2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. イベント(スクール)
  4. イベント(大会)
  5. T-TRIAL R2モンペリエ
  6. イベント(大会)
  7. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  8. 2017お勉強会
  9. リザルト関東
  10. イベント(その他)
  11. イベント(スクール)
  12. リザルト関東
  13. リザルト中部
  14. ぱわあくらふとのワイドステップ
  15. 三谷モータースポーツの新製品情報
  16. 2018年1月号電子版発売しました
  17. 年末年始休業のお知らせ
  18. 2018年1月号発売のお知らせ
  19. イベント(大会)
  20. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  21. 2018 SCORPA Racing
  22. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  23. 自然山通信2018年1月号
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  26. JITSIE DIMINO
  27. リザルト関東
  28. リザルト関東
  29. リザルト中国
  30. リザルト近畿
  31. 自然山通信2017年12月号
  32. イベント(大会)
  33. 自然山通信2017年12月号電子版
  34. リザルト中部
  35. リザルト関東
  36. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  37. エトスデザイン
  38. 創刊250号の自然山通信
  39. MFJトライアル
  40. イベント(大会)
  41. イベント(その他)
  42. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト関東
  46. リザルト東北
  47. 2017TDN
  48. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  49. イベント(大会)
  50. Honda秋の祭典トライアルデモ
  51. リザルト中国
  52. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  53. MFJグランドチャンピオン大会
  54. 自然山通信11月号電子版
  55. イベント(大会)
  56. 自然山通信11月号
  57. イベント(大会)
  58. イベント(その他)
  59. イベント(大会)
  60. リザルト中部
  61. リザルト関東
  62. リザルト関東
  63. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  64. イベント(スクール)
  65. 自然山通信11月号
  66. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  67. 2017年間ランキング
  68. イベント(大会)
  69. 全日本R7東北リザルト
  70. リザルト北海道
  71. チタンサイレンサーRACE
  72. リザルト関東
  73. リザルト中国
  74. Honda秋の祭典
  75. イベント(大会)
  76. HeboヘルメットMFJ公認キャンペーン
  77. MFJトライアル
  78. イベント(大会)
  79. イベント(その他)
  80. イベント(大会)
  81. イベント(大会)
  82. トムスの新製品
  83. イベント(大会)
  84. RTL250S用リヤフェンダー
  85. 2018ベータEvo2Tシリーズ
  86. リザルト関東

    2017.10.15

    2017茨城県大会

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SY250F黒山号

 黒山健一のスコルパSY250Fに乗せてもらった。年が明けて、2007年モデルに乗り換えたから、お役ごめんとなった2006年型だ。黒山の場合、2006年はスコルパ、2007年はヤマハと、ブランドからしてちがうのだけど、これは契約上の問題で、マシンそのものは変わっていない。2006年にでた改善要求を視野に入れて新品パーツで組なおしたのが黒山用の2007年型ヤマハマシンということになる。
 はたして、その乗りやすさやパワーフィーリングなど、さすがという部分と驚くべき部分とがあり、結論としては、これすなわち黒山健一スペシャルマシンなのだというところだ。


 これまで、ぼくらはスコルパ250Fについて、初期段階からたびたび試乗を許してもらっていた。最初に乗せてもらったのは2005年の全日本最終戦SUGOの会場でのことで、まったくのプロトタイプマシンだった。スムーズでちょっとパワー感のない低速域と、驚愕の高回転パワーが印象的だった。そのときは詳細は教えてもらえなかったけど、あとで聞くと、カムシャフトはWRのまま、トライアルマシンとは異質のフィーリングは、こういうことなら当然ともいえる。
 次に乗ったのは、夏のベルドン(5日間トライアル。ニシマキは、この大会に出場し、スコルパにはすっかりお世話になった)でのことだった。日本では黒山、野崎、成田の3人がこのマシンで全日本参戦を始めたが、この3台と同時期に日本に到着したマシンは、いろんな人の手によって調教されていった。この時期は、生まれたてのじゃじゃ馬を、みんなで仕立て直すのに躍起の時期だった。ベルドンで乗った250Fは、プロトタイプとは一変、低速が太く、高回転には少し重さが感じられるエンジンになっていた。重い回転といっても、プロトタイプの勝手に回りたがるエンジンに比べての感想で、ここはやはりDOHCエンジン。アクセルを空けていけば、ぐいぐいと回転があがっていく。乗った印象では「ずいぶん遅いマシンになった」と思ったものだが、これもあとで木村治男さん(ヤマハのミスタートライアル。歴代TYシリーズのほとんどの開発を担当する)に疑問をぶつけると「トライアルに適したエンジンにしようとすると、遅くなっていくんですよ」という答えだった。なるほど。


