2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  3. 全日本R3九州までのランキング
  4. 全日本R3九州リザルト
  5. 2018EMと成田匠.fr
  6. MFJトライアル
  7. 1805電子版
  8. 2018年5月号
  9. ムーブレバー
  10. トムス新製品
  11. リザルト関東
  12. 2017お勉強会
  13. TY-Eデビューラン
  14. 自然山通信電子版4月号
  15. 自然山通信2018年4月号
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. リザルト近畿
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. 2018年3月号電子版
  27. 2018年3月号
  28. 1802木彫山本さん
  29. HOSTAL DEL GUIU
  30. イベント(スクール)
  31. 2018 TRRS RAGA RACING
  32. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  33. イベント(スクール)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト四国
  40. フロントフォークプロテクター
  41. Vertigo VERTICAL
  42. 三谷アルミニップル
  43. リザルト中国
  44. TLM50用スプロケット
  45. JITISIEカーボンプロテクター
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中国
  48. イベント(スクール)
  49. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  50. 自然山通信2018年2月号発売
  51. イベント(スクール)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  58. イベント(大会)
  59. T-TRIAL R2モンペリエ
  60. リザルト中国
  61. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  62. リザルト関東
  63. イベント(その他)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014北海道表彰台

国際B級の一騎討ち続く

2014北海道表彰台

 国際B級は、久岡孝二と氏川優雅による、大接戦が続いている。しかしそれでも今回は、この二人の戦いにすれば大差である5点差で久岡の勝利となった。
 対戦成績は3勝1敗。ふたりのランキング争いは、久岡が6点差でリードしている。
 写真は左から2位の氏川、優勝の久岡、そして今回発ポイントが初表彰台となった倉持晃人。

2014北海道の久岡孝二久岡孝二。4戦中3勝と好調をキープしている。

 久岡と氏川は、ずっといっしょに練習してきた、同じ釜の飯を食った仲間(彼らの時代のひとには通じないかもしれないけど)。氏川は藤波貴久の甥にあたるが、そういえば藤波貴久と黒山健一の戦いを思い出させるような二人の戦いだ。
 ただし藤波と黒山は年齢がちがったから、日本と世界のトップクラスになって初めて一騎打ちを始めている。小さい時分は、それぞれ別のフィールドで腕を磨いていた。久岡と氏川は、同じ年でいっしょに国際B級に昇格したから、ずっとライバル同士だ。
 今シーズン、この二人以外に1位と2位になったライダーはいないのだが、それ以上に注目したいのは二人の減点数の差だ。
 第1戦は20点対21点で久岡の勝ち。第2戦は4点対5点で久岡の勝ち。第3戦は17点の同点、クリーン数一つの差で氏川が勝利した。そして今回の北海道は、2点と7点で初めて5点の“大差”がついた。
 実は氏川は、第1セクションで本人に覚えがない5点を取られたということで(ホッピング中にテープの外にタイヤが出たという判定。5点は5点)。この時点で1点差で負けていた氏川にしてみたら、ここでの5点は致命傷になる。
 しかしその後、崩れることもなく2ラップ目をこの5点ともうひとつ減点1だけで終えて2位を守ったのは、さすがといえばさすがだ。
 いつもは二人だけがぶっちぎりの勝負を演じるが、今回は上位5人までが一桁減点という、今シーズンの国際B級の中では上位が僅差の神経戦だった。

2014北海道の氏川優雅氏川優雅。あと一歩で勝てない。今回の2位は惜しかった。しかしそれでも2位。

関連記事

化けるか野崎ぶっちぎり勝利

化けるか、野崎。ぶっちぎり勝利の2018九州大会

野崎史高が、3年ぶりに勝利をおさめた。今回の野崎は、ライバルも舌を巻く絶好調でのぶっちぎり。2ラップを終えて、SSを待たずに勝利を決めた。 …

全日本R3九州までのランキング

2018全日本ランキング(〜第3戦)

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってるかも…

全日本R3九州リザルト

2018全日本第3戦九州大会全結果

2018全日本選手権シリーズ第3戦九州大会 2018年5月13日 天候:曇りのち雨 大分県玖珠郡玖珠町玖珠トライアルヒルズ 観客…

2018SSDT、水曜、木曜、どうでしょう?

スコティッシュ6日間トライアルは、いよいよ佳境。海の向こうでは、250名近いトライアルばかどもが、この世のものとも思えない魅力的な荒野と戦っ…

2018 SSDT(1日目・2日目)

2018年SSDTが始まっている。スコットランドの荒野を舞台に、6日間に渡って開催される伝統のトライアルイベント。トライアルライダーたる者、…

ページ上部へ戻る