2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 動画チャンネル
  2. 2日目ボウ
  3. 予選
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(スクール)
  10. 2017お勉強会
  11. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  12. リザルト東北
  13. Honda トライアルファンミーティング
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. 2017玖珠全日本
  18. イベント(大会)
  19. 2017 Hondaトライアルミーティング
  20. MFJトライアル
  21. MFJトライアル
  22. リザルト東北
  23. リザルト関東
  24. 自然山通信5月号
  25. イベント告知
  26. イベント告知
  27. 2017年5月号電子版
  28. MFJトライアル
  29. Vertigo TITANIUM
  30. リザルト関東
  31. リザルト近畿
  32. S3 TENT
  33. リザルト関東
  34. リザルト沖縄
  35. リザルト中国
  36. S3 CURVE
  37. 近畿大会レポート
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. リザルト関東
  41. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  42. 2017年4月号
  43. 2017年4月号
  44. HRC ハンドルアッパーホルダー
  45. リザルト中国
  46. リザルト中国
  47. リザルト近畿
  48. リザルト関東
  49. TRS用クラッチ
  50. 自然山通信4月号
  51. ステンメッシュオイルフィルター
  52. リザルト中国
  53. リザルト沖縄
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. リザルト関東
  57. Montesa 300RR
  58. リザルト近畿
  59. イベント(大会)
  60. 2017X2オーストリア
  61. トムスストロングガードTRS用
  62. 自然山通信2017年3月号電子版
  63. 自然山通信2017年3月号
  64. リザルト中部
  65. モータースポーツ活動計画発表会
  66. 2017 Scorpa Racing SC250
  67. イベント(大会)
  68. MFJトライアル
  69. リザルト中国
  70. リザルト関東
  71. リザルト沖縄
  72. 自然山通信3月号
  73. Vertigoカーボンスイングアームプロテクター
  74. 2017 BETA EVO factory model
  75. リザルト関東
  76. リザルト関東
  77. リザルト中国
  78. イベント(大会)
  79. イベント(スクール)
  80. イベント(その他)
  81. 2017年富岡キャッチ
  82. イベント(大会)
  83. リザルト中国
  84. イベント(大会)
  85. 2017バルセロナ
  86. リザルト中国
  87. 1702電子版

    2017.02.03

    1702電子版
  88. 1702
  89. TRS One Raga Racing

ベータ

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ベータ祭という出会いの場

正しくは、ベータオフロードパーティというイベントなのだが、すっかりベータ祭という愛称で親しまれているこのイベント、今年は12月18日に開催された。会場は小川毅士が管理人を務めるオフロードパークSHIRAIだ。

ベータという名前は冠しているが、ベータ乗りでなければ仲間には入れないということはない。ホンダもガスガスもヤマハもシェルコも、いろんなのが集まっている。ミニモトクロッサーに乗っている子どもとかもいる。ちょっと大げさに言えば、関東圏のオフロードファンはみんなここに集結している、という感じだ。

2016ベータ祭講師

ベータのイベントらしさを感じるのは、スクールの講師陣にベータのライダーがずらりと顔をそろえていること。トライアルで言えば、小川毅士(IASランキング4位)、田中善弘(IASランキング6位)、成田亮(IASランキング11位)、永久保恭平(IAランキング4位)、磯谷玲(IAランキング5位。2017年はIASを走る)、山崎頌太(IAランキング12位)、磯谷郁(IBランキング6位)、西村亜弥(レディースチャンピオン)、宮崎航(小川毅士アシスタント。IAライダー)と豪華絢爛(野本佳章は別イベントがあって、土曜日の準備のあと、会場をあとにした)。エンデューロも、ベータに乗るライダーがずらりと勢ぞろいだ。

2016ベータ祭移動

オフロードパークSHIRAIは、駐車場からパークのメインエリアまでが、そこそこのオフロードコースになっている。トライアルライダーなら、なんでもない移動コースだけれど、初心ライダーやトライアル経験のないオフロードライダーだと、もしかするとちょっと厳しいかもしれない移動になる。でもみんな、るんるんしながら山の上まで上がっていたから、きっとちょっと苦労しただけですんだんですね(移動だけでおなかいっぱい、といってた人もいた)。

2016ベータ祭エンデューロの楽しみ

オフロードパーティとはいえ、SHIRAIのコースにはモトクロスができるようなトラックはない。だからスピード系を楽しみたい人たちには、このイベントは向いていないと思われる。トライアルはもちろんだけど、エンデューロの人たちも、この日は悪路走破を楽しむのを目的としている。

