2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

成田匠の新しい挑戦

1307北海道の成田匠とEM5.7

 7月13日、北海道大会で、成田匠が電動のEM5.7で全日本選手権に参戦した。といっても、今回は諸事情により賞典外。順位はつかない。
 日本で初めての電動マシンによる参戦は、ちょっぴり苦しいものとなったが、しかし結果以上に、日本で新しいことをやろうとするのは、苦しいものだ。


 成田の成績は、賞典外といえ発表されたから、それが国際A級22位相当のものだというのはわかる。実は成田は、試合前に成績の目標を聞かれて、10位くらいかなと答えている。
 これまで成田は、ガスガス・ランドネやスコルパTY-S125Fなど、ハンディを負ったマシンで国際A級クラスに参戦して、何度か優勝もしている。今回も、成田が出るからには優勝争いをするのではないかと期待したものだが、その予想は意外につつましいものだった。しかしそれでも、10位と口にしたその表情に、自信のようなものは感じられなかった。まるっきりデータがないから、それも当然だったかもしれない。
 成績よりも、成田にとっては初登場の電動マシンで、まず完走できるかどうかが最初の課題だった。懸案は、バッテリーだ。当初、EM(エレクトリック・モーション。本社はフランス)ではバッテリーをひとつスペアとして同梱して出荷するとしていたが、コストと供給面でとても無理ということになり、日本でこれを買ってくれたお客さんにも、そして成田のところにも、バッテリーはひとつずつしか届いていない。バッテリーに余分があれば、1ラップが終わったところでバッテリー交換をして、フルチャージの状態で2ラップ目にはいれるのだが、それはできない。
 北海道大会はコース距離も短いし、バッテリーひとつで走りきれる可能性は大きいのだが、セクションでアクセル(というのかどうかわからないが)を空けている時間が長いとバッテリーの消耗も早い。バッテリーがなくなって完走できませんでした、ではなさけないから、1ラップが終わったところで、ちょっとでも充電をすることにした。経験上、バッテリーを空に近いところまで使ってから充電するより、こまめに追加充電をしていた方が、充電のための時間は節約できるようだという。充電は、岡村選手(国際A級の岡村選手だったかな? もしかしたら国際B級の岡村選手)の発電機を借りることができた。山奥のトライアル場では、電源の確保も今後の課題だ。
 スペアパーツも頭が痛かった。ガソリンエンジンでは湯水のように使う(ほんとか)スロットルホルダー(というかどうかわからないが)が、このマシンでは先進技術の塊となっている。高価でもある。ただし成田が練習を重ねて、このパーツがこわれることはなかったから、今回も大丈夫そうと踏んで、スロットルホルダーは箱にはいった新品をクルマの中に持っているにとどめた。
 会場では、水に対しての不安を聞かれることが多かったが、腰上(どこが腰なのかわからないけど)ぎりぎりくらいまでの水深だったら大丈夫と言うことで、現にフランス選手権ではあんなところやこんなところも走っているし、おそらく大丈夫なのではないかということだった。
 そうそう。このマシンは、すでにフランス選手権では実戦参加している。フランスでは、トライアル協会がEMの開発に支援しているという背景もあって、トップクラスではないけれど、日本の国際A級くらいのクラスに参戦していて、ランキングも得ている。
 そういう実績があったから、成田の全日本選手権参戦も簡単に実現しそうな感じもあったのだが、日本はむずかしい。
 まず、ルールはどうなんだ、という疑問があった。足つき停止エンストは5点だが、電動が足つき停止をしたら何点なんだ?という疑問だ。フランス人だったら、エンジンがないんだからエンストなんかないだろうでおしまいだろうけど、日本人はまじめだから、考える。停止している時、モーターも停止しているからエンストに該当するのではないかと思う人も多い。
 成田の参加の打診に返ってきたのは、賞典外という答えだった。成田はかなりがっかりした。成田は選手と同時に、このマシンのインポーターでもある。すでに何台か販売もした。彼らを国内B級や国内A級などの選手権にも参戦させてあげたい。そのためにはMFJのホモロゲーションも取得しなければいけない。そんなことを考えていたのだが、ホモロゲーションが関係ない国際A級でも賞典外だなんて、とがっかりだった。
 そんならやめますと、一度はエントリーを取り下げた成田だったが、でも考えた。MFJが新しいことをやる時には、FIMの1年後になるのが通例だ。今年世界選手権ではまだ電動は走っていない。ということは、MFJが来年電動を認めることはないだろう。早くて再来年になる。ならば、なんでもいいから今走っておかないと、最初の一歩が刻めない。
 そんなこんなで、成田匠の賞典外での国際A級参戦が決まった。スタートは、国際A級に先がけて、誰も走ったことがないラインを走ることになった。正直、賞典外ということで、モチベーションもちょっと低い、と成田は気持ちのうちを明かした。
 懸案のエンストは、5点は取らない、ということになったようだ。エンストはエンジンの機能停止だが、電動がモーターの動きを止めるのは、機能停止ではない。エンストした状態でスロットルを開けてもマシンは進まないが、電動ではスロットルを開ければするすると走り出す。エンストの概念とはそもそもちがうのだけど、古い規則に合わせようと思うと、むずかしいことになるわけだ。

1307北海道の成田匠とEM5.7

 しかし成田の国際A級セクション挑戦は、ルールではなく、その斜面にあった。
 とにかく、登れない。他の選手が足をつくところはするするとクリーンしていくのに、だれもが上るような坂道で、あっさり5点になっていく。
 単純にいえばパワーがない。125ccでも走っていたのになぜ? という気もするが、エンジンにはノウハウがあって、手をかければいろいろスープアップの余地が残されている。電動には、まだそれがない、ということだ。
 モーターのコントロールユニットは、初めて日本にはいってきた頃からすると、だいぶ進化したという。ひとことでいえば、ピーキーだった特性が、だいぶフラットになった。やはり、あらゆるライダーにとって、フラットな出力特性が乗りやすいようだ。
 今回成田は、左手にリヤブレーキを装備してきた。左手にはクラッチのような、パワーカットレバーが装備されていた。一見クラッチのような装備だが、クラッチのように、パワーをためる機能はない。出ている出力を切ってやるだけだ。ついているとクラッチのように使ってしまって失敗するからと、両手でブレーキを使うことにしたと言う。
 もしクラッチが(エンジンと同じような機能で)ついていれば、結果はちがったのではないかと思われる。成田ともあろうライダーが、パワーがちょっと足りないとなった瞬間に、なす術もなく後ろに落ちていく。エンジンのオートバイなら、クラッチを始め、いろんなデバイスを使って、リカバリーができるところだが、電動には(まだ)その術がない。
 ということで、成田の10位くらいという目標は夢物語に終わった。マシンのポテンシャルなのか、ライダーの慣れなのか、これはまだ最初の一歩だから、まだ結論を出すのは早い。
 しかし日本のトライアルが電動化するのも成田匠一人に頼っている現状では、最初の一歩をつなげていくのは、なかなか気が遠そうではある。

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る