2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 動画チャンネル
  2. 原発見学
  3. イベント(大会)
  4. 2017北海道
  5. 動画チャンネル
  6. 2017北海道大会
  7. イベント(スクール)
  8. 2017日本グランプリ公式DVD
  9. 動画チャンネル
  10. 2017全日本北海道までのランキング
  11. 2017全日本北海道リザルト
  12. 2017TDN
  13. 自然山通信2017年7月号
  14. 2017お勉強会
  15. イベント(大会)
  16. 2017フランスGP
  17. MFJトライアル
  18. EXスポーツ FIMトライアル放送
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. 全日本第4戦中国大会レポート
  22. 三谷モータースポーツ新製品
  23. ガスガス用ラジエタープラグ
  24. 動画チャンネルR4中国
  25. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  26. 全日本第4戦中国大会リザルト
  27. リザルト関東
  28. MFJトライアル
  29. 自然山通信6月号電子版
  30. 自然山通信6月号
  31. イベント(その他)
  32. 2017 X-TRIAL DVD
  33. 2日目ボウ
  34. 予選
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(スクール)
  41. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  42. リザルト東北
  43. Honda トライアルファンミーティング
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. 2017玖珠全日本
  48. イベント(大会)
  49. 2017 Hondaトライアルミーティング
  50. MFJトライアル
  51. MFJトライアル
  52. リザルト東北
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信5月号
  55. イベント告知
  56. 2017年5月号電子版
  57. MFJトライアル
  58. Vertigo TITANIUM
  59. リザルト関東
  60. リザルト近畿
  61. S3 TENT
  62. リザルト関東
  63. リザルト沖縄
  64. リザルト中国
  65. S3 CURVE
  66. 近畿大会レポート
  67. リザルト中国
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  71. 2017年4月号
  72. 2017年4月号
  73. HRC ハンドルアッパーホルダー
  74. リザルト中国
  75. リザルト中国
  76. リザルト近畿
  77. リザルト関東
  78. TRS用クラッチ
  79. 自然山通信4月号
  80. ステンメッシュオイルフィルター
  81. リザルト中国
  82. リザルト沖縄
  83. リザルト関東
  84. リザルト中部
  85. リザルト関東
  86. Montesa 300RR
  87. リザルト近畿

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2016全日本近畿の村田慎示

全日本第2戦名阪IA、IB、L、OPT

国際A級スーパーの他、国際A級、国際B級のいつもの男の子クラス(女の子が出てもかまわない)に、2016年から加わったレディースクラス、そして今回はオープントロフィークラスとして、かつて国際A級だったライダーが勝負となった。

国際A級

2016第2戦近畿の村田慎示

ベテラン村田慎示が優勝した。村田の勝利は1999年の菅生大会以来だそうだ。

村田はチームミタニのイメージリーダー。チームでは部長と呼ばれているが、監督でも社長でもコーチでもない、部長という呼び名が村田にはぴったりのような気がする。

今年のゼッケンは2番。去年はうんと後輩である氏川湧雅がデビューして、同じクラスを戦った。氏川が好成績をあげるごとに、村田もまた成績を上げていって、3度表彰台に乗ってランキング4位、ゼッケン2番をつけるにいたったのだった。

トライアルへの姿勢が真摯で、トライアル歴20年をすぎて、その向上心はあいかわらず。そのあたりが後輩によい影響を与えてもいる。

さて今回も、村田はトライアルらしい、自分自身との戦いに徹していた。1ラップ目、第9、第10と5点になったが、8セクションを12点でまとめて順位は3位。2ラップ目、今度は5点を減らして9点、2ラップ目の順位は2位で、トータルではここでトップに立った。

しかし村田は、自分の成績を知らずにいる。リザルトが出るよりも、トライが進んでゴールするほうが早かった。3ラップ目はまた5点が二つ。減点は11点だった。

悪くはないスコアだが、まだまだよいスコアで回ってくるライダーもいるはずだ。ある程度の上位は実感できたが、表彰台以上は集計が出てみないとわからない。

無事にゴールして、試合後の片づけなどをしていると、優勝していることを教えてくれた人がいた。でも最初は信じられなかった。

村田は1997年に、1年間藤波貴久のマインダーを務めたことがある。自分が出場するわけではなかったが、世界最高峰の戦いを目の当たりにして、ずいぶんと得るものが大きかった。あの当時、試合前の練習はずいぶんとおおらかで、村田も世界のトップライダーといっしょに練習セクションにトライをしていたものだった。

