2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. トライアル動画チャンネル
  2. Vertigo TITANIUM
  3. S3 TENT
  4. S3 CURVE
  5. 近畿大会レポート
  6. 2017お勉強会
  7. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  8. イベント(大会)
  9. 2017年4月号
  10. 2017年4月号
  11. HRC ハンドルアッパーホルダー
  12. リザルト近畿
  13. TRS用クラッチ
  14. 自然山通信4月号
  15. ステンメッシュオイルフィルター
  16. 東京モーターサイクルショー
  17. Montesa 300RR
  18. リザルト近畿
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. 2017X2オーストリア
  23. トムスストロングガードTRS用
  24. 自然山通信2017年3月号電子版
  25. 自然山通信2017年3月号
  26. リザルト中部
  27. モータースポーツ活動計画発表会
  28. イベント(その他)
  29. 2017 Scorpa Racing SC250
  30. イベント(大会)
  31. MFJトライアル
  32. リザルト中国
  33. リザルト関東
  34. 自然山通信3月号
  35. Vertigoカーボンスイングアームプロテクター
  36. 2017 BETA EVO factory model
  37. リザルト関東
  38. リザルト関東
  39. リザルト中国
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(その他)
  44. 2017年富岡キャッチ
  45. イベント(大会)
  46. リザルト中国
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. 2017バルセロナ
  50. リザルト中国
  51. 1702電子版

    2017.02.03

    1702電子版
  52. 1702
  53. TRS One Raga Racing
  54. イベント(その他)
  55. イベント(大会)
  56. 1702ガッチスクール
  57. イベント告知
  58. イベント(大会)
  59. リザルト関東
  60. リザルト中部
  61. 1612コルドニエ
  62. TRS RAGA RACING
  63. イベント(大会)
  64. イベント(大会)
  65. イベント(大会)
  66. リザルト九州
  67. イベント告知
  68. 2016チーズナッツY2
  69. 2017ガスガス・ロゴ
  70. イベント告知
  71. イベント告知
  72. イベント告知
  73. JITSIE RACEディスクプレート
  74. リザルト関東
  75. 1701ライディングアシスト
  76. 2017トライアルGP
  77. 2017規則書

    2017.01.06

    2017年MFJルール
  78. イベント告知
  79. 2016高田島ツートラ
  80. イベント告知
  81. 1701バリオゾナー

    2017.01.05

    バリオゾナー
  82. イベントリザルト
  83. イベントリザルト
  84. イベントリザルト
  85. トライアル・デ・ナシオン

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

チスパに乗った

09チスパ横位置

 新たなトライアルマシン、チスパが日本上陸。その最初の1台に試乗することができた。乗ったのは250ccモデル。チスパには125、250、280の3種類の排気量があるが、輸入初年度の2009年は125ccと250ccに絞って日本に紹介される。今回は、まずは250ccが一足先に空輸で日本に到着した。つや消しブラックは、実物を見てもシックな印象だ。

09チスパエンジン

 2ストロークエンジンを積んだチスパ(Xispaと表記。スペイン語らしい綴りだ)は、いたって一般的なパッケージで構成されている。全体的には、シェルコにいたってよく似ている。開発コンセプトとしては、2ストロークの先輩格であるガスガスとシェルコのいいところどりということだが、実際に見てみれば、そこここにシェルコのイメージが漂っている。
 とはいえ、リヤショックはシェルコのリンクサスに対して、こちらはリンクレス。チスパのオリジナリティが発揮されている部分である。
 ちょっとばっかり踏力の必要な、古きよき感じのキックを踏みおろしてエンジンを始動する。ガスガスのようにこつがいるわけではないが、ちょっと重たい。ケッチンに気をつけた方がいいのも、いまどきはなつかしい感じ。
 ミッションは5速。このあたりはシェルコと共通するスペック。シフトタッチは短めで小気味よい。これも、ちょっとシェルコに似ている。ハンドル切れ角は少なめ。フレームにはフロントフォークの逃げがつくられているが、それでもベータなどの恐ろしいほどき切れ角と比べると、だいぶ少なめ。ただしこれも、シェルコの切れ角の少なさと共通している。
 エンジンは、ピックアップも元気でパワフル。低速で元気のいい2ストロークマシンが少なくなっている昨今、このマシン性格は貴重。フロントフォークはチスパオリジナル(パイオリ製と構造は似ているという)だが、リヤショックや前後ブレーキは実績あるものを使っていて、操縦性もいたって素直。まったくのニューマシンだが、違和感は感じられない。素直なトライアルマシンに仕上がっている。

09チスパリヤショック

 性能に問題ない部分はコストダウンされたパーツが使われていて、商品価値を絶妙に保っている。パイオリ製のリヤショックは、ベータREV-3と同じものが使われている。けっして安くないユニットだから、お金をかけるところには投資をしているとも言える。
 つやのないタンクやフレーム、バフ仕上げをしていないスイングアームなど、仕上がりデザインには賛否のあるところだと思うが、全体的にはけっして派手なイメージではなく、シックな印象。乗り味的にも、これと共通するものを感じる。
 長期間のライディングによる信頼性が実証されるのはまだこれからだが、ストレスのないライディングフィールそのまま、機構的にもストレスなければ、本質的なところでは丈夫なマシンに仕上がっている期待は大きい。
 なお、自然山通信2月号に、モニター価格が誤って掲載された。正しくはこちら。お値段がお安いのも、チスパの大きな魅力だ。
  X125R ¥619,500 – ( 保安部品無・税込 )
  X125R ¥661,500 – ( 保安部品有・税込 )
  X250R ¥640,500 – ( 保安部品無・税込 )
  X250R ¥682,500 – ( 保安部品有・税込 )

関連記事

Vertigo TITANIUM

2017 Vertigo COMBAT TITANIUMについて聞きました

新しいスペインのメーカーVertigoによる「2017 Vertigo COMBAT TITANIUM」が日本に入荷した。Vertigo C…

S3 TENT

S3レーシングテント3mx3m(4面幕付き)¥33,000送料サービス!

三谷モータースポーツより「S3レーシングテント」が発売されました。3mx3mサイズに4面幕付で¥33,000(本体価格)送料サービス。これは…

5/3-4第4回成田匠トライアル合宿

「第4回成田匠トライアル合宿」のお知らせ 日程:5月3日・4日 場所:岡山県笠岡市 白石アイランド 参加費:合宿一人10,000円…

S3 CURVE

S3 CURVE オフセット アルミワイドステップ KIT

「S3 CURVE オフセット アルミワイドステップ KIT」が三谷モータースポーツより発売されました。ゆったりしたポジションにしたい。大柄…

近畿大会レポート

黒山健一、辛勝で開幕2連勝の全日本近畿大会

黒山健一、辛勝で開幕2連勝 終わってみれば、トップ3は大接戦だった。しかして結果は昨年終盤以降、ニューマシンに乗っている黒山健一が開幕…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。