2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. TLM50用スプロケット
  4. JITISIEカーボンプロテクター

    2018.02.15

  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  8. 自然山通信2018年2月号発売
  9. イベント(スクール)
  10. イベント(大会)
  11. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  12. リザルト中国
  13. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  14. イベント(スクール)
  15. イベント(大会)
  16. T-TRIAL R2モンペリエ
  17. イベント(大会)
  18. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  19. 2017お勉強会
  20. リザルト関東
  21. イベント(その他)
  22. リザルト関東
  23. リザルト中部
  24. ぱわあくらふとのワイドステップ
  25. 三谷モータースポーツの新製品情報
  26. 2018年1月号電子版発売しました
  27. 年末年始休業のお知らせ
  28. 2018年1月号発売のお知らせ
  29. イベント(大会)
  30. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  31. 2018 SCORPA Racing
  32. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  33. 自然山通信2018年1月号
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  36. JITSIE DIMINO
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. リザルト中国
  40. リザルト近畿
  41. 自然山通信2017年12月号
  42. イベント(大会)
  43. 自然山通信2017年12月号電子版
  44. リザルト中部
  45. リザルト関東
  46. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  47. エトスデザイン
  48. 創刊250号の自然山通信
  49. MFJトライアル
  50. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  51. イベント(大会)
  52. リザルト関東
  53. リザルト東北
  54. 2017TDN
  55. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  56. イベント(大会)
  57. Honda秋の祭典トライアルデモ
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  60. MFJグランドチャンピオン大会
  61. 自然山通信11月号電子版
  62. イベント(大会)
  63. 自然山通信11月号
  64. イベント(大会)
  65. イベント(その他)
  66. イベント(大会)
  67. リザルト中部
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  71. イベント(スクール)
  72. 自然山通信11月号
  73. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  74. 2017年間ランキング
  75. イベント(大会)
  76. 全日本R7東北リザルト

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

125クラス、始動

 世界的な流れとなっている若手選手育成目的の125ccクラスが、日本でもようやく実現の運びとなった。まずはエキシビジョンとしての扱いだが、次世代の世界に通じるライダーの養成の舞台として、注目に値するカテゴリーの誕生だ。
 国際B級国内A級以上、20歳未満、125cc以下のマシンによって争われ、セクションは国際B級のものが使用される。ゼッケンは青地に白文字となっている。


 世界では、2004年から、ユース125クラスが始まっている。18歳以下の若者が、125ccマシンを使ってタイトルを競うもので、そのセクションは世界選手権クラスとベースは共通。一部にマーカー規制をして難度を調節しているが、基本的に世界選手権セクションだから、かなり激しいセクションとなっている。初代チャンピオンのダニエル・ジベール、二代目チャンピオンのダニエル・オリベラスは、ともにジュニアクラスでのトップ争いを経て、2007年シーズンから世界選手権クラスを走る。125cc出身のライダーがどれだけの活躍を見せるのか、ようやく実証の機会ができることになる(ジベールはシーズンオフの負傷で、回復が心配されている)。
 ユース125が始まった2004年といえば、藤波貴久がチャンピオンとなった年でもある。実は藤波や黒山健一は、現在ヨーロッパでおこなわれている体系的なトライアルライダー英才教育の走りでもあった。50ccを徹底的に乗りこなし、からだが少し大きくなっていた頃に125ccに乗り換え、これをまた徹底的に乗りこなした。125ccだから、という言いわけは、そこには存在しなかった。ヨーロッパのユース125クラスを見ていると、250ccが気合いを入れて登っていくところを、125ccが死に物狂いでチャレンジするシーンが多く見られる。ある種いじめのような、未来を見すえた特訓が、ユース125という選手権を通じて続けられている。
 日本人が先鞭をつけたといってもいい125ccによる特訓が、今やすっかりお株を奪われている。これから先、125ccでもまれた経験のないライダーは、世界で活躍することができないのではないか。そんな不安を感じていたタイミングで、日本の125クラスが誕生となった。
 エキシビジョンであること(選手権ポイントがつかないから、昇格もできない)、現状の多くの若手ライダーは、国際B級になる頃には大排気量マシンにステップアップしていることなど、このクラスの普及がすんなり進むとは思えないが、このクラスの発展は、今全日本を走っているライダーより、もっと若手の育成にある。MFJには、若手ライダー養成のための“アカデミー”構想もある。これらの活動とリンクしながら、すぐには結果が出なくても、3年->5年単位の中長期的視点に立って、このクラスを育てていけたらと願う。
●参加資格
・2007年度有効なMFJトライアル国内A級もしくは国際B級ライセンス所持者
・9才->20才以下とする。
 2007年1月1日->12月31日までに9才および20才の誕生日を迎える者を含む。
●参加車両
・2007MFJ国内競技規則、付則21「トライアル基本仕様」に合致する総排気量125cc以下の車両とする。
※ 国内A級ライセンス所持者であってもエキシビジョン125クラスは付則22「国内トライアルの仕様」の適用外とする。
●本クラスはエキジビジョンとして開催される。
 (昇格ポイントやシリーズチャンピオンは一切考慮されない)
 全日本開幕戦真壁大会併催の125ccクラスについての詳細についてはMFJ.or.jpインフォメーションをご覧ください。

関連記事

  • 1日目の第1セクション

    日曜日スタート順

  • 全日本トライアル@ファイル2006・R4近畿

  • 2015モンテッサ・レプソル

    2015コタ4RTに250cc

  • SAVE JAPAN

  • 大変身したシェルコST 2016モデル

  • 2008日本GP

3/11!2018全日本開幕戦関東大会

2018年3月11日、2018年の全日本選手権が、いよいよ開幕する。 2018年はトップクラスのIASクラスに3名のニューフェイスが加わり…

TLM50用スプロケット

力造「Honda TLM50用リアスプロケット」発売!

トライアルショップ「ぱわあくらふと」がプロデュースする「力造ブランド」からHonda TLM50用リアスプロケットが発売されました! (…

JITISIEカーボンプロテクター

三谷モータースポーツよりJITSIEの新製品情報。TRRS用スイングアームプロテクター。そしてTECHアルミフォーク用インナーチューブです。…

ベータのカベスタニー、スペイン選手権にデビュー

トライアルGP世界ランキング7位、アルベルト・カベスタニーが、2018年用の愛車を引っさげてスペイン選手権の開幕戦に登場してきた。この開幕戦…

イベント(大会)

3/25 BLAZE SECTION(ブレイズセクション)トライアル大会

BLAZE SECTION(ブレイズセクション)トライアル大会のお知らせ 最近の九州オフロード界は高齢化が進み、若手育成、人口増が課題…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。