その年の最終戦も、いつものようにいっしょに練習をしていた村田だったが、なんと大転倒して大けがを負ってしまった。そのまま日本に送り返されて病院へ。マインダーを失って、藤波の戦いもたいへんなことになったが、しかし藤波貴久の世界選手権初勝利は、このとき訪れた。

その後、全日本に出場して、村田はめきめきと成績を上げてきた。1999年の勝利は、その頃にあげたものだった。

マインダーが練習しててケガをするのはちょっといただけないけれど、村田の練習熱心はその後も変わっていない。今でも練習場では、スーパーの面々が練習する難セクションを、負けじとトライする村田の姿が見られる。村田のトライアル心は、まだまだ健在だ。

今回の2位には、平田貴裕が初表彰台。村田とは1点差だった。もっとスコアをまとめている人はいっぱいいると思っていたというが、みんな、そこそこに減点を重ねていたということのようだ。

前回優勝の小野貴司は今回3位で、ランキングトップをがっちりキープ。4位には1ラップ目の11位からよく追い上げた久岡孝二が入った。久岡は今シーズンからヴェルティゴに乗る予定でいたが、マシンが間に合わずにガスガスでの出場が続いている。世界選手権もてぎ大会のあとにはマシンが回ってくる予定だが、3位、4位と成績がまとまっているので、はたして乗り換えるべきかどうかはむずかしい判断になっている。

今回は、九州で大きな地震があり、九州勢は遠征がまずたいへんだった。松浦翼をはじめとする熊本レーシング勢は不参加。そんな中、徳丸新伍が6位に入り、宮崎出身の徳丸貴幸(現在は山口県在住)が11位、江藤真弥が12位と、3人がポイントを獲得して九州に元気なリザルトを持ち帰ることになった。

2016第2戦近畿の平田貴裕2位平田貴裕
2016第2戦近畿の小野貴司3位小野貴司、ランキングトップ
2016第2戦近畿の久岡孝二4位久岡孝二
2016第2戦近畿の磯谷玲5位磯谷玲
2016第2戦近畿の徳丸新伍6位徳丸新伍
2016第2戦近畿の永久保恭平 2016第2戦近畿の平田雅裕 2016第2戦近畿の寺澤慎也
2016第2戦近畿の小谷徹 2016第2戦近畿の徳丸新伍 2016第2戦近畿の江藤真弥
2016第2戦近畿の山崎頌太 2016第2戦近畿の小野田理智 2016第2戦近畿の尾藤和則
7位永久保恭平、8位平田雅裕、9位寺澤慎也
10位小谷徹、11位徳丸新伍、12位江藤真弥
13位山崎頌太、14位小野田理智、15位尾藤和則

国際B級

2016第2戦近畿の池田蓮

岡山の神童、池田蓮が初勝利。池田はおととしのトライアルGC大会で2位となり、国際B級参戦2年目のライダー。今回は1ラップ目の2位から、2ラップ目をオールクリーンしての勝利となった。

1ラップ目3点でトップだったのは、去年近畿大会にだけ出場して2位となった塚本厚志。今年もまた近畿大会にだけ参加して、優勝争いだ。

近畿大会にスポット参戦で優勝争いをするといえば、83年国際B級チャンピオンの和田弘行もいる。和田は毎年近畿大会にだけ出場して上位入賞を奪っていくが、昨年はマシントラブルで無得点に終わっている。

IA、IASやレディースと異なり、10セクション2ラップの戦いのIBクラス。1ラップ目はトップ塚本が3点、2位池田が4点。3位小沼侑暉は5点で、前回優勝のルーキー氏川政哉は7点で4位につけていた。5位が、池田や氏川とは親子以上の年の差がある和田で、和田の減点は9点。ここまでが一桁減点だった。

結果、2ラップ目に池田がオールクリーンを達成したので、小沼より下位のライダーに勝利のチャンスはなくなった。塚本も2ラップ目に3点を失って、2年連続で2位表彰台となった。

