Gen Kida」となり、読みが「元気だ」になるというのがお父さんの自慢だった。ちがったかな?
 木田くんは、ニシマキに負けず劣らず大人になれないやつで、なかなかのトラブルメーカーでもある。トラブルは、なんの弁解もなく木田のお手つきの場合が多いのだけど、その正義感ゆえに巻き起こすトラブルも多い。つまりいっしょに仕事をしたりするとめんどうが起きる可能性大なのだが(あー、自分のことを書いているようだ)、まちがいなく愛すべきモトクロスバカのひとりである。


 そんな木田(いつのまにか敬称がとれちゃったけど、ぼくにとってそのほうが言いなれちゃってるので、ごめん、許せ)の日記サイトがこちら。『木田○-○淑のモトクロスな日々』。彼は全日本の会場で、MXingというフリーペーパーを配っている。木田というのは、今や年に一回、MFJのランキング表彰式の会場でくらいとなってしまったけど(今年はSUGOの世界選手権でも会ったけど、あちらは仕事の真っ最中だから、こういうときにはあんまりお話できない)、表彰式で会えば、一応景気を聞くことにしている。モトクロスの会場で新聞を配るという涙ぐましい活動は、どう考えても景気とは関係ない。そして事実、彼はモトクロスにいき続けることをいつも人生の目標としている。
 そんな木田の日記を見ていたら「できること」という書き込みを見つけた。木田が本田美奈子。を取材した当時(その頃は名前に「。」はなかった)、ぼくはまだロードレースの周辺にいたから、木田が彼女を取材したこと、そして本田美奈子。が鈴鹿のピットロードで8耐に出場するヤマハのチームを応援していたことも思い出した。そのことを表彰式で木田に話すと、たった一度しか会ったことがないアイドルのことなのに、やつはなんとなく涙ぐみそうだった。
 でも、木田がすごいのは、ここから先だ。みんなに「なにかできることをやろうぜ」と呼びかけると同時に、自分から行動に出てしまった。骨髄バンクに登録したのだという。このへんも彼の日記に詳しいけど、骨髄バンクに登録したら、あっという間に提供の依頼があったらしい。そして、来年早々、骨髄を提供するために彼は入院するんだそうだ。
 もちろん善意の行動だから「登録はしたけどやっぱりいやです」というのはありだし、事実木田はタイに取材にでてしまうから、早急な対応はできなかった。それに対して、なにか責められることはいっさいない。
 そんな話をしてくれて木田はぽつんと言うのだった。「タイにいくから入院が来年に延びたんですけど、その間に相手が死ななきゃいいなぁ、死なないでくれよって、なんだか気になっちゃって」。誰が木田をドナーとして求めているかは、わからないお約束だ。その誰かが、木田がタイにいっている間に不孝にしてなくなっても、木田のせいではない。でも、すでに木田は、最後の命の炎をともしながら、木田の救いを待っている人がいるのを知ってしまっている。ドナー登録するということは、きれいごとではなく、こういう重荷まで背負い込むってことなんだなぁと、あらためて思ったのだった。
 で、木田とは表彰式のあと、赤坂で軽く飲んだ。永田町に焼き鳥屋なんかないので、赤坂まで歩いて、クリスマスイブの赤坂で、男二人が焼き鳥をつつくのもなかなか寒い光景だったけど、モトクロスのデ・ナシオンで起こったこと(たいしたことじゃない)とか、なかなか貴重な意見交換をしたのだったけど、こどもの国線の最終電車に乗り遅れて30分歩く羽目になったのはよけいだったなぁ。

関連記事

予選

金曜日のもてぎ、予選

5月25日、世界選手権トライアル第2戦日本大会。 今回からプロモーターがついて、いろいろと新機軸が盛り込まれている。 そのひとつが、予選…

イベント(大会)

8/6 2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

10/8第2回岩手ツインショックトライアル大会

 ビンテージマシンや旧車を走らせて、トライアルの魅力を実感してみませんか! 初心者から、昔は鳴らしたテクニシャン?までみんなが楽しめて笑顔に…

イベント(大会)

6/25 2017 メッツカップ第2戦

メッツクラブでは初心者の方も安心して楽しめ元気の出るトライアルを目指しています。ぜひ一日お楽しみください。 (さらに……

イベント(大会)

6/11遊ingトライアル

2017遊ingトライアル、皆様のご参加をお待ちしております。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。