2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  3. 全日本R3九州までのランキング
  4. 全日本R3九州リザルト
  5. 2018EMと成田匠.fr
  6. MFJトライアル
  7. 1805電子版
  8. 2018年5月号
  9. ムーブレバー
  10. トムス新製品
  11. リザルト関東
  12. 2017お勉強会
  13. TY-Eデビューラン
  14. 自然山通信電子版4月号
  15. 自然山通信2018年4月号
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. リザルト近畿
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. 2018年3月号電子版
  27. 2018年3月号
  28. 1802木彫山本さん
  29. HOSTAL DEL GUIU
  30. イベント(スクール)
  31. 2018 TRRS RAGA RACING
  32. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  33. イベント(スクール)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト四国
  40. フロントフォークプロテクター
  41. Vertigo VERTICAL
  42. 三谷アルミニップル
  43. リザルト中国
  44. TLM50用スプロケット
  45. JITISIEカーボンプロテクター
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中国
  48. イベント(スクール)
  49. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  50. 自然山通信2018年2月号発売
  51. イベント(スクール)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  58. イベント(大会)
  59. T-TRIAL R2モンペリエ
  60. リザルト中国
  61. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  62. リザルト関東
  63. イベント(その他)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014北海道の藤原慎也

藤原慎也オッサで2勝目

2014北海道の藤原慎也

 7月20日、全日本選手権第4戦北海道大会。国際A級クラスは藤原慎也が開幕戦勝利以来の2勝目を挙げた。今シーズン2勝目は藤原が一番乗りで、ランキングポイントでも2位に10点差をつけた。オッサに乗ってのタイトルへの挑戦は、順調に進んでいる。

 藤原は1ラップ目からトップ、そのまま2ラップを逃げ切った。1ラップ目には2この5点があるも、第7セクションの5点は吉良祐也が1回だけ1点で抜けた以外、すべてのライダーが5点となった難所だった。
 今回のために新設されたセクションは、登りが急のダイナミックなものが多く、ライダーには総じて好評。それゆえに、ちょっとした失敗が5点に直結するセクションが多く、点数をまとめるのはむずかしかったかもしれない。

2014北海道の藤原慎也

 2ラップ目、砂田真彦がベストラップをたたき出して追い上げてきたが、1ラップ目の点差が大きく、藤原の勝利は揺るぎなかった。砂田は3位で、2位は1ラップ目の2位を維持した小野貴史だった。小野と砂田はチームメイト。表彰台では、このチームメイトの間の高い表彰台に、藤原が登った。

2014北海道の藤原慎也

 今シーズンは、よく集中ができているという藤原。集中ができるかどうかで結果がまったくちがってくるが、集中しようといって集中できるものではないところがトライアルのむずかしさ。今年の藤原は、自分のコントロールがうまくできている。
 全日本では唯一の参戦となるオッサとのコンビネーションも、なかなか板についてきた。当初は実績のないマシンで課題が多かったものの、急速に経験値を高めているようだ。

2014北海道の藤原慎也

 とはいえ、これからシーズン後半、ランキング争いのライバルは佐藤優樹(今回4位)と岡村将敏(今回5位)。どちらも藤原に10点差となっているが、佐藤は第3戦九州大会で初優勝、岡村は昨シーズン終盤に2連勝しているベテランだ。このまま藤原の独走ともいかないかもしれないが、藤原に流れが向いているのはまちがいない。

関連記事

化けるか野崎ぶっちぎり勝利

化けるか、野崎。ぶっちぎり勝利の2018九州大会

野崎史高が、3年ぶりに勝利をおさめた。今回の野崎は、ライバルも舌を巻く絶好調でのぶっちぎり。2ラップを終えて、SSを待たずに勝利を決めた。 …

全日本R3九州までのランキング

2018全日本ランキング(〜第3戦)

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってるかも…

全日本R3九州リザルト

2018全日本第3戦九州大会全結果

2018全日本選手権シリーズ第3戦九州大会 2018年5月13日 天候:曇りのち雨 大分県玖珠郡玖珠町玖珠トライアルヒルズ 観客…

2018SSDT、水曜、木曜、どうでしょう?

スコティッシュ6日間トライアルは、いよいよ佳境。海の向こうでは、250名近いトライアルばかどもが、この世のものとも思えない魅力的な荒野と戦っ…

2018 SSDT(1日目・2日目)

2018年SSDTが始まっている。スコットランドの荒野を舞台に、6日間に渡って開催される伝統のトライアルイベント。トライアルライダーたる者、…

ページ上部へ戻る