2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  3. 全日本R3九州までのランキング
  4. 全日本R3九州リザルト
  5. 2018EMと成田匠.fr
  6. MFJトライアル
  7. 1805電子版
  8. 2018年5月号
  9. ムーブレバー
  10. トムス新製品
  11. リザルト関東
  12. 2017お勉強会
  13. TY-Eデビューラン
  14. 自然山通信電子版4月号
  15. 自然山通信2018年4月号
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. リザルト近畿
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. 2018年3月号電子版
  27. 2018年3月号
  28. 1802木彫山本さん
  29. HOSTAL DEL GUIU
  30. イベント(スクール)
  31. 2018 TRRS RAGA RACING
  32. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  33. イベント(スクール)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト四国
  40. フロントフォークプロテクター
  41. Vertigo VERTICAL
  42. 三谷アルミニップル
  43. リザルト中国
  44. TLM50用スプロケット
  45. JITISIEカーボンプロテクター
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中国
  48. イベント(スクール)
  49. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  50. 自然山通信2018年2月号発売
  51. イベント(スクール)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  58. イベント(大会)
  59. T-TRIAL R2モンペリエ
  60. リザルト中国
  61. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  62. リザルト関東

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2009年モデル、続々登場

09ガスガス
09シェルコ

2009年型のガスガスとシェルコ

 2009年モデルが、続々と日本に入ってきている。現在、ほぼすべてのメーカーのニューマシンが、試乗車として日本のユーザーが実際に乗れる状態で日本国内に存在する。
 ホンダ(ホンダは日本メーカーだが、製造はスペイン製だから、広義では輸入モデルだ)、モンテッサ、ガスガス、ベータ、シェルコ。現在日本に入っている2009年モデルの概要をご紹介しておきます。


 ホンダRTL-Fは、2008年モデルから排気量が260ccになった。クランクケースにはブリージングバルブを装備し、マッピングを2段階に切り替えられるFIを最初から組み込んでいる。2008年モデルの評価が高かったので、2009年モデルとしての大きな変化は細部にとどまり、ニッシン製のフロントブレーキマスターシリンダーと、ファットバーを装着したハンドルまわり、そしてカラーリングが主な変更点。
 モンテッサ・コタは、RTL-Fに対してヨーロッパの規制をクリアした状態で、保安部品装備で日本に上陸するのが特徴。排気量も250ccと扱いやすい区分。2009年モデルでは、よりトライアルユースにも対応した排気ガス規制パーツが付属してきている。サイレンサー形状も、あわせて一新された。ファットバーの装着はRTL-Fと同様。
 ガスガスは、フレームが一新。これまでの板状のスチールフレームから、丸パイプとなった。これでさらに軽量化が実現。トライアルマシン一番の軽量ぶりはますます磨きがかかっている。排気量が125から300(別のラインナップで、さらに小さなものもあり)そろっているのも魅力。2009年からは、カタログから200が落ちている。世界的需要が少ないという理由もあるだろうが、125の性能アップが著しく、200の必要性が薄れてきているという背景もあるだろう。話題をさらったサイドバルブエンジンの4ストロークはまだ登場せず。
 ベータは、ガスガス以上にフレームが一新。アルミフレームは4世代目となるが、さらにさらにコンパクト軽量化が進み、燃料タンクがないような外観は斬新。これでもタンク容量は2.6リットルを確保している。真っ先に日本に入ったのは290ccと250ccだが、125ccもあり、また同じフレームで、4ストロークの製造も始まるという。
 シェルコは、熟成期間で小変更。4ストロークについては、息つきをなくすアイデアが盛り込まれていて、さらに快適なレスポンスが実現した。ガスガス、ベータ、そしてシェルコと、2ストロークモデルはいずれも70kgを切る軽量マシンとなっている。

関連記事

アウトドア開幕、勝利はやっぱりボウだった

5月20日、トライアルGPは、いよいよ2018年アウトドアシーズンが開幕した。今回はトライアルGP、トライアル2、トライアル125の3クラス…

化けるか野崎ぶっちぎり勝利

化けるか、野崎。ぶっちぎり勝利の2018九州大会

野崎史高が、3年ぶりに勝利をおさめた。今回の野崎は、ライバルも舌を巻く絶好調でのぶっちぎり。2ラップを終えて、SSを待たずに勝利を決めた。 …

全日本R3九州までのランキング

2018全日本ランキング(〜第3戦)

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってるかも…

全日本R3九州リザルト

2018全日本第3戦九州大会全結果

2018全日本選手権シリーズ第3戦九州大会 2018年5月13日 天候:曇りのち雨 大分県玖珠郡玖珠町玖珠トライアルヒルズ 観客…

2018SSDT、水曜、木曜、どうでしょう?

スコティッシュ6日間トライアルは、いよいよ佳境。海の向こうでは、250名近いトライアルばかどもが、この世のものとも思えない魅力的な荒野と戦っ…

ページ上部へ戻る