2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 動画チャンネルR4中国
  2. 2017フランスGP
  3. MFJトライアル
  4. EXスポーツ FIMトライアル放送
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2017お勉強会
  8. 全日本第4戦中国大会レポート
  9. 三谷モータースポーツ新製品
  10. ガスガス用ラジエタープラグ
  11. 動画チャンネルR4中国
  12. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  13. 全日本第4戦中国大会リザルト
  14. リザルト関東
  15. MFJトライアル
  16. 自然山通信6月号電子版
  17. 自然山通信6月号
  18. イベント(その他)
  19. 2017 X-TRIAL DVD
  20. 2日目ボウ
  21. 予選
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(スクール)
  28. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  29. リザルト東北
  30. Honda トライアルファンミーティング
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. 2017玖珠全日本
  35. イベント(大会)
  36. 2017 Hondaトライアルミーティング
  37. MFJトライアル
  38. MFJトライアル
  39. リザルト東北
  40. リザルト関東
  41. 自然山通信5月号
  42. イベント告知
  43. 2017年5月号電子版
  44. MFJトライアル
  45. Vertigo TITANIUM
  46. リザルト関東
  47. リザルト近畿
  48. S3 TENT
  49. リザルト関東
  50. リザルト沖縄
  51. リザルト中国
  52. S3 CURVE
  53. 近畿大会レポート
  54. リザルト中国
  55. リザルト関東
  56. リザルト関東
  57. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  58. 2017年4月号
  59. 2017年4月号
  60. HRC ハンドルアッパーホルダー
  61. リザルト中国
  62. リザルト中国
  63. リザルト近畿
  64. リザルト関東
  65. TRS用クラッチ
  66. 自然山通信4月号
  67. ステンメッシュオイルフィルター
  68. リザルト中国
  69. リザルト沖縄
  70. リザルト関東
  71. リザルト中部
  72. リザルト関東
  73. Montesa 300RR
  74. リザルト近畿
  75. イベント(大会)
  76. 2017X2オーストリア
  77. トムスストロングガードTRS用
  78. 自然山通信2017年3月号電子版
  79. 自然山通信2017年3月号
  80. リザルト中部
  81. モータースポーツ活動計画発表会
  82. 2017 Scorpa Racing SC250
  83. イベント(大会)
  84. MFJトライアル
  85. リザルト中国
  86. リザルト関東

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ヤマハ三冠(と黒山健一)

08ヤマハ三冠

 2008年シーズン、全日本トライアルは黒山健一がタイトルを奪還して再びチャンピオンに返り咲いたが、このシーズン、ヤマハ発動機は、主要二輪スポーツの3種目をすべて勝ち取るという偉業を達成した。
 これを機に、ヤマハが3ライダーをSUGOに集めて報道陣に三冠の報告をした。写真は左からモトクロスIA1クラスチャンピオン、成田亮(あきら)選手、ロードレースJSB1000チャンピオン、中須賀克行選手、そしてトライアルIASチャンピオン、黒山健一選手の3人。
 そして当日はYZF-R1の試乗などもおこなわれたのだが、雑誌屋さんやロードレースライダーが目を輝かせたのは、彼らには珍しい催しだった。


 おこなわれたのは「黒山健一スクール」。TY-S125Fを貸してくれて黒山健一が教えてくれるという、一般ファンには「ずるーい」イベントが、集まった報道陣を相手に繰り広げられたのでした。
 当日はなんと前日に初雪が降るというすばらしいお天気で、ロードコースで1000ccのマシンを走らせるにはちょっときついコンディション。
 でもトライアルコースをつるつるどろどろ走るには、これもよきかなの絶好のコンディションだった。
 午前中は、オフロード系の雑誌編集者さんたちが生徒さんとなった。最近のオートバイ雑誌のみなさんはオートバイに乗らない人が増えているのだけど、オートバイには毎日接しているはずの編集者のみなさんがこんなふうに(けっこういい大人もいたけど)目を輝かせてオートバイの乗り方を教わっている図というのは、たいへんほほえましく、うれしいものだった。
 最初は黒山健一について、SUGOの中杉のトライアルコースをぐるぐる。解説を聞きながら8の字が書けるようになると、次には丸太越えにも挑戦したりした。
 講習中の黒山先生にちょっとおうかがい。
「こういう、トライアルまるっきりやったことない人を教えることは、よくあるんですか?」
「ヤマハの会社の人たち向けにやったりしています。年に数回ですが」
「こういう場合は、スクールのメニューはどんなふうに組むんですか?」
「今日みたいなところからですが、スクールというより、オフロードとトライアルを体験してもらうというのがメインとなりますね、やっぱり」
 というわけで、朝のご挨拶でも木村治男さんが語られたように
「今日は本格的にトライアルをやるとか教わるというより、トライアルの楽しさを知ってもらう日にしたい」
 というそのとおりのメニューで進められたわけでした。トライアルぞっこんで毎週トライアルマシンに乗っている人にすれば、8の字と丸太越えなんてトライアルの楽しさのうちには入らないだろうと思うかもしれないけど、みんな実にうきうきとオートバイを走らせていたのが印象的だった。
「トライアルって、オートバイの基本なんですねー」
 と、雑誌に山ほど記事を書いてきたようなジャーナリストが、白い息を吐きながら今さらのように感想を語るのも、ほほえましかった(実は不肖ニシマキも、雑誌屋として書いてきたことを、自分でトライアルするようになって、こういうことだったのかとあらためて感じ入ったりしているのでした)。

