2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 動画チャンネル
  3. TLM50用スプロケット
  4. JITISIEカーボンプロテクター

    2018.02.15

  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  8. 自然山通信2018年2月号発売
  9. イベント(スクール)
  10. イベント(大会)
  11. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  12. リザルト中国
  13. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  14. イベント(スクール)
  15. イベント(大会)
  16. T-TRIAL R2モンペリエ
  17. イベント(大会)
  18. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  19. 2017お勉強会
  20. リザルト関東
  21. イベント(その他)
  22. リザルト関東
  23. リザルト中部
  24. ぱわあくらふとのワイドステップ
  25. 三谷モータースポーツの新製品情報
  26. 2018年1月号電子版発売しました
  27. 年末年始休業のお知らせ
  28. 2018年1月号発売のお知らせ
  29. イベント(大会)
  30. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  31. 2018 SCORPA Racing
  32. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  33. 自然山通信2018年1月号
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)

    2017.12.16

    1/14ケニーズ杯
  36. JITSIE DIMINO
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. リザルト中国
  40. リザルト近畿
  41. 自然山通信2017年12月号
  42. イベント(大会)
  43. 自然山通信2017年12月号電子版
  44. リザルト中部
  45. リザルト関東
  46. 三谷モータースポーツWチャンピオンセール
  47. エトスデザイン
  48. 創刊250号の自然山通信
  49. MFJトライアル
  50. イベント(大会)

    2017.11.25

    12/24 KUMA-CUP 2017
  51. イベント(大会)
  52. リザルト関東
  53. リザルト東北
  54. 2017TDN
  55. イベント(大会)

    2017.11.15

    12/24第8回SPGG杯
  56. イベント(大会)
  57. Honda秋の祭典トライアルデモ
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東

    2017.11.12

    羽生山カップ
  60. MFJグランドチャンピオン大会
  61. 自然山通信11月号電子版
  62. イベント(大会)
  63. 自然山通信11月号
  64. イベント(大会)
  65. イベント(その他)
  66. イベント(大会)
  67. リザルト中部
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. MOTSセール

    2017.11.04

    MOTSのセール!
  71. イベント(スクール)
  72. 自然山通信11月号
  73. GASGAS CONTACT用セルモーターガード
  74. 2017年間ランキング
  75. イベント(大会)
  76. 全日本R7東北リザルト

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

板取世界選手権中止

08板取大会模様

 岐阜県板取村で、17年間に渡って開催されてきたバイクトライアル世界選手権。しかし2009年には、開催が見送られることになった。関市板取が10月に開催見送りを正式に表明したものだ。
 これまで、板取とバイクトライアルは17年間、一貫してタッグを組んできた。板取の小学校では必須授業としてバイクトライアルがあり、その指導のためにかつてのトップライダー長谷中勇が板取の役場職員ともなっている。2007年にマスタークラスランキング2位となった長屋政佳をはじめ、世界のトップクラスのライダーも数多く輩出している。
 日本バイクトライアル連盟は今回の板取の開催見送り表明について「17年間の長きに渡る世界選手権の開催に深い敬意と感謝を表したい」としている。

 トライアルの世界選手権といえばツインリンクもてぎのウイダー日本GPがすっかり定着したが、それ以前から開催されている“トライアルの世界選手権”が板取のバイクトライアル世界選手権だ。現在では岐阜県関市板取となっているが、当初世界選手権を開催した自分は岐阜県武儀郡板取村(2005年に関市に合併)だった。関市となって、世界選手権は従前と同じように開催が可能なのか。合併当時、バイクトライアルにはこの心配があったものだが、世界選手権は岐阜県知事が大会の名誉役員に名を連ねるイベント。関市が開催を渋る理由もなかった。
 板取ではまた、海外との交流が盛んでもある。アラスカとの人口交流活動は、バイクトライアル世界選手権に先がけておこなわれていて、これが、海外からのバイクトライアルライダーをホームステイで迎える布石ともなった。活動的な山村なのである。
 小学校でのバイクトライアル授業は、かつては全学年を通じておこなわれていたが、現在ではクラブ活動と高学年の必須授業として続いているという。あぶないから、という理由で自転車に乗るのも規制が入る学校があると聞くが、板取ではバイクトライアルがスポーツとしてきちんと認められている証である。
 今回の開催中止は、2009年の世界選手権カレンダーの調整の最終段階で発表された。BJU(日本バイクトライアル連盟)とBIU(国際バイクトライアル連盟)では、板取に変わる開催地を日本国内外で模索したが、世界的な経済状況もあって、2009年の日本での開催はなしという結論になった。
 新聞記事では、日本バイクトライアル連盟と関市板取との開催を巡る確執も取りざたされているが、大きな大会を開催するには多大な労がともなう。17年も世界選手権を開催し続けた板取には多少の疲弊感もあっただろうし、しかし逆に、世界の世界戦選手権状況を見れば、17年もひとつの会場が開催をし続ける例はなく、またスポーツ協会(BIUやBJUなど)が主催の具体的運営について協力をすることもないのがふつうだから、板取とバイクトライアル連盟は、これまでよい関係を続けてきたということになるのだろう。
 2010年以降、板取で、あるいは新たな開催地で、バイクトライアル世界選手権が再び開催されることを祈ろう。

関連記事

  • 2016 SHERCO STシリーズ価格発表

  • 小川友幸勝利! 全日本選手権開幕戦

  • 2009ベータはEVO

  • 黒山レーシング女子部募集

  • Honda秋の祭典トライアルデモ

    たくさん笑った! Honda秋の祭典デモはすごかった

  • 成田匠、全日本北海道に参戦

3/11!2018全日本開幕戦関東大会

2018年3月11日、2018年の全日本選手権が、いよいよ開幕する。 2018年はトップクラスのIASクラスに3名のニューフェイスが加わり…

TLM50用スプロケット

力造「Honda TLM50用リアスプロケット」発売!

トライアルショップ「ぱわあくらふと」がプロデュースする「力造ブランド」からHonda TLM50用リアスプロケットが発売されました! (…

JITISIEカーボンプロテクター

三谷モータースポーツよりJITSIEの新製品情報。TRRS用スイングアームプロテクター。そしてTECHアルミフォーク用インナーチューブです。…

ベータのカベスタニー、スペイン選手権にデビュー

トライアルGP世界ランキング7位、アルベルト・カベスタニーが、2018年用の愛車を引っさげてスペイン選手権の開幕戦に登場してきた。この開幕戦…

イベント(大会)

3/25 BLAZE SECTION(ブレイズセクション)トライアル大会

BLAZE SECTION(ブレイズセクション)トライアル大会のお知らせ 最近の九州オフロード界は高齢化が進み、若手育成、人口増が課題…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。