2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. 2017お勉強会
  4. TY-Eデビューラン
  5. 自然山通信電子版4月号
  6. 自然山通信2018年4月号
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト関東
  11. リザルト近畿
  12. リザルト四国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2018年3月号電子版
  17. 2018年3月号
  18. 1802木彫山本さん
  19. HOSTAL DEL GUIU
  20. イベント(スクール)
  21. 2018 TRRS RAGA RACING
  22. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト四国
  30. フロントフォークプロテクター
  31. Vertigo VERTICAL
  32. 三谷アルミニップル
  33. リザルト中国
  34. TLM50用スプロケット
  35. JITISIEカーボンプロテクター
  36. イベント(大会)
  37. リザルト中国
  38. イベント(スクール)
  39. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  40. 自然山通信2018年2月号発売
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  45. リザルト九州
  46. リザルト中国
  47. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  48. イベント(大会)
  49. T-TRIAL R2モンペリエ
  50. リザルト中国
  51. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号

九州リザルト

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

リザルト沖縄

201712/17

2017沖縄トライアル第12戦

2017年沖縄トライアル大会
第12戦北部スズキ大会
参加台数:20台
12月17日

2017年 沖縄トライアル大会
第12戦 北部スズキ大会
開催日:12月17日(日)

沖縄トライアル大会第12戦 今年の最終戦が名護市の(有)北部スズキ自動車の敷地内にて北部スズキ大会が開催されました。

今年も勝ち負けでいろいろな状況がありましたが、年間チャンピオンの座もほぼ決まってきています。

最終戦になりセクションがやや難しくなりクリーンが取れない、長めの4セクションで3トライとなりました。各選手は気合をいれてスタート。下見に慎重になり過ぎて時間をとってしまい、後半はあわてて走ります。なかなかクリーンが取れません。最終戦はかっこよく決めたいところですが、結果は……。

□エキスパートクラス

1712沖縄エキスパート山城さん

いつものごとく冨名腰選手は速いペースでセクションを走っていきますが、思うように体が動かず腕も上がりしています。久田選手は下見を終えた時点で、クリーン取れると断言。セクションを走りますが各セクションで減点を取ってしまいます。マシンにも慣れて大丈夫と言っていた山城選手も、クリーンを取れる所で減点を増やします。長めのセクションにクリーンが取れません。

最終戦の結果は、減点5クリーン9で冨名腰慶亮選手が優勝。ベストクリーンを取りました。

2位には減点25クリーン4で久田幸希選手(18歳)、3位には減点28クリーン3で山城卓也選手が入りました。

□ジュニアクラス

1712沖縄ジュニア高良さん

今年初参戦の高山選手、間があいているため慎重になり過ぎて動きが悪く減点をもらいます。高良選手は前回に続き調子良さそうですが、後半はバテバテで減点と取ります。クリーンが難しく取れません。

1位は減点24クリーン3で高山寛樹選手、ベストクリーンも取りました。2位は減点33クリーン1で高良勝彦選手。最終戦は勝てませんでした。3位には減点44クリーン0の大西邦孝選手となりました。

□ノービスクラス

1712沖縄ノービス保栄茂さん

上のクラスとは違いクリーンが多く出ましたが、各選手が決まって足を出してしまうポイントがあります。その中でもオールクリーンペースで進めていた新垣選手、ポイントは越えたのに勢い余ってコースオーバーで5点を取ってしまいます。久しぶりの参戦となる砂川選手、丁寧に走ろうとしていますが減点を増やし思うようにいきません。足を出しそうで足を出さずにOUTまで行く保栄茂選手、見ていてハラハラします。比嘉選手は下見した通りには走れず、翁長選手は練習で痛めた足が影響して減点を取ってしまいます。

1位は減点8クリーン10で新垣智一選手、ベストクリーンもとりました。
2位には減8クリーン6の砂川京介選手、3位には減点12クリーン9の保栄茂隆選手が入りました。

