2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2009RTL260F

09RTL右

 HRCのRTL260F、その2009年モデルが発表になり、雑誌社向けの試乗会が催された。
 RTLは排気量が260ccとなって2年目。クランクケースにブリージングバルブを設けるなど、モンテッサ・コタ4RTとは独自の路線をとりはじめている。
 発売は2008年12月、価格は税込み975,450円。


 2009年型RTL260Fの大きな変更点は、フロント周りにある。
 ワークスマシンの仕様と同じく、通常市販バージョンで初めてアルミテーパーハンドル(ファットバー)を採用、これにあわせて、トップブリッジも新設計となり、このフロント周りであわせて200gの軽量化が実現している。

09RTL三つ又

 ファットバーと従来のハンドルバーとは当然径が異なるので、トップブリッジは専用設計のものが求められるのだが、同時にファットバーは剛性が高いので、従来と同様のトップブリッジ寸法では手首への衝撃が大きく感じられるのだという。ハンドルバーマウントは、狭められるいっぱいまで狭くなっている。これは、ワークスマシンでも採用されているものと、同じ寸法となっている。
 フロントフォークのダンパーセッティング範囲も、2009年型で大幅に増やされた。ハードソフトともに選択幅が増えて、全部で25ノッチのセッティングが可能になった。
 またこのモデルから、ブレーキのマスターシリンダーがニッシン製11φとなった。このマスターシリンダーは、藤波らが好んで使っているもので、タッチが良好とのこと。レバーの小さな動きでコントローラブルな制動力を発揮することで定評があるが、今回、市販マシンもワークスマシンと同様のタッチを手に入れたことになる。

09RTL左
09RTLブレーキ

 2008年モデルより標準装備となったセッティングツール対応ECU(セッティングツールは別売)は、ECU内に記憶させている2つのセッティングデータ切り替えを手元で容易に行なえるようになっている。これもワークスマシンに準じた装備だ。
 車体色はトリコロール。

主要諸元

モデル名 RTL260F
型式 RTL260FF
全長×全幅×全高(mm) 2,010×830×1,130
ホイールベース(mm) 1,320
最低地上高(mm) 335
シート高(mm) 650
キャスター(度) 23°
トレール(mm) 63
重量(乾燥)(kg) 72
エンジン型式 水冷4サイクル単気筒
バルブ方式 SOHC4バルブ
総排気量(cm3) 259
ボア×ストローク(mm) 78×54.2
最高出力(kW[PS]/rpm) 14.8[20.1]/7,000
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 23.1[2.36]/5,500
燃料供給装置型式 電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
点火方式 フルトランジスタ式
変速機 常時噛合式 5速
クラッチ 湿式多板(油圧式)
燃料タンク(リットル) 1.9
フレーム形式 アルミツインチューブ
ブレーキ フロント シングルディスク
リヤ シングルディスク
タイヤサイズ フロント(インチ) 2.75×21
リヤ 4.00×18
サスペンション フロント テレスコピック式
リヤ スイングアーム式(プロリンク)

1) HRC製品はレース専用ですので、一般公道での走行は出来ません。
   また、登録してナンバープレートを取得する事もできません。
2) 本仕様は改良のため予告なく変更されることがあります。
3) HRC製品は競技用として、製作されたもので、一般量産車と異なり保証の対象になりません。
4) 機種に関するお問い合せ、カタログのご請求は全国のHRCサービスショップへどうぞ。
*HRCサービスショップでは、2009年モデルRTL260Fの試乗会を各イベントレース会場にておこなう。これまでRTL260Fに触れるチャンスがなかったライダーにも、広くこのマシンのポテンシャルを知ってもらいたいという意向の現れだ。
㈱クルーズ(TEL:0224-62-0671)
9月28日:福島(明治)
10月29日:宮城(菅生)
11月16日:宮城(菅生)
㈱ホンダウイング荘内(TEL:0234-92-3838)
10月5日:岩手(遠野特設)
10月12日:山形(猿倉)
10月19日:山形(猿倉)
11月9日:山形(南陽)
11月30日:山形(月光川)
㈱スーパーウイングまるやま(TEL:0463-34-0651)
9月21日:神奈川(みろく山荘)
9月28日:神奈川(みろく山荘)
10月5日:茨城(真壁)
10月19日:茨城(真壁)
11月8・9日:長野(白馬)
11月16日:神奈川(みろく山荘)
11月23日:茨城(真壁)
30日:神奈川(みろく山荘)
MITANIモータースポーツ鈴鹿(TEL:059-370-2689)
9月21日:三重(岡山)
9月28日:愛知(キョウセイ)
11月9日:愛知(キョウセイ)
12月7日:愛知(キョウセイ)
12月14日:三重(岡山)
㈲TOM’s(TEL:075-415-1700)
9月28日:京都(亀岡)
9月30日:京都(亀岡)
10月5日:京都(猪名川)
㈲ぱわあくらふと(TEL:072-872-2141)
9月26・28日:沖縄
10月5日:兵庫(西脇)
10月13日:滋賀(大津)
10月19日:愛媛(井原山)
11月9日:広島(灰塚)
11月6日:兵庫(猪名川)
11月23日:徳島(美馬)
12月7日:佐賀(佐賀大和)
MITANIモータースポーツ神戸(TEL:078-928-0258)
9月21日:広島(灰塚)
10月19日:岡山(原滝山)
※試乗会詳細に関しては、各主催者に問合せを
株式会社ホンダ・レーシング

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る