2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 動画チャンネル
  2. 原発見学
  3. イベント(大会)
  4. 2017北海道
  5. 動画チャンネル
  6. 2017北海道大会
  7. イベント(スクール)
  8. 2017日本グランプリ公式DVD
  9. 動画チャンネル
  10. 2017全日本北海道までのランキング
  11. 2017全日本北海道リザルト
  12. 2017TDN
  13. 自然山通信2017年7月号
  14. 2017お勉強会
  15. イベント(大会)
  16. 2017フランスGP
  17. MFJトライアル
  18. EXスポーツ FIMトライアル放送
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. 全日本第4戦中国大会レポート
  22. 三谷モータースポーツ新製品
  23. ガスガス用ラジエタープラグ
  24. 動画チャンネルR4中国
  25. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  26. 全日本第4戦中国大会リザルト
  27. リザルト関東
  28. MFJトライアル
  29. 自然山通信6月号電子版
  30. 自然山通信6月号
  31. イベント(その他)
  32. 2017 X-TRIAL DVD
  33. 2日目ボウ
  34. 予選
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(スクール)
  41. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  42. リザルト東北
  43. Honda トライアルファンミーティング
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. 2017玖珠全日本
  48. イベント(大会)
  49. 2017 Hondaトライアルミーティング
  50. MFJトライアル
  51. MFJトライアル
  52. リザルト東北
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信5月号
  55. イベント告知
  56. 2017年5月号電子版
  57. MFJトライアル
  58. Vertigo TITANIUM
  59. リザルト関東
  60. リザルト近畿
  61. S3 TENT
  62. リザルト関東
  63. リザルト沖縄
  64. リザルト中国
  65. S3 CURVE
  66. 近畿大会レポート
  67. リザルト中国
  68. リザルト関東
  69. リザルト関東
  70. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  71. 2017年4月号
  72. 2017年4月号
  73. HRC ハンドルアッパーホルダー
  74. リザルト中国
  75. リザルト中国
  76. リザルト近畿
  77. リザルト関東
  78. TRS用クラッチ
  79. 自然山通信4月号
  80. ステンメッシュオイルフィルター
  81. リザルト中国
  82. リザルト沖縄
  83. リザルト関東
  84. リザルト中部
  85. リザルト関東
  86. Montesa 300RR
  87. リザルト近畿

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

もてぎにルーキークラス



もてぎデビューする山本直樹

 来る6月6日、7日に開催される世界選手権ウイダー日本グランプリに「ルーキークラス」と称される特別枠クラスが設けられることになった。
 世界選手権のユースクラスは、16歳から18歳までと規定されているが、現在国際B級ランキングトップの山本直樹選手は15歳で、これに参加する資格がない。
 そこで、MFJトライアル委員会がFIMともてぎと競技して、このクラスを設置することになったもの。このクラスの参加者は、前述の山本直樹をはじめ、漢那史哉、岩田悟、鈴木克敏の4名となる。
*一部規則についてのまちがいがありましたので、追記にて訂正しました。


 大会特別規則によると、このクラスに参加できるのは年齢などの点で参加資格がなく、かつこれまでに決められている参加資格を満たしているライダーということになる。

2008年トライアルグランドチャンピオン大会のグランドチャンピオンクラス上位5名で2009年MFJトライアル国際B級ライセンス所持者または2009年MFJトライアル国際B級以上のライセンスを所持する女性。※ライダーは2009FIMトライアルライセンス所持者。年齢制限は設けない。