2016ベータ祭EDセクション

こんな大岩を攻略しようとするエンデューロライダーたちは、やってることはもはやトライアルだと思うのだけど、会場でストレンジモーターサイクル(宮城県)の和泉拓さんとお話しして「なるほど!」と思ったのは、エンデューロとトライアルは、同じ会場で同じことをやっていても、まったく別の楽しみだという思いを持っている人が多いのではないかということだった。朝をかきながら登山道を歩いている人に、オートバイのライダーが(そこで登山者とオートバイが出あうのはどうよ、という常識的懸念は置いておいて)オートバイの方が楽しいですよ、といってもよけいなお世話なのと同様、エンデューロマシンで岩を乗り越えるについては、トライアルバイクで同じことをするのとはまったく別のものなのだということだった。

2016ベータ祭会場

エンデューロをやっている人で、トライアルバイクを持っている人はけっこういる。そういうみんなに出会ったわけではないけれど、彼らのトライアルバイクはテクニックの練習用であって、トライアルを楽しむためのものではない。ご本人にとってメインのマシンではないから、どうしてもガレージにおいて置かれることが多くなる。そして乗らなくなってしまうのではないかということだった。

2016ベータ祭TRスクール

そんな中でも、今回はトライアルの体験コースや初級者クラスのスクールが人気で、トライアルを始めてみたい、という人の勢いは感じとることができた。トライアルはなかなか敷居が高い世界でもあるから、始めたい人の思いのすべてをかなえてあげられてこなかった、ということもあるんじゃないかと思う。こういうイベントがその解決策のすべてではないはずだけれど、一助にはなるにちがいない。

2016ベータ祭頌太

イベントの締めくくりは、まずはトライアルのデモンストレーションから始まった。ライダーはずらりと勢ぞろいしている。2017年にIBゼッケン1番となる磯谷郁(いそがやかおる)にはちょっと荷が重いセクションだったが、それでも果敢にトライして、特にベータファンのみんなに雄姿を見せた。郁に続いてトライした山崎頌太は国際A級1年目。後輩に対して、しっかり先輩の実力を見せなければいけないプレッシャーを跳ね返して、華麗な走りを見せていた。

2016ベータ祭あきら

ご注目はこの人。磯谷玲(いそがやあきら)。IAランキング5位ながら、2017年はIASに挑戦する。ルーキーのIAS挑戦はこのところなかなか険しい印象が強いが、このルーキーはどんな戦いぶりを見せてくれるだろうか。

若いスターたちのあと、成田亮、田中善弘、小川毅士のトップスターは、さらに大岩に挑戦、ギャラリーをびっくりさせてデモンストレーションを締めくくった。トライアルは、行く先々でこういうデモンストレーションができて、多くの人を楽しませることができる。ただしそれもそれができる人がいるからであって、これだけのライダーを集めるベータという集合の強さの現われでもある。

2016ベータ祭成田

すべての最後に用意されていたのは、エンデューロライダーとトライアルライダーのよーいどんの競争だった。エンデューロライダーにも障害物の大岩は用意されていたが(へたくそトライアルライダーでは越えられない)、トライアルライダーに指示されたルートにはさらに大岩が続いていて、スーパークラスのライダーでないと走破はできないのではないかという難所続き。ご指名のライダーは成田、田中、小川の3人。彼らはひるむことなく、しかも立ち止まることなく、大岩を次々に走破していって、エンデューロライダーのスピードに挑んでいった。結果は負けちゃったけど、いやこれはコース設定次第でいくらでも結果は変わってくるから、今回の勝負はトライアルライダーにはちと厳しかった。それでも、意外なスピードは思い知ってもらえたはずだ。

2016ベータ祭集合写真

いいマシンを作って売るのがメーカーのお仕事だけど、日本のオフロード界にはメーカーの存在が希薄になっている。となると、いいマシンを売りながら、どのようにお客さんを楽しませていくかも、これからのインポーターの大事な仕事になっていくのかもしれない。

関連記事

2日目ボウ

もてぎDay2はボウ優勝、ラガ2位、藤波は5位

5月28日、世界選手権日本グランプリ2日目。土曜日は圧倒的強さを見せつけたトニー・ボウだったが、日曜日は接戦を制して勝利、2年ぶりに両日制覇…

もてぎDay1速報・ボウ優勝フジガス3位!

2017 FIMトライアル世界選手権第2戦日本大会。トニー・ボウは圧勝、2位には予選でベストタイムをたたき出したジェイムス・ダビルが入った。…

予選

金曜日のもてぎ、予選

5月25日、世界選手権トライアル第2戦日本大会。 今回からプロモーターがついて、いろいろと新機軸が盛り込まれている。 そのひとつが、予選…

イベント(大会)

8/6 2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

10/8第2回岩手ツインショックトライアル大会

 ビンテージマシンや旧車を走らせて、トライアルの魅力を実感してみませんか! 初心者から、昔は鳴らしたテクニシャン?までみんなが楽しめて笑顔に…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。