2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. ヨーロッパレポート配信中
  4. 2017TDNエントリーリスト
  5. イベント(大会)
  6. 2017年9月号電子版
  7. 2017年9月号
  8. リザルト中国
  9. スタイルマーチンニューモデル
  10. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  11. 2017お勉強会
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. かわうちトライアル
  15. イベント(その他)
  16. イベント(大会)
  17. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  18. トムスのロゴ
  19. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中部
  24. 1708電子版
  25. 自然山通信8月号
  26. チビのとびつき
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. 原発見学
  33. リザルト関東
  34. リザルト中国
  35. イベント(大会)
  36. 2017北海道
  37. 動画チャンネル
  38. 2017北海道大会
  39. イベント(スクール)
  40. 2017日本グランプリ公式DVD
  41. 動画チャンネル
  42. 2017全日本北海道までのランキング
  43. 2017全日本北海道リザルト
  44. 2017TDN
  45. 自然山通信2017年7月号
  46. イベント(大会)
  47. リザルト東北
  48. リザルト九州
  49. 2017フランスGP
  50. MFJトライアル
  51. EXスポーツ FIMトライアル放送
  52. リザルト関東
  53. リザルト沖縄
  54. リザルト中国
  55. イベント(大会)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト関東
  58. リザルト中部
  59. リザルト中国
  60. 2017マスターズ第3戦
  61. 全日本第4戦中国大会レポート
  62. 三谷モータースポーツ新製品
  63. ガスガス用ラジエタープラグ
  64. 動画チャンネルR4中国
  65. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  66. 全日本第4戦中国大会リザルト
  67. リザルト近畿
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MFJトライアル
  71. 自然山通信6月号電子版
  72. 2017ど・ビギナー祭典春
  73. 自然山通信6月号
  74. イベント(その他)
  75. 2017 X-TRIAL DVD
  76. リザルト中国
  77. 2日目ボウ
  78. リザルト沖縄
  79. 予選
  80. イベント(大会)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. イベント(大会)
  84. イベント(大会)
  85. イベント(スクール)
  86. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  87. リザルト関東
  88. リザルト東北

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

日本強し、バイクトライアル

08ダニ・コマス
08チャンピオン、ダニ・コマス

 8月23、24日。岐阜県関市板取で、バイクトライアル世界選手権最終戦が開催された。2008年のエリートクラス(最高峰クラス)はスペインのダニ・コマスがシリーズチャンピオンを獲得したが、最終戦で勝利したのは日本の寺井一希だった。日本は、全7クラスある選手権のうち4クラスで勝利をおさめ、大会ごとの国別対抗でも勝利をおさめた。シリーズでは、最年少のプッシンクラスで長野県の土屋凌我が3戦中2勝を挙げてチャンピオンとなった。


 大会は、少年(ざっと中学生以下。正確には生まれ年で規制されている)の部と女子の部(年齢不問。年齢によってハンディキャップが与えられる)が開催される土曜日、高校生以上(こちらも、正確には生まれ年で規定されている)と毎年選抜によって選ばれるエリートクラスの競技が日曜日に開催された。少年がメインの土曜日ははた目にはなごやかなムードに包まれている。しかし実態は、どちらもタイトルをかけた熾烈な選手権だ。
 メインクラスのエリートクラスには、日本からは5人が参加した。選ばれた者のみがエントリーできるエリートクラスだから、このクラスに5人もの日本人選手がいるのは、日本人として誇らしいことだ。