□ビギナークラス

1712沖縄ビギナー仲間さん

赤崎久美子選手が参戦、久しぶりの大会に緊張して走ります。動きが硬くすぐに足を出してしまいます。

目に見えて上達している吉浜千恵美選手、ポイントはクリアしていますが何故かOUT手前でエンストや足を付いてしまいます。仲間選手、崎原選手も出来そうだけど足を出してしまい減点を増やします。

1位は減点5クリーン6で仲間真路選手。ベストクリーンです。2位には減点11クリーン4の崎原雄斗選手、3位には減点23クリーン1の赤崎久美子選手となりました。

オープンクラスには、仲村健選手が間があいての参戦。今年の最終戦なので勝負をせずにトライアルを楽しみました。減点17クリーン5の成績です。

大会後には別会場で年間表彰・忘年会が開かれました。

年間チャンピオン
エキスパートクラス:木下康成選手 66ポイント
ジュニアクラス:高良勝彦選手 47ポイント
ノービスクラス:新垣智一選手 111ポイント
高良勝彦選手はジュニアクラスに残り、新垣智一選手がジュニアクラスに昇格になりました。
新たに始まる2018年のシリーズ戦が楽しみです。

沖縄トライアル協会では毎月トライアル大会を開催しています。
気軽に足を運んで、観覧もしくは参戦などどうでしょうか。トライアルを楽しみましょう!!
観戦および大会参加を待っています。気軽にどうぞ!!

バイクトライアル競技とは、バイクの走る・曲がる・止まる、の基本操作を追及してバイクの操縦技術を競い合っています。
トライアルを観てみたい方、トライアルバイクに乗って体験したい方、トライアル大会に参加したい方、お気軽にお問い合わせください。

沖縄トライアルについての問い合わせ
沖縄トライアル協会
2018年 会長:木下康成 090-1519-9430
2018年 広報:大西邦孝 090-8290-1614

エキスパートクラス 7台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 タイム
オーバー
合計
減点
クリーン
1位 9 冨名腰 慶亮 チーム ミタニ RTL280F 5 9
2位 4 久田 幸希 HIMAWARI RACING RTL300F 25 4
3位 8 山城 卓也 リキゾー RTL300F 28 3
4位 1 木下 康成 カンガルー TRS 300 33 1
5位 5 長浜 晃 す~た~ず ベータ REV-3 34 0
6位 2 津嘉山 正 首里チーム ガスガス125 40 0
7位 11 知念 太 セイキ ベータ EVO 300 46 0
ジュニアクラス 3台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 タイム
オーバー
合計
減点
クリーン
1位 2 高山 寛樹 STC ガスガス250 24 3
2位 1 高良 勝彦 T.小禄 RTL-260F 33 1
3位 3 大西 邦孝 す~た~ず RTL-260F 46 0
ノービスクラス 5台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 タイム
オーバー
合計
減点
クリーン
1位 2 新垣 智一 カンガルー ガスガス280 8 10
2位 7 砂川 京介 TMU RTL 8 6
3位 5 保栄茂 隆 す~た~ず JTG300 12 9
4位 21 比嘉 史弥 STC モンテッサ 4T 24 4
5位 8 翁長 武直 カンガルー JTG300 30 2
ビギナークラス 4台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 タイム
オーバー
合計
減点
クリーン
1位 仲間 真路 TMU RTL-R 5 6
2位 崎原 雄斗 す~た~ず ベータ EVO300 11 4
3位 赤崎 久美子 RTL260F 23 1
4位 吉浜 千恵美 TY125F 24 1
ビギナークラス 1台
順位 ゼッケン 氏名 チーム名 車種 タイム
オーバー
合計
減点
クリーン
1位 仲村 健 アシスト RTL260F 17 5

関連記事

2017お勉強会

5/19川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2017年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。  福島県双葉…

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本近畿、加賀、西村、和田、ベテラン強し

4月15日、全日本第2戦近畿大会。 IAは加賀国光がさすがの勝利。ベテラン勢が上位を占めたが、武田呼人が1ラップ目にトップで5位に入っ…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

ページ上部へ戻る