 その頃、全日本では黒山健一が苦戦していた。チョークを引きっぱなしのような排気音は、爆発がばらついているようにも聞こえる。それでも黒山は難セクションをクリーンしていくから、それが正常な状態なのか、多少調子が悪くても乗りこなすことができるのか、見ている側の疑問はつきない。
 ベルドンには、ガスガスから移ってきたばかりのマルク・コロメも出場していたが、彼のマシンはきれいな排気音を響かせて走っていた。これなら、乗っていても不安を感じずに走れるにちがいない。コロメのセッティングを、日本のみんなに教えてあげたいと、えらそうなことを思ってしまったのは、木村さんにはないしょだ。
 ところがベルドンの翌週、アンドラ大会でタデウス・ブラズシアクのセッティングを見ると、また状況がちがった。ブラズシアクのエンジンは、最初はコロメのようにきれいな音で回っていたが、セッティングが進み戦闘力が増してくるに従って、黒山号と同じ排気音を発するようになっていった。あの排気音は、エンジンがきれいに回っていないのではなく、世界選手権を走るのに必要な要素だったようだ。
 その後、茨木のモトスパイスMの圷さんのマシンにも乗せてもらった。圷号は、フランスで乗せてもらったものとはまた一変、パワフルで元気のいい印象があった。乗るたびに印象が異なるところに、250Fのおもしろさと、はたまた現状、セッティングにみんなが苦労している様子を感じることができた。


 そして黒山号。トップライダーの乗るマシンというのは、どうしてこうも乗りやすいのだろう。よく動いて、大地の凸凹をすっかり包み込んでしまうようなサスペンション、開けたら開けただけ、閉めたら閉めただけのパワーを発揮するエンジン、よくきくブレーキ。もちろん、少々高価な素材も使われているから、当然軽量化も進んでいる。
 いっしょに試乗した小谷徹さん(小谷さんのインプレッションはストレートオンをご覧ください)は「このパワーにはびっくり」と言っていたけど、そんな高回転を使っては走れない、使う必要のない地形しか走らないニシマキには、このマシンならではのハイパワーは気にならず。むしろスムーズな低速域に感心しきりなのだった。
 そうそう、例のチョークを引いたような排気音は、試乗させてもらった黒山号からも発せられていた。してその乗り味は、想像した通り、撚調の不具合はまったくなくて、むしろこれ以上ないというスムーズさを発揮していた。調子のよさそうな排気音、という概念が、今までとはちがうのかもしれない。
 DOHCエンジンは、見た目には大きさを感じさせるけれど、実は従来型2ストロークエンジンと同じくらいの重さしかなく、マシンの重さはほとんど感じられない。むしろこれまでより強力なエンジンパワーの恩恵で、マシン全体が軽く感じることも多い。アクセルをポンと合わせてあげれば、思った以上にマシンがひとりで走破してくれる。マシンが連れていってくれる感覚は、たいへん大きい。
 藤波貴久らが乗るHRCのワークスマシンは、あらゆるパーツが別設計の特別仕立てだが、黒山号は市販車にこつこつと手を入れてセッティングを調整してここまでに至っている。黒山号はこれまで乗ったどの250Fよりもパワフルで(一見)乗りやすい印象だった。それぞれ、方向性にはちがいはあれど、250Fはセッティング次第でいろんな可能性を秘めているということで、さまざまなニーズに応える素性を持っているということではないだろうか。



ちなみにニシマキも
乗せていただきましたの図

 正直、その乗りやすさ、軽快感とは裏腹、250Fが持つ潜在的パワーや存在感に圧倒されて、気軽にトライアルを楽しもうという気持ちにはなりにくいのだけれど、今の時点ですべての結論をくだすのは早い(それに、そういう用途を望むなら、スコルパには125Fという素晴らしい素材がある)。今確実なのは、このマシンにはチャンピオンマシンの資格があるということと、絶対的パワーはトライアルマシン無二のものを持っているということ、そして、将来に向けて、まだまだ無限の可能性を秘めているということだ。

関連記事

イベント(スクール)

2/4 SHIRAIトライアルスクール

オフロードパークSHIRAIでのトライアルスクールの開催情報です。 イベント名 SHIRAIトライアルスクール 内容 オフロ…

イベント(大会)

4/29メッツカップ第1戦

「2018 メッツカップ第1戦」 初心者の方が安心して楽しめる親睦草大会です。 お財布にも優しい大会です。お気軽にお越しください。 …

T-TRIAL R2モンペリエ

ブスト失速でボウ2連勝

2018年Xトライアル第2戦は、開幕戦同様にフランスでの開催となった。今回は南フランスのモンペリエ。勝利は開幕戦に続き絶対王者のトニー・ボウ…

2018年のMFJ規則書

MFJ規則書の2018年版が発表になった。同時にMFJサイトでは、PDF版も公開されている。トライアル競技を楽しむみんなは、一読することをお…

5/4-5かわうちトライアル最終回ワンハーフデイ

大会として9回目、イベントとして10回目となるかわうちトライアルです。今回は、もしかしたら最後の開催になるかもしれません。もしかしたら、また…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。