2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. TLM50用スプロケット
  4. JITISIEカーボンプロテクター

    2018.02.15

  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  8. 自然山通信2018年2月号発売
  9. イベント(スクール)
  10. イベント(大会)
  11. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  12. リザルト中国
  13. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  14. イベント(スクール)
  15. イベント(大会)
  16. T-TRIAL R2モンペリエ
  17. イベント(大会)
  18. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  19. 2017お勉強会
  20. リザルト関東
  21. イベント(その他)
  22. リザルト関東
  23. リザルト中部
  24. ぱわあくらふとのワイドステップ
  25. 三谷モータースポーツの新製品情報
  26. 2018年1月号電子版発売しました
  27. 年末年始休業のお知らせ
  28. 2018年1月号発売のお知らせ
  29. イベント(大会)
  30. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  31. 2018 SCORPA Racing
  32. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  33. 自然山通信2018年1月号
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  36. JITSIE DIMINO
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. リザルト中国
  40. リザルト近畿
  41. 自然山通信2017年12月号
  42. イベント(大会)
  43. 自然山通信2017年12月号電子版
  44. リザルト中部
  45. リザルト関東
  46. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  47. エトスデザイン
  48. 創刊250号の自然山通信
  49. MFJトライアル
  50. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  51. イベント(大会)
  52. リザルト関東
  53. リザルト東北
  54. 2017TDN
  55. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  56. イベント(大会)
  57. Honda秋の祭典トライアルデモ
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  60. MFJグランドチャンピオン大会
  61. 自然山通信11月号電子版
  62. イベント(大会)
  63. 自然山通信11月号
  64. イベント(大会)
  65. イベント(その他)
  66. イベント(大会)
  67. リザルト中部
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  71. イベント(スクール)
  72. 自然山通信11月号
  73. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  74. 2017年間ランキング
  75. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2009年モデル、続々登場

09ガスガス
09シェルコ

2009年型のガスガスとシェルコ

 2009年モデルが、続々と日本に入ってきている。現在、ほぼすべてのメーカーのニューマシンが、試乗車として日本のユーザーが実際に乗れる状態で日本国内に存在する。
 ホンダ(ホンダは日本メーカーだが、製造はスペイン製だから、広義では輸入モデルだ)、モンテッサ、ガスガス、ベータ、シェルコ。現在日本に入っている2009年モデルの概要をご紹介しておきます。


 ホンダRTL-Fは、2008年モデルから排気量が260ccになった。クランクケースにはブリージングバルブを装備し、マッピングを2段階に切り替えられるFIを最初から組み込んでいる。2008年モデルの評価が高かったので、2009年モデルとしての大きな変化は細部にとどまり、ニッシン製のフロントブレーキマスターシリンダーと、ファットバーを装着したハンドルまわり、そしてカラーリングが主な変更点。
 モンテッサ・コタは、RTL-Fに対してヨーロッパの規制をクリアした状態で、保安部品装備で日本に上陸するのが特徴。排気量も250ccと扱いやすい区分。2009年モデルでは、よりトライアルユースにも対応した排気ガス規制パーツが付属してきている。サイレンサー形状も、あわせて一新された。ファットバーの装着はRTL-Fと同様。
 ガスガスは、フレームが一新。これまでの板状のスチールフレームから、丸パイプとなった。これでさらに軽量化が実現。トライアルマシン一番の軽量ぶりはますます磨きがかかっている。排気量が125から300(別のラインナップで、さらに小さなものもあり)そろっているのも魅力。2009年からは、カタログから200が落ちている。世界的需要が少ないという理由もあるだろうが、125の性能アップが著しく、200の必要性が薄れてきているという背景もあるだろう。話題をさらったサイドバルブエンジンの4ストロークはまだ登場せず。
 ベータは、ガスガス以上にフレームが一新。アルミフレームは4世代目となるが、さらにさらにコンパクト軽量化が進み、燃料タンクがないような外観は斬新。これでもタンク容量は2.6リットルを確保している。真っ先に日本に入ったのは290ccと250ccだが、125ccもあり、また同じフレームで、4ストロークの製造も始まるという。
 シェルコは、熟成期間で小変更。4ストロークについては、息つきをなくすアイデアが盛り込まれていて、さらに快適なレスポンスが実現した。ガスガス、ベータ、そしてシェルコと、2ストロークモデルはいずれも70kgを切る軽量マシンとなっている。

関連記事

  • 全日本開幕・黒山健一が優勝

  • 5月3日全日本鹿児島

  • 1511SUGOの岡村将敏

    ひとつのタイトルとふたつの勝利の岡村親子

  • ガスガストライアルチーム

  • ベータEVO 4T

  • 全日本東北SUGO大会

藤波が優勝したルマンでトニー・ボウ負傷

1月18日、フランスのル・マンでインドアトライアルが開催され、トニー・ボウ、藤波貴久らが出場した。この大会、序盤でボウがクラッシュ、背中を強…

3/11!2018全日本開幕戦関東大会

2018年3月11日、2018年の全日本選手権が、いよいよ開幕する。 2018年はトップクラスのIASクラスに3名のニューフェイスが加わり…

TLM50用スプロケット

力造「Honda TLM50用リアスプロケット」発売!

トライアルショップ「ぱわあくらふと」がプロデュースする「力造ブランド」からHonda TLM50用リアスプロケットが発売されました! (…

JITISIEカーボンプロテクター

三谷モータースポーツよりJITSIEの新製品情報。TRRS用スイングアームプロテクター。そしてTECHアルミフォーク用インナーチューブです。…

ベータのカベスタニー、スペイン選手権にデビュー

トライアルGP世界ランキング7位、アルベルト・カベスタニーが、2018年用の愛車を引っさげてスペイン選手権の開幕戦に登場してきた。この開幕戦…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。