2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. 2017お勉強会
  4. TY-Eデビューラン
  5. 自然山通信電子版4月号
  6. 自然山通信2018年4月号
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト関東
  11. リザルト近畿
  12. リザルト四国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2018年3月号電子版
  17. 2018年3月号
  18. 1802木彫山本さん
  19. HOSTAL DEL GUIU
  20. イベント(スクール)
  21. 2018 TRRS RAGA RACING
  22. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト四国
  30. フロントフォークプロテクター
  31. Vertigo VERTICAL
  32. 三谷アルミニップル
  33. リザルト中国
  34. TLM50用スプロケット
  35. JITISIEカーボンプロテクター
  36. イベント(大会)
  37. リザルト中国
  38. イベント(スクール)
  39. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  40. 自然山通信2018年2月号発売
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  45. リザルト九州
  46. リザルト中国
  47. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  48. イベント(大会)
  49. T-TRIAL R2モンペリエ
  50. リザルト中国
  51. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1601西村亜弥

西村亜弥、全日本を走る

西村亜弥が、2016年に始まるレディース全日本選手権に参戦する。マシンはベータ。久々に大会を走る西村亜弥の走りと、はじめての戦いとなるレディース全日本がいよいよ楽しみになってきた。

1601西村亜弥とベータ

西村亜弥はオフロードパークSHIRAI(当時は白井トライアルパークといった)で育ち、当時の女子ライダーとしてはずば抜けたポテンシャルを発揮、ヤマハのトライアル・デモンストレーション・ライダーとして活躍した。

1976年2月28日生まれ。39歳のお母さんにして、全日本選手権フル参戦の挑戦となる。

2004年(スペイン・コルドバ)にはトライアル・デ・ナシオンに参戦、妹の萩原真理子、高橋摩耶とチームを組んで優勝のフランスと同点クリーン差の2位を獲得。2005年(イタリア・セストリエーレ)にも同じメンバーで4位となっている。

同じ会場でTDNの前日に開催された世界選手権最終戦では、2004年に5位、2005年に9位となった。西村は、萩原真理子とともに、日本女子では初めての世界ポイントランカーとなった。

日本でのライセンスは国際B級で、女性としてははじめてとなる。2006年にスポットで北海道大会に参戦して16位、翌年2007年には4位と同点、表彰台まで2点差の5位に入っている。女子で国際B級のポイントランカーとなったのは萩原真理子と西村亜弥の二人だけだ。

レディース全日本はNAクラスのセクションとなり、西村にしてみたらセクション難度は高くないが、ざっと10年ぶりとなる選手権参戦。ライディングは続けてはいるものの、感覚が選手権モードでないので、勝算は未知数だという。潜在的実力なら西村だが、ブランクとNAクラスのセクションで勝負することで、現役レディースとの接戦となることが予想される。3月のシーズンインが、楽しみだ。

チームは宗七音響WiseBetaTeam。小川毅士選手や田中善弘選手、山崎頌太選手とチームメイトとなる。ちなみにこの写真を撮ったのは小川毅士選手らしい。

1601西村亜弥

関連記事

2017お勉強会

5/19川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2017年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。  福島県双葉…

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本近畿、加賀、西村、和田、ベテラン強し

4月15日、全日本第2戦近畿大会。 IAは加賀国光がさすがの勝利。ベテラン勢が上位を占めたが、武田呼人が1ラップ目にトップで5位に入っ…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

ページ上部へ戻る