2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014北海道の成田匠

成田匠、EMでの2度目の正直

2014北海道の成田匠

 世界初のフルサイズ電動トライアルマシンEM5.7が、全日本選手権に2度目の参戦をした。7月20日、全日本選手権第4戦北海道大会にてのことで、国際A級クラスに賞典外参戦。ライダーは、EM輸入元の成田匠だ。
 初めての参戦は1年前の北海道大会てやはり賞典外だったが、その結果はブービー賞に近かった。さて今回はどんな結果となっただろうか。

 賞典外のため、成田のスタート順はすべての国際A級ライダーの前となる。ラインがなにもできていない、不利な条件だ(ルーキーたちは、みなこの不利な条件を勝ち抜いてトップの座を獲得してこなければいけないのだが)。電動バイクが賞典をもらえる枠組みで参加できるかどうかは、現在のところまだ不透明。主にエンジンストップの判定問題がはっきりしていないからということだが、同じ土俵で勝負する姿を早く見たい気はする。もっともこのマシンは現在は公認車両にもなっていないから、賞典外にしてもこれで大会参加ができるのは国際B級以上のライダーに限定されることになる。
 さて、成田が1年ぶりの北海道大会に参加したのは、いろいろ日程の都合があって北海道が参戦しやすいということだった。また北海道大会は、昨年のリベンジという意味もちょっとあると言う。
 昨年、出場前に抱負を聞いたところでは、10位以内くらいに入れればということだったが、それでもずいぶん謙遜した目標に思えたものだったが、結果はポイント獲得もほど遠いものだった。
 その一方で、フランス選手権では若いバスティアン・イエットが125ccクラスにやはり賞典外で参加して、そこそこのリザルトを残している。世界選手権のセクション作りを担当している成田は、これがどれくらいの成績なのかはよくわかる。電動マシンにはまだまだ伸び代がある証明でもあった。

2014北海道の成田匠

 その実、北海道大会は急坂が多く、電動マシンにはあまり向いている会場とは言い難い。高いギヤで坂を登っていって、あともうひとつパワーがほしいときなど、半クラッチでパワーをためて、ちょっとずつリヤタイヤを動かす、いわゆるためをつくるアクションなど、クラッチという概念がない電動マシンにはむずかしい。
 モーターのパワーを断続する装置はついているものの、これはクラッチというよりスイッチで、クラッチだと思って操作するとかえって痛い目に遭うということで、去年はこれをはずし、左側をリヤブレーキとしてきた成田だったが、今年は左側の(クラッチレバーのように見える)パワー断続レバーをもう少し重たくして、クラッチ感覚で使えるように手を入れてきていた。

2014北海道の成田匠

 今回の結果は12位相当で、ポイント獲得圏までポジションを上げてきた。1年前の目標を、なんとかクリアしたかたちだ。
 成田のように、エンジンを使ったトライアルを極めたライダーと、トライアルを始めた当初から電動マシンに乗っている者とでも乗りこなし術はちがってくるだろうし、いずれにしても、電動マシンはこれからの乗り物。
 それにはまず、なんでもいいからレギュレーションを決めて、なるべく早く実戦参加ができるようにお願いしたいところです。

関連記事

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

ページ上部へ戻る