08寺井一希

 ニッポンナンバーワンの寺井一希は、板取での最終戦にかけて、世界選手権第2戦を欠場した。例年なら、海外での世界選手権をすべて(といっても、ここ数年は1戦か2戦)こなして日本に帰国、最終戦を戦うというスケジュールをこなしてきたが、海外での疲労を日本大会に引きずることになって、日本で本領が発揮できないシーズンが目立っていた。そこで今年は、タイトル獲得をあきらめ(最終戦で本領が発揮できないなら、もとよりタイトル獲得は絶望的だから)日本大会でベストを尽くすことに専念した。
 勝負の詳細は自然山バイクトライアル結果ページを見ていただくとよくわかるが、寺井のライバルは世界チャンピオンに王手をかけているダニ・コマス一人。コマスを相手に、クリーンをしたり5点になったりしながら、1点を争う熾烈な戦いを続けた。
 1ラップめ、1点差でトップに立った寺井に対し、コマスは2ラップめに猛然と追い上げを開始する。コマスのマインダーには、バイクトライアルキング、オット・ピがついている。体制は強力だ。
 ところがアクシデント発生。第6セクションでコマスがクラッシュ。足を強打して以後のセクション走破に大きな影響を与えることになる。第6セクションからの連続5点は、シリーズチャンピオンへの有終の美を飾りたいコマスには、大きな痛手となった。
 第9セクションでコマスが5点となった時点で、残り1セクションを残して、寺井の勝利は決まった。最終セクションは、大きな滑り台を逆走するダイナミックセクション。ここでコマスはクリーン。寺井は上りきれずに落下して5点。最後に力の差を見せつけられることになったが、しかし寺井はコマスに4点差の勝利。世界選手権での、久々の勝利を飾った。

08アバント姉妹

 土曜日には、いくつかのハイライト(もちろん、すべての選手のすべての戦いがハイライトなのだけど)があった。
 スペインのアバント姉妹の勝利が100%決まっているといっても過言ではないフェミナクラス。通常なら、どちらのアバントが勝利するかが興味の的で、しかもこの姉妹、ライディングも顔もスタイルも、まったく見分けがつかない。どれくらい見分けがつかないかというのが、この写真。たぶん手前(下)が姉のミレイアで、後ろ(上)が妹のジェンマだと思われる。
 それでも、今回は両者の区別はつけやすかった。というのは、日本に来る以前の段階で、姉のミレイアが足を負傷して、歩くのもままならなかったからだ。ミレイアはホームステイ先の板取のおうちで、まむしを原料とした塗り薬を処方してもらって療養に努めたが、やはり大会は苦しかった。こうなると、タイトルは妹のジェンマで決まり。スロバキアのヤニチコバも実力を伸ばしているが、まだまだアバントパワーにはかなわない。しかし今回は、ヤニチコバが姉のミレイアを破る可能性は充分にあった。

08ミレイア
08ジェンマ

左、姉のミレイアと右、妹のジェンマのトライ。これまた見分けがつかない。

 姉は負傷を押して必死で走る。妹は自身は実力をきっちり発揮してクリーンを重ねるが、一方で手負いの(負傷したのは足だけど)姉を必死でサポートする。この甲斐あって、2007年チャンピオン、ミレイア・アバントは、ヤニチコバにほんの数点の差で(年齢によるハンディがあるので、点差は計算が必要になる)2位の座をキープしたのだった。妹のジェンマは、3位1回優勝2回で2008年世界チャンピオンを決定した。

08土屋親子
08氏川親子

スタート前の土屋親子(お母さんと)
右は同じく氏川一家。お父さんとおじいさんと、ひそかに後ろにおばあちゃん

 土曜日のもう一つのハイライトは、日本人同士のチャンピオン争いだった。土屋凌我と氏川湧雅。日本大会までの成績は1勝1敗で、勝利した大会の順序の問題で氏川がランキングトップとなっていたが、日本大会で上位に(事実上、二人のどちらかが勝利するのは事実上明らか)つけたものがタイトルを獲得する状況で、日本大会を迎えた。
 氏川湧雅は、実は藤波貴久の甥。氏川をリードするのは、長年藤波のマインダーを務めた祖父由隆氏。聞けば、湧雅の世界選手権参戦は藤波家の計画だったわけではなく、祖父宅にあったトライアル自転車などで遊んでいた湧雅が、本格的に自転車トライアルをやりたいという意向を示したからという。それまでは外孫のお遊びと目を細めていたおじいさんに火がついて、去年はスペインに武者修行、今年は世界選手権に参戦となった。ただし、本格的に自転車トライアルを始めてまだ2年弱だから、いろいろな点で初心者。乗っているバイクも子ども用で、まだ大人用には乗れない(重たくて、フロントが浮かなくなるという)。

