2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト関東
  6. 1日目優勝のファハルド
  7. イベント(大会)
  8. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  9. リザルト東北
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト四国
  14. リザルト中国
  15. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  16. 全日本R3九州までのランキング
  17. 全日本R3九州リザルト
  18. 2018EMと成田匠.fr
  19. MFJトライアル
  20. 1805電子版
  21. 2018年5月号
  22. リザルト近畿
  23. ムーブレバー
  24. トムス新製品
  25. リザルト関東
  26. リザルト関東
  27. リザルト関東
  28. リザルト中国
  29. リザルト四国
  30. リザルト関東
  31. 2017お勉強会
  32. TY-Eデビューラン
  33. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  34. 自然山通信電子版4月号
  35. 自然山通信2018年4月号
  36. リザルト中国
  37. リザルト中国
  38. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト近畿
  44. リザルト関東
  45. リザルト四国
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. 2018年3月号電子版
  50. 2018年3月号
  51. 1802木彫山本さん
  52. HOSTAL DEL GUIU
  53. イベント(スクール)
  54. 2018 TRRS RAGA RACING
  55. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  56. イベント(スクール)
  57. イベント(スクール)
  58. リザルト沖縄
  59. イベント(スクール)
  60. イベント(大会)
  61. イベント(大会)
  62. イベント(大会)
  63. リザルト四国

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

MFJトライアル

2016年全日本のゼッケン

MFJより、2016年のトライアル国際クラスの全日本ゼッケンが発表されている。

このゼッケンは、全日本選手権参戦時に用いられるもの。地方選手権などでは、別のゼッケンを使う場合もある。基本的には2015年のランキング序列によって与えられているが、昇格などでクラスを変わる者もあるので、2015年ランキングと同一ではない。

IASは、1位から13位までは2015年のランキング順。ゼッケン14から16までの3人がIAから昇格するルーキーとなる。

15九州大会にて

IAは、昇格しなかったライダーがランキング順に並んでいるが、IASから降格した佐藤がゼッケン4となっている。さらにIBから昇格した5人がルーキーゼッケンの0番台ゼッケンを与えられている。2015年に出場していなかったりポイント獲得がなかったライダーは、2016年に参加した時点でゼッケンが与えられる。IAのゼッケンは一度与えられたゼッケンをシーズンを通じて使うことになる。

IBはIAに昇格した5名をのぞいて、2015年のランキング順に並び、2015年にポイントを獲得したライダーに固定ゼッケンが与えられる。固定ゼッケンを持たないライダーは参加するごとにランダムのゼッケンを与えられて、ポイントを獲得するとそのゼッケンが固定になる。無得点が続くと、毎回ゼッケンは新たに与えられるので、毎回ゼッケンが変わることもある。

レディースは2016年から選手権がスタートするので2015年のランキングは存在しないのだが、暫定開催された2015年の結果に基づいてゼッケンが与えられている。

原則として、ゼッケンは何番でも試合の結果に影響することはないはずだが、しかしそうとばかりもいえない。スタート順はその大会以前のランキング(の逆)順となる。開幕戦はこのゼッケン(の逆)順となる。第2戦以降はランキング順(の逆順)でスタートしていくが、ポイントを獲得していないライダーのスタート順はゼッケンの大きい者からスタートする。だから若いゼッケンを獲得することも、全日本での勝負の第一歩となる。IBでは出場回数の多い者が若いゼッケン、という内規もあるようで、ポイントがとれなくても、毎回参戦しているライダーは若いゼッケンをつけることになる。つまりゼッケンは、ポイントを獲得してしまったライダーにとってはただの記号でしかないが、ポイントを獲得していないライダーにとっては、試合の流れを左右する大きな要素になるわけなのだ。

ちなみにIAの01番から05番まではルーキーゼッケンとしての特別処置で、本来なら27番から31番までの固定ゼッケンを持っていることになる。なので開幕戦では、ここで発表されたゼッケンを持っていないライダーに続き、去年のポイントランカーの前にスタートすることになる。

関連記事

アベ精工のTLM50用トップブリッジ

根強いファンが乗り続けているHONDA TLM50用のトップブリッジと、専用ハンドルアップスペーサーがアベ精工から発売されています。共同開発…

イベント(大会)

8/26夏の梅ヶ島大会

TEAM P.F.T. から梅ヶ島大会の日程変更のお知らせです。 空気は何色? 太陽の7色によって透明な空気が変化する心の色。 エ…

へそ曲がり的、廃炉と汚染土壌

福島県の昨日のビッグニュースは、東電が福島第二原発の廃炉を表明したことだった。福島県が原発ゼロになるのは福島県民の悲願だったとのことなので、…

アルミ軽量ラジエターキャップTOM’Sから

京都のトライアルショップ「TOM'S」からアルミ軽量ラジエターキャップが発売されました。対応機種はTRS、GASGAS。 (さらに&he…

チタン製リアディスクプロテクトプレート

丈夫で軽い。チタン製リアディスクプロテクトプレートが、三谷モータースポーツより発売されました。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る