2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 動画チャンネル
  2. 2017お勉強会
  3. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  4. Honda トライアルファンミーティング
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. 2017玖珠全日本
  10. イベント(大会)
  11. 2017 Hondaトライアルミーティング
  12. MFJトライアル
  13. MFJトライアル
  14. 自然山通信5月号
  15. イベント告知
  16. イベント告知
  17. 2017年5月号電子版
  18. MFJトライアル
  19. Vertigo TITANIUM
  20. S3 TENT
  21. S3 CURVE
  22. 近畿大会レポート
  23. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  24. 2017年4月号
  25. 2017年4月号
  26. HRC ハンドルアッパーホルダー
  27. リザルト近畿
  28. TRS用クラッチ
  29. 自然山通信4月号
  30. ステンメッシュオイルフィルター
  31. Montesa 300RR
  32. リザルト近畿
  33. イベント(大会)
  34. 2017X2オーストリア
  35. トムスストロングガードTRS用
  36. 自然山通信2017年3月号電子版
  37. 自然山通信2017年3月号
  38. リザルト中部
  39. モータースポーツ活動計画発表会
  40. 2017 Scorpa Racing SC250
  41. イベント(大会)
  42. MFJトライアル
  43. リザルト中国
  44. リザルト関東
  45. 自然山通信3月号
  46. Vertigoカーボンスイングアームプロテクター
  47. 2017 BETA EVO factory model
  48. リザルト関東
  49. リザルト関東
  50. リザルト中国
  51. イベント(大会)
  52. イベント(スクール)
  53. イベント(その他)
  54. 2017年富岡キャッチ
  55. イベント(大会)
  56. リザルト中国
  57. イベント(大会)
  58. 2017バルセロナ
  59. リザルト中国
  60. 1702電子版

    2017.02.03

    1702電子版
  61. 1702
  62. TRS One Raga Racing
  63. イベント(大会)
  64. リザルト関東
  65. リザルト中部
  66. 1612コルドニエ
  67. TRS RAGA RACING
  68. イベント(大会)
  69. リザルト九州
  70. 2016チーズナッツY2
  71. 2017ガスガス・ロゴ
  72. イベント告知
  73. イベント告知
  74. JITSIE RACEディスクプレート
  75. リザルト関東
  76. 1701ライディングアシスト
  77. 2017トライアルGP
  78. 2017規則書

    2017.01.06

    2017年MFJルール
  79. イベント告知
  80. 1701バリオゾナー

    2017.01.05

    バリオゾナー
  81. イベントリザルト
  82. イベントリザルト
  83. イベントリザルト
  84. トライアル・デ・ナシオン

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2009年モデル、続々登場

09ガスガス
09シェルコ

2009年型のガスガスとシェルコ

 2009年モデルが、続々と日本に入ってきている。現在、ほぼすべてのメーカーのニューマシンが、試乗車として日本のユーザーが実際に乗れる状態で日本国内に存在する。
 ホンダ(ホンダは日本メーカーだが、製造はスペイン製だから、広義では輸入モデルだ)、モンテッサ、ガスガス、ベータ、シェルコ。現在日本に入っている2009年モデルの概要をご紹介しておきます。


 ホンダRTL-Fは、2008年モデルから排気量が260ccになった。クランクケースにはブリージングバルブを装備し、マッピングを2段階に切り替えられるFIを最初から組み込んでいる。2008年モデルの評価が高かったので、2009年モデルとしての大きな変化は細部にとどまり、ニッシン製のフロントブレーキマスターシリンダーと、ファットバーを装着したハンドルまわり、そしてカラーリングが主な変更点。
 モンテッサ・コタは、RTL-Fに対してヨーロッパの規制をクリアした状態で、保安部品装備で日本に上陸するのが特徴。排気量も250ccと扱いやすい区分。2009年モデルでは、よりトライアルユースにも対応した排気ガス規制パーツが付属してきている。サイレンサー形状も、あわせて一新された。ファットバーの装着はRTL-Fと同様。
 ガスガスは、フレームが一新。これまでの板状のスチールフレームから、丸パイプとなった。これでさらに軽量化が実現。トライアルマシン一番の軽量ぶりはますます磨きがかかっている。排気量が125から300(別のラインナップで、さらに小さなものもあり)そろっているのも魅力。2009年からは、カタログから200が落ちている。世界的需要が少ないという理由もあるだろうが、125の性能アップが著しく、200の必要性が薄れてきているという背景もあるだろう。話題をさらったサイドバルブエンジンの4ストロークはまだ登場せず。
 ベータは、ガスガス以上にフレームが一新。アルミフレームは4世代目となるが、さらにさらにコンパクト軽量化が進み、燃料タンクがないような外観は斬新。これでもタンク容量は2.6リットルを確保している。真っ先に日本に入ったのは290ccと250ccだが、125ccもあり、また同じフレームで、4ストロークの製造も始まるという。
 シェルコは、熟成期間で小変更。4ストロークについては、息つきをなくすアイデアが盛り込まれていて、さらに快適なレスポンスが実現した。ガスガス、ベータ、そしてシェルコと、2ストロークモデルはいずれも70kgを切る軽量マシンとなっている。

関連記事

2017お勉強会

6/17・7/22川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2016年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会、2017年も開催します。限定10名様。  …

リヤディスクプレートアルミセンターカバー

アベ精工のジュラルミン製リヤディスクプレートアルミセンターカバー

アベ精工から、HONDA RTL-F、Montesa COTA 4RT各年式車両に装着できる「ジュラルミン製リヤディスクプレートアルミセンタ…

Honda トライアルファンミーティング

フジガスとガッチ青山に現る

5月20日(土)午後1時30分より、東京都港区の「Honda ウエルカムプラザ青山」にて『Honda トライアルファンミーティング』が行われ…

イベント(大会)

8/6奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

7/2梅ヶ島トライアル

 避暑地「梅ヶ島トライアル場」で、大会に参加しませんか?  鹿の親子が見学してたり、自然が満喫できる会場です。日本の名水にも条件がピッタリ…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。