小沼は2ラップ目にクリーンを連発して追い上げたものの、最もクリーンが多かった第1セクションで3点となっていて、ラップオールクリーンを逃したばかりか、2位の座も奪い損ねてしまった。

氏川は1ラップ目の二つの3点で出遅れたが、2ラップ目にはテープを切っての5点があり、これで表彰台から脱落してしまった。

ランキングは、氏川がトップ、3点差で池田と、第1戦、第2戦の勝利者が1位、2位をしめている。

2016第2戦近畿の塚本厚志2位塚本厚志
2016第2戦近畿の小沼侑暉3位小沼侑暉

2016全日本近畿の磯谷郁 2016全日本近畿の和田弘行 2016全日本近畿の氏川政哉 2016全日本近畿の小倉功太郎 2016全日本近畿の倉持晃人 2016全日本近畿の本間守 2016全日本近畿の山中悟史 2016全日本近畿の武田呼人 2016全日本近畿の津谷秀明 2016全日本近畿の紙谷充紀 2016全日本近畿の小野田瑞希 2016全日本近畿の河野通博
4位氏川政哉、5位和田弘行、6位磯谷郁
7位小倉功太郎、8位倉持晃人、9位本間守
10位山中悟史、11位武田呼人、12位津谷秀明
13位紙谷充紀、14位小野田瑞希、15位河野通博

レディース

第2戦となったレディースクラス。西村亜弥の勝利はゆるぎがない感じだが、今回は素晴らしい走りを見せた。8セクション2ラップをすべてクリーン。文句なしの勝利だったのはもちろん、なかなかできないオールクリーン達成者として記録に残ることになった。本人は、今日はできすぎ、と謙遜するが、戦いを進めるに従ってもともと高い実力がますます磨かれているという印象でもある。

2位は、前回4位でくやしがった小玉絵里加。まじめに取り組みすぎたから、自分らしく楽しく走ったら出るべき結果が出た、という。3位でくやしいのは小谷芙佐子だった。

2016全日本近畿の西村亜弥優勝西村亜弥
2016全日本近畿の小玉絵里加2位小玉絵里加
2016全日本近畿の小谷芙佐子3位小谷芙佐子
2016全日本近畿の寺田智恵子 2016全日本近畿の佐々木淳子 2016全日本近畿の稲垣和恵
4位佐々木淳子、5位稲垣和恵、6位寺田智恵子

オープントロフィークラス

2016全日本近畿の伊藤明男優勝伊藤明男

昔とったきねづかクラスのオープントロフィーは、伊藤明男と岩田稔の2名が参加。ベータテクノを改造したスペシャルマシンで走った伊藤が、岩田を4点引き離して勝利を得た。

セクションはIBクラスと同じ。

次戦は九州大会だが、大会が開催されるかどうかはまだ未定。自粛のための自粛はおこなわないという方針のようだが、会場の状況やスタッフとその周辺の安否の確認などもあり、最終判断はいましばらくかかりそうだ。とはいえ、今月中にはその判断も下されそうだ。

関連記事

原発見学

福島原発を、見る

原発見学に行ってきた。 うちから25km弱のところにある二つの原子力発電所施設。でもそこは、なかなか見に行ったりすることができないとこ…

イベント(大会)

9/17第245回ケニーズ杯

第245回ケニーズ杯プレミアムバージョン 日程  9月17日(日)  前日、女子のみプレミアムスクール・人数限定 場所  広島…

2017北海道

北海道、オールクリーンのLTR、IBと雨のIA

24名が参加のIA、30名が参加のIB、そしてLTRは4名。このうち、3名のライダーが10セクション2ラップをオールクリーンした。LTRでは…

動画チャンネル

動画チャンネルもう一つの北海道カメラを追加

全日本選手権R5北海道大会、noppara-tsushin映像を自然山通信動画チャンネルにリンクしました。sumimitumaruさん映像と…

2017北海道大会

小川友幸3連勝で5連覇に近づく

全日本選手権第5戦、北海道大会。今年もまた、海の日の三連休の日曜日、旭川から30分の上川郡和寒サーキットでの開催となった。結果は、意外なこと…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。