2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版
  53. 2018年3月号

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014年中国大会の砂田

中国大会、IAは砂田真彦初優勝

2014年中国大会の砂田

 2014年全日本選手権第5戦、原瀧山トライアルパークでの中国大会は、今シーズン3人目の初優勝ライダー誕生となった。砂田真彦。強豪ベテランライダーの多い関東にあって、今シーズン4人目の勝ち名乗りをあげ、ランキングでも2位に浮上した。

 ただでさえ滑る原瀧山。そこへ持ってきて前日から未明にかけての激しい雨。コンディションはありえないほど厳しくなった。この日の全日本は、サバイバルな1日となる。滑る路面でマシンを進めるむずかしさは、セクションでもコースでも変わらない。勝負以前に、1周するのに疲労困ぱいするライダーも多い。
「2ラップ目、5点が一つもなかったのが勝因だったかもしれません。なんとか抜ける、というのは、世界選手権で練習を積んでますから、今日はもてぎを走っているつもりで走りました」
 砂田は、毎年世界選手権日本大会に出場している。国際A級でのトップ争いは、どこまでクリーンを増やせるか、という勝負になることが多いが、世界選手権ではいかにセクションを抜け出るかが勝負になる。そういえば、この日のコンディションとライダーの苦戦ぶりは、世界選手権のセクションに通じるものがあったかもしれない。
 1ラップ目の砂田は5位。しかしトップの吉良祐哉とはたったの2点差だった。吉良と藤原慎也が同点、1点差で小谷徹、2点差で岡村将敏と砂田がつけるという1ラップ目の戦況だった。いずれ強豪ばかり。若い吉良にはまだ勝利の経験がないが、他のみんなは勝利経験のあるライダーばかりだ。さらに本多元治、小野貴史といった勝ち方を知っているベテランも控えているし、初優勝したばかりの佐藤優樹もいる。
 2ラップ目に抜群だったのは小野だった。5点はふたつあったものの、11セクション(当初12セクション用意されていたが、7セクションはキャンセルとなった)中4セクションでクリーン。唯一10点台のスコアをマークした。しかし小野は1ラップ目が11位。さすがにここから優勝まで駒を進めることはできなかった。
 砂田の2ラップ目は、クリーンこそ2個と少なかったが、5点が一つもないのは全ライダー中唯一。小野に2点多いだけの21点で2ラップ目をまとめて、3点差で勝利した。

2014中国大会の砂田

「5点がなかったのはよくやったと思いますが、クリーンが少ない。最多クリーン賞の本多さんはクリーンが7つもありますけど、ぼくは3つしかないんです。まだまだ迫力がちがうと思います。ぼくはだいたい地味なんです」
 とちょっと謙遜気味の砂田だが、それこそ、砂田のキャラクターでもある。これでライディングはトップクラスの迫力を持っているのを証明したから、人間に迫力がつけば、もっともっと強い砂田が誕生するはずだ。
 砂田が全日本選手権に参戦を始めたのは2000年から。名門、和光イエローウイングの若手としてデビュー、翌2001年にはランキング7位で国際A級に昇格した(ランキング8位まで昇格圏内だった)。チャンピオンは安藤剛史、同期には永久保恭平、西元良太、宮崎航らがいる。
 なんと砂田は、国際B級でも勝ち星がなかった。なので2000年の初参戦以来、全日本選手権15年目の初優勝、ということになる。
「初優勝ですけど、もう若手じゃないですね。ベテラン? うーん、中堅というところで」
 と自分の立ち位置を分析する砂田。
 ランキングでは今回2位の藤原が安定してポイントを伸ばしているが、砂田は岡村と同点で2位に浮上した。佐藤優樹、小野貴史を加えた4人がランキング2位争いの渦中にいる。

2014中国大会の砂田

関連記事

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

2018年7月号電子版

お待たせしました。世界選手権日本GP特集、第一弾。電子版をお届けします。ダウンロードして、お手元の電子端末でお楽しみください。 (さ…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号は7月6-7の二日間で出荷中です。今回は6月にツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権第2戦STRIDER日本グラ…

ページ上部へ戻る