2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2012日本GP

2012JapanGP.jpg

■FIM世界選手権日本GP
2012年6月に開催された日本GPのオフィシャルDVDです。世界選手権の映像に触れる数少ないチャンスです。自然山通信での販売は期間限定ですので、お求めはお早めにどうぞ


2012 FIMトライアル世界選手権シリーズ第3戦 日本グランプリ・ツインリンクもてぎ 開業15周年記念大会
世界最高峰のジャンプ&トライ!崖を沢を滝を、駆け上がる!
ツインリンクもてぎ開業15周年記念大会はハローウッズが舞台!
2012 FIMトライアル世界選手権シリーズ第3戦 日本グランプリ。
2012年6月2日、3日にツインリンクもてぎにて行われた、トライアル世界選手権日本グランプリ 開業15周年記念大会の模様を詰め込んだ公式DVD!
今年で13回目の開催となったツインリンクもてぎで行われる日本グランプリは、“ハローウッズ”を中心に15のセクションを設営!より密集した各セクションでは世界最高峰のライダー達による技と精神力の戦いが展開する。2012年開幕戦フランスから優勝を勝ち取った、絶対的王者トニー・ボウ。同じく好調のアダム・ラガらライバル達に挑む、日本期待のエース藤波貴久。日本グランプリで好成績を残している黒山健一や野崎史高、小川友幸らワイルドカード参戦の日本人ライダー達の活躍にも目が離せない!
◎2012年6月2日(土)晴れ
5年連続チャンピオンである、トニー・ボウが脅威のライディングを見せ、周囲を圧倒! 1ラップ目は14セクションをオールクリーン。15セクションでのみ減点1。2ラップ目も好調を維持し、第10セクションで5点となるが、減点はこれだけ。セクションオールクリーンも見えたそのライディングは、群を抜いての優勝だった。2位には、2ラップ目を減点6でまとめたジェロニ・ファハルド。3位はアルベルト・カベスタニー。日本のエース、藤波貴久はミスも多く4位となり、惜しくも表彰台を逃した。黒山健一が7位、小川友幸が9位に入った。
◎2012年6月3日(日)晴れ
トニー・ボウ、アルベルト・カベスタニーによる接戦の優勝争い!母国藤波は表彰台獲得!前日まで雨の予報だったはずのツインリンクもてぎは曇りから晴天に見舞われ、絶好のコンディションとなった。レースリーダーはやはりトニー・ボウ。いくつかのセクションの難易度が上げられたが、1ラップ目、唯一1ケタ台の減点9にまとめ、完全優勝に向け気持ちを集中してゆく。ボウを追うのはアルベルト・カベスタニー。2ラップ目を藤波と同様に好調のライディングを披露し、終わってみればボウと1点差。母国の声援を受ける藤波貴久は、雨予報を嫌がり2ラップ目からペースアップ。結局雨は降らなかったが、このハイペースが功を奏したのか、カベスタニーと同じく減点9でまとめ先にゴール。上位2人が最終セクションで減点5となれば優勝の可能性が残っていた藤波だったが、ボウ、カベスタニーは集中力を切らさず共にクリーン。藤波は3位表彰台を獲得する。初日好調だったジェロニ・ファハルドは5度の5点となるなど崩れて4位。好調の小川友幸が7位、野崎史高が10位、黒山健一は12位となった
【特典映像】
日本グランプリを終えたばかりの藤波貴久、黒山健一、小川友幸が対談。
◆著作/制作/発売
株式会社モビリティランド
株式会社ウィック・ビジュアル・ビューロウ

関連記事

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

ページ上部へ戻る