2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

5月3日全日本鹿児島

090502渋谷

 全日本選手権第2戦九州大会は、明日5月3日、鹿児島県日置市錫山オフロードランドで開催される。
 この地での全日本選手権は今年で3回目。当初は2回連続の予定で開催し、今年は別の開催場所での九州大会となるはずだったが、他会場での開催の都合がつかず、もう一度鹿児島でということになった。
 去年一昨年と雨模様だった大会当日だが、今年はどうやらいい天気に恵まれそう。セクションも、2年続けて雨セッティングとなっていたのが、3年目にして、ようやく本来用意したかったセクションが設営できたと、予定外の3度目の全日本開催は主催者側にとってもよい結果となった。
 今回は、IASクラスに澁谷(渋谷)勲が復帰している。第1戦を欠場した澁谷だが、今回はどんな走りを見せてくれるか、乞うご期待。
 渋谷は2008年は後半戦まで全日本をお休みしたので、錫山を走るのは2007年以来。
●明日は、自然山モバイル速報にて、できる限り試合の速報をお届けする予定です。

090502ミーティング

 今回、メカニックミーティングでトライアル委員長西英樹さんよりすべてのメカニックにお灸が据えられた。鹿児島大会だけのことではないので、ここでご紹介しておきます。
「開幕戦では、メカニックによるセクションをいじる行為が目に余った。これを規制するべきオブザーバーの目が行き届かない、前のライダーがトライしているときなどにこのようなことをするのは、スポーツに参加する者としていかがなものか。華麗なテクニックを楽しみにしているお客さんにも恥ずかしい。
 ハードルレースに参加する選手がハードルを外したり、ハイジャンプの選手がバーの手前に踏み台を置いたり、100m競争をするときに1m先からスタートするなどという選手は見たことがない。メカニック諸君がやっているのは、これと同じことだということをしっかり認識してほしい。
 オブザーバーは、採点をするのが仕事であって、メカニックのマナー違反を取り締まるためにいるのではない。もちろんこういった行為にイエローカードを出すのもオブザーバーの権限のひとつだが、これが本来の仕事ではない。今後メカニックがこういった行為を繰り返すのであれば、イエローカードですますつもりはなく、次の大会へのエントリーを受理しないなどをはじめ、メカニック制度の存続にもかかわる問題となりえることを、脅しではなくみなさんにお伝えしておきたい。
 世界選手権でも、メカニックのこういった行為は厳に慎むべきで、同じような運用をしていくべく、FIMに申し入れるつもりである。
 ライダーの安全を守り、ともに戦うというメカニックとライダーの関係はすばらしいと思うが、今後もメカニックがトライアル大会で重要なポジションであることを守るためにも、メカニック諸君のしっかりした意識を望みたい」
 エントラントと主催者側がけんか腰となるようなスポーツは見たくないし、イエローカードが乱れ飛ぶ試合も興ざめだが、正々堂々のトライアルとはなんなのかも、このへんでみんなが考える必要があるかもしれない。トライアル慣れした目線からすると一般の人がおかしいと思うことも、これがふつうと考えてしまう傾向も、ややもするとありえるから。
 さて、明日はいい日となりますように。
 

関連記事

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

ページ上部へ戻る