08土屋
08氏川
ダニエルを駆使してセクションを攻める土屋(左)と氏川(右)

 対する土屋は、すでに長いキャリアを持っている(といっても、まだ9歳だが)。すでに大人と同じバイクに乗り、段差に乗るにもダニエルを多用する。氏川とは同年代だが、キャリアも体格もだいぶ差がある。土屋サイドにすれば、世界チャンピオンの(しかも自転車とオートバイの両方の)甥ということで、血統書付きライバルに対する闘争心は小さくなかったにちがいない。9歳の少年同士の対決だが、その中身は、なかなか激しいものがあった。
 ここまでの2戦、勝負は1点差と2点差で決まっている。これを見る限り、両者の実力は互角。しかし実際は、技術的には土屋の方があらゆる点で先をいっている。氏川に利があるのは、トライアルに対する取り組み方とでもいうか、そこはそれ、血統を受け継ぐものの強みかもしれない。ヨーロッパでの2戦は、セクションが比較的やさしい神経戦だった。こういう状況では、ラインの読みや戦い方の工夫で勝敗を決することができる。しかし最終戦板取は、どのクラスも難度が比較的高い設定だった。こうなると、勝負は実力ガチンコ勝負となる。
 はたして勝負は、第1セクションから土屋優位となって現れた。8セクションの1ラップめを終えて、氏川14点に対して土屋はたったの3点。これまでの2戦とは、まったくちがったスコア展開だ。結果的に、この日の勝負は1ラップめで決まっていた。2ラップめ、土屋の減点は11点。トータル14点は、氏川の2ラップトータルの減点と同点だった。両者の差は、ほぼダブルスコア。これが、今の両者の実力通りの結果かもしれない。
 しかし、プッシンクラスの日本人世界チャンピオン誕生は2001年以来の7年ぶりの快挙。藤波貴久の2004年世界チャンピオンへの道は、プッシンクラス世界チャンピオン獲得から始まったのだから、2008年の今年の土屋のタイトル獲得、そして氏川のランキング2位は、将来に向けての明るい材料と思いたい。
 その他、日本勢はセニアクラス(山本雅也)、ベンジャミンクラス(宗石盛秀)でも勝利をおさめ国別対抗でも勝利をおさめた。すべてのクラスで6位以上を獲得するという快挙。世界選手権に遠征する選手はまだ多くはないが、遠征メンバーがもっと増えたら、日本は一大バイクトライアル強国になるにちがいない。

関連記事

2017TDNエントリーリスト

エントリーリストで想像する今週末のデ・ナシオン!

今週末にスペインで開催されるトライアル・デ・ナシオンのエントリーリストを眺めながら、いろいろと想像してみます。(現地取材中の西巻より) …

藤波、ランキング5位となった最終戦

9月17日、北イタリアトレント郊外。世界選手権最終戦は、2017年一番のドラマチックイベントとなった。 ボウ優勝、2位ラガ、そして3位…

クラッチワークの極意

新DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売

新しい自然山通信DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売です。トライアル基礎練習の段階からクラッチワーク意識して練習することが…

イベント(大会)

10/1延期・嵐山不老天狗わびさびトライアル

9月17日開催の大会を悪天候が予想される為、延期いたいました。台風18号による悪天候が予想される為、10月1日に変更いたいます。 開催日以外…

最終戦イタリアGP土曜日のあれこれ

9月16日、朝からしとしと雨が降っていたけれど、昼になって太陽が顔を出した。いいお天気。ちょっと暑くなった。 あしたはトライアルGP、…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。