2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1512爆笑ツインショック

201512/13

第11回爆笑ツインショック

第11回爆笑ツインショック大会開催報告
みなさんの笑顔が最高でした!

「爆笑大会」最初は仲間内のお遊び大会だったのですがここ数年参加者が増え、12月13日の第11回大会(真壁TRランド)では73名もの方に参加戴きました。

しかも関東一円はもちろん、岩手、宮城、福島や関西など遠方から参加してくれる方も現れています。

爆笑大会は朝からにぎやかです。到着するトランポから降ろされるお宝マシンに人垣ができ、しばしマシン談義のお時間です。

大会は午前9時半からのミーティングで開会ですが“爆笑大会”のネーミングのとおり滝沢メッツ会長の軽妙なMCで朝から大爆笑。 大笑いでウォーミングアップし10時から同時オープンでスタートです。

競技展開はビンテージTR大会らしくなごやかにトライごとに笑いと拍手が沸き起こります。みなさん最高の笑顔でした!

1512爆笑ツインショック

さて表彰式は参加者の投票で決まるベストマシン賞の発表からです。今回圧倒的な得票を得たのが石川英治さんのTL125改、新車以上に輝いていました。次に秋山喜一さんのスズキGN125改、スズキのアメリカンタイプの車両を独特のセンスでTR仕様に。3位が滝沢邦弘さんのTY175、当時のカタログから抜け出したような綺麗なマシンでした。

成績発表は空冷・ビギナー・オープンと進みましたが、集計PCの暴走で幻の表彰台も現れてしまいましたが、そこは参加の皆さんの心の広さのお陰で“爆笑”の内に進行させていただきました。

賞品を提供してくださったショップさん他、参加のみなさんありがとうございました。

1512爆笑ツインショック

ツインショックビギナークラス
順位 名前 マシン 合計
減点 クリーン
1 田中 正俊 TLR200 1 19
2 吉田 英司 RS200T 3 19
3 堀内 良一 TLM50 7 18
4 仲田 雅史 イーハトーブ 10 15
5 大平 恒雄 COTA200 10 15
6 田中 正巳 TLR200 12 16
7 平根 良一 TY175 12 16
8 駒形 芳雄 TY125 17 13
9 松崎 勝美 TL125 17 12
10 鈴木 幹生 RS200T 17 11
11 滝沢 邦弘 TY175 24 12
12 飯塚 信男 TLM50 42 10
R 秋山 喜一 GN125
R 金沢 元 TY175
R 坂野井 正 TLR200改
R 横山 誠司 TL125
R 荒井 章二 TL250
R 小沢 和之 TL50
ツインショックオープンクラス
順位 名前 マシン 合計
減点 クリーン
1 三上 晃弘 TLR200 0 20
2 有川 隆 TY250J 2 18
3 石川 英治 イーハトーブ 3 17
4 山口 悦雄 TL125改 4 17
4 下園 敏徳 TLM50 4 17
6 木村 聡 TLR125 4 16
7 石沢 大作 RS200T 5 18
8 伊藤 美夫 TL125 6 18
9 斉藤 政行 TL200RⅡ 7 15
10 安喰 久一 TY250J 8 13
11 田中 雄志 TLM50TY175 9 15
12 大月 信和 TY175 10 13
13 古賀 猛 TLR200 11 15
14 八木 修身 TLR200 13 14
15 中山 令二 TLR200 13 13
16 松田 昌博 TLR200 13 13
17 池田 寿郎 TLR200 14 15
18 松本 聖司 TLM50 15 12
19 小林 幸雄 TLM50 19 14
20 一美 俊明 TL200RⅡ 20 12
21 本多 幸男 TLR200 20 11
22 島崎 初雄 TLR200 20 10
23 山崎 信男 TLM50 21 11
24 稲葉 藤男 TL125 23 11
25 堀江 武 TY175 25 6
26 氏家 慎司 TLR200 29 11
27 八子 英二 TY250J 31 10
28 菊次 浩 TLR200 31 8
29 三田 彰 TLM50 33 5
30 鈴木 勝也 TLR200 34 9
31 戸崎 祐治 イーハトーブ 37 8
32 滝沢 一雄 TLR200 38 7
33 寺内 敏家 TLR200 40 6
34 井坂 勤 TLM50 41 6
35 絵面 力 ファンティック240 53 6
36 佐藤 正大 TLR200 55 3
37 福島 啓 TL125 63 1
空冷モノサスクラス
順位 名前 マシン 合計
減点 クリーン
1 田代 健 TYS125F 0 20
2 村岡 力 86RTL250S 1 19
3 末永 英明 87RTL250S 1 19
4 小澤 一彦 TY250R 9 16
5 大宮 智 TLM220 13 15
6 浅川 義明 ランドネ 14 15
7 本橋 常義 RTL250S 14 13
8 黒沢 正明 TLM220 14 12
9 岩城 隆介 TYS125F 15 13
10 吉垣 太一 ランドネ 15 11
11 宮崎 義司 RTL250S 17 14
12 土井 治 TLM200 28 9
13 佐々木 敏之 TYS125F 29 9
14 萩原 満雄 TLM200 35 9
15 菊池 美博 ランドネ 35 6
16 柳川 健 TYS125F 40 6
17 三田 彩世 TYS125F 40 5
18 西畑 徹 TYS125F 47 5

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る