08SUGO丸山さんと健一

 さて午後になって、午前中に1000ccマシンに試乗してきた人たちがやってきた。北川圭一さんと丸山浩さん。丸山さんは雑誌やテレビにも登場する国際A級ロードレースライダー。北川さんは05、06年の耐久世界チャンピオン。
 外野からは見ているのはおもしろい。ロードレースの猛者たちは、午前中のオフロード雑誌社さんたちより、オフロード走行には慣れていないご様子。少し不思議なフォームでマシンに接している。でもそこはそれ、未知のものに飛び込む勇気というか、それを裏付けるオートバイの扱い技術はしっかりしているので、その結果、山の上から落っこちてくるシーンは、午前中よりずっと多く見受けられた。
 上がってはいけない斜面を直登してしまった生徒さんを見た黒山健一が、すぐさまダッシュして助けに入ったのはすばらしかった。写真は、3メートルダッシュして助けにいったけど、しかし残念間に合いませんで、革つなぎのMさん泥にまみれるの1シーンでした。
 全体に、トライアルを知らない人が丸太を越えられてうれしがっている(みんな、例外なく腕がパンパンになった、こんなに疲れるものだとは思わなかったとおっしゃった)のを見るのは、トライアル屋のひとりとして、たいへんな幸せだった。こんなふうにトライアルを接する機会が、もっともっとあればいいのだけれど。

08SUGO成田MX亮

 最後に、生徒さんの中では異常にトライアルが上手なお一人を紹介します。成田亮さん。フルフェイスヘルメットをかぶっていて顔がわかんないけど、トライアルでおなじみの成田亮(りょう)さんではなく、モトクロスチャンピオンの成田亮(あきら)さん。
 トライアルは一度やったくらい、と前歴を告白してくれましたが、本当かなぁ。確かに岩にフロントを当てて縮めてためて、なんてトライアル的なことはしないのですが、きちんと前輪をあげて岩にあたっていくという基本の走り方はさすがに脱帽でした。
 ふつうなら、初心者はビビって立ち向かえない岩を登っていくから「さすがにモトクロスライダーは、あんな岩に向かうのもこわくないんですね」とうかがうと「こわいですよ〜」と返ってきた。ちょっと安心と同時に、こわいながらも正確にマシンをコントロールして向かっていける能力は、やっぱりふつうの人とはちがうのだと痛感したのでありました。成田選手は本場のスーパークロスに参戦した経験もあるから、やはり本場で頂点を走るとなると、マシンをきちんとあしらう技を会得する必要があったのかもしれませんね。
 黒山選手に、成田選手のかっこいい写真が撮れてしまったから、もっとかっこいいことをしてくださいとお願いしたら、今日は成田選手に譲りますといわれてしまったので、今日は黒山選手の走っている写真はなしにしておきました。
 そうそう、最初の写真には黒山健一号のTYS250Fが写っていますが、こちらの試乗はなかった。黒山号はライダーの好みに合わせてなかなか乗りにくい仕様になっているので、特に初心者のみなさんにはお勧めできないというわけです(黒山選手の好みがそうなのであって、野崎選手のは乗り気やすいらしい、と以前野崎選手が言ってた)。ちょっと乗りにくいチャンピオンマシンと、誰でも乗れて誰でも楽しい125F。このコントラストが、今のヤマハトライアルの魅力でもあるのかもしれません。ヤマハはモータースポーツ三冠を達成したけど、トライアルではトップクラスと底辺と、まず二冠達成というわけでした。
 トライアル初体験のみなさん、ぜひまたどこかで、お会いしましょう。

関連記事

2017フランスGP

フランス、ブストが連続表彰台

アンドラ大会のすぐ翌週、舞台はフランスのルルドに移った。この大会、ハイメ・ブストがアンドラに続いて2度目の表彰台。今度は3位だった。優勝はト…

MFJトライアル

全日本第5戦は北海道大会

2017MFJ全日本トライアル選手権シリーズ第5戦 北海道大会 2017年全日本シリーズも中盤戦。7戦中4戦が終了して、終盤戦の口火を…

EXスポーツ FIMトライアル放送

2017 FIMトライアル世界選手権「EXスポーツ」放送日程

2017シーズン、アウトドア「FIMトライアル世界選手権」インドアの「FIM Xトライアル世界選手権」が「スカパー!ch.609」のEXスポ…

イベント(大会)

7/2 ケニーズ杯と比和町のイベント

広島県福山市発信、ケニーズクラブからのイベント情報です。 ケニーズ杯、夏のOASYS CUP、秋の水源の森ツーリングトライアルの4大会のお…

フランスGPで電動バイク選手権開催、コロメがデビュー

6月25日、フランスGPに、トライアルEカテゴリーが設けられ、これにマルク・コロメが参加する。コロメはご存知のとおり、1996年世界チャンピ…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。