 さらにこれに参加できるのは2日間制のうち土曜日のみ。成績を目指す参戦ではなく経験値を積んでもらおうという趣旨なので、日曜日は世界の走りをじっくり見てもらおうという思いも込められている。
 参加車両に、排気量制限はない。ユースクラスだと16歳以上であるとともに排気量125cc以下という制限がつくが、これも今回だけの特別規則。ゼッケンは、ユースクラスの緑地に白数字に対し、白地に緑数字となる。
 セクションやルールはユースクラスそのままだが、これによるユースクラスのポイントは与えられない。あくまで賞典外としての扱いだ。
 これにより、年齢の満たなかった将来性あるライダーが、世界選手権の舞台を体験することができるようになった。
 ところで、諸外国では、ユースクラスやジュニアクラスに、年齢資格のないライダーが参加することは少なくない。アイルランドやポルトガルなど、その国のトップライダーが世界選手権を走るだけの技量がなく、かつ20歳を超えている場合、本来なら世界選手権を走る資格がない。しかしそれでは地元としてもおもしろくないしということで、30すぎのおっさんが、18歳くらいの若いライダーに混ざって、そしてときにいぶし銀のようなテクニックを披露しながら観客の声援に応えているシーンは、けっして珍しいことではない。
 こういう場合、リザルトにはゲスト参加として記録されていて、もちろん選手権ポイントなどは加算されない。
 これまで、16歳に満たないライダーの参加は、世界的には例がなかった。ひとつには、日本以外の世界選手権は例外なく公道を使って開催されるので、運転免許の所持が不可欠になる。なので16歳未満のライダーは、道路交通法(諸外国にこんな法律があるかどうかはともかく)的に参加ができないということになる(もっとも、かつてはこのへんもおおらかで、16歳未満のライダーが世界選手権を走った玲も数多い)。免許の問題がなければ、15歳のライダーが賞典外としてユースクラスに参加するという図式も、すでにあったのではないかという気もしないでもない。
 たとえばユースクラスでチャンピオンをとった場合、翌年は自動的にジュニアクラスに昇格になる。16歳でユースチャンピオンになると、翌年は17歳でジュニアクラスを走ることになる。ジュニアは18歳から20歳までとなっているから、本来資格がないはずだが、これは過去にも例がある。
 2004年にユースチャンピオンとなったダニエル・ジベールは2005年に17歳でジュニアクラスを走っている。同い年で2004年のユースクラスでランキング2位となったダニエル・オリベラスは、2005年はユースクラスに残ってチャンピオンとなった。18歳未満でジュニアクラスを走るライダーは、チャンピオン経験者に多いが(アレックス・ウイグもそう)、彼らはジュニアクラスでも125ccを使用する。免許を持っていない(はず)だから、ライバルが300ccに乗っているからといって、125cc以外に乗るわけにはいかないのだ。
 こう考えると、今回の場合、単純にユースクラスに賞典外参加すればよかったのではないかといも思うのだが(同様に、20歳以上のライダーがジュニアクラスやユースクラスに参加してもいい)、日本人はなにごとも筋道を立ててきっちり処理するのが伝統だ。きちんとした規則書のもと、16歳未満のライダーが参加できるようになったのは、とてもよろこばしいことだ。
 なお今回、女性ライダーについての記述もあるが、女性ライダーはFIMの規則的に、年齢制限からはずれていて、ユース、ジュニアの両クラスに参加できることになっている。20歳をすぎたライア・サンツがジュニアクラスに参加している(いた?)のもこの規則に則ってのことだ。
<追記>
 知らないうちに、F.I.M.の規則が改定されていた。ジュニアクラスは、23歳(そのシーズン中に23歳になるものまでを含む、みたいな数え方)までが参加できる。20歳までのクラスだったけど、少し幅が広がったことになる。世界選手権は、18歳以上なら出場可能となっている。

関連記事

原発見学

福島原発を、見る

原発見学に行ってきた。 うちから25km弱のところにある二つの原子力発電所施設。でもそこは、なかなか見に行ったりすることができないとこ…

イベント(大会)

9/17第245回ケニーズ杯

第245回ケニーズ杯プレミアムバージョン 日程  9月17日(日)  前日、女子のみプレミアムスクール・人数限定 場所  広島…

2017北海道

北海道、オールクリーンのLTR、IBと雨のIA

24名が参加のIA、30名が参加のIB、そしてLTRは4名。このうち、3名のライダーが10セクション2ラップをオールクリーンした。LTRでは…

動画チャンネル

動画チャンネルもう一つの北海道カメラを追加

全日本選手権R5北海道大会、noppara-tsushin映像を自然山通信動画チャンネルにリンクしました。sumimitumaruさん映像と…

2017北海道大会

小川友幸3連勝で5連覇に近づく

全日本選手権第5戦、北海道大会。今年もまた、海の日の三連休の日曜日、旭川から30分の上川郡和寒サーキットでの開催となった。結果は、意外なこと…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。