2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. 2017お勉強会
  4. TY-Eデビューラン
  5. 自然山通信電子版4月号
  6. 自然山通信2018年4月号
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト関東
  11. リザルト近畿
  12. リザルト四国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2018年3月号電子版
  17. 2018年3月号
  18. 1802木彫山本さん
  19. HOSTAL DEL GUIU
  20. イベント(スクール)
  21. 2018 TRRS RAGA RACING
  22. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト四国
  30. フロントフォークプロテクター
  31. Vertigo VERTICAL
  32. 三谷アルミニップル
  33. リザルト中国
  34. TLM50用スプロケット
  35. JITISIEカーボンプロテクター
  36. イベント(大会)
  37. リザルト中国
  38. イベント(スクール)
  39. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  40. 自然山通信2018年2月号発売
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  45. リザルト九州
  46. リザルト中国
  47. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  48. イベント(大会)
  49. T-TRIAL R2モンペリエ
  50. リザルト中国
  51. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波、ボウに肉薄……

2日めの藤波

 6月7日、開けて日曜日。暑いくらいのいいお天気。試合は、結果的には機能と同じ上位4名の顔ぶれとなった。しかしその内容は、藤波が試合をリードし、最後はボウに追いつかれ、同点クリーン差を争うという緊迫戦。ボウと藤波は20点の同点で、クリーン数ひとつの差で勝利が決した。
 3位ラガは10点差。
 日本勢は、黒山が7位と好調。小川友幸が12位、野崎が13位、小川毅士が14位となった。


 藤波は、今年はじめて最後から2番めのスタート位置を手に入れた。
 はたして、いるべきポジションを得た藤波は強かった。序盤にはいくつかミスをして失点するものの、5点のないままセクションをこなしていく。
 ボウは土曜日同様に調子のいい走りを展開していくが、第6セクションでカードを動かしたということで5点をカウントされた。これでトップはラガ、藤波が2位、3位がボウという展開となった。
 きのうはボウの独擅場だった第9セクションでは、藤波が2点をマークして気を吐いたが、ボウが1点、さらにはラガがクリーンと大金星。トップはラガ、2位と3位を藤波とボウが分け合うという結末を思い浮かべた直後、11セクションで大きな変化が待っていた。
 藤波が豪快に土を蹴って斜面を登りクリーン。これに続いたラガとボウはともに5点。ここでトップは藤波のものとなった。
 トップを守りたい藤波は、しかしその第9セクション、入り口の岩を乗り越えきれずに5点。ここはラガも5点となり、2位争いの勝利は確定的となったが、トップ争いは混沌としてきた。これでボウと藤波は同点だ。
 その後、勝負どころとなるのは11セクションだったが、ここではトップ3はそろって5点。藤波の5点を見たラガとボウは、ラインを変えて斜面に挑むも、歯が立たずに終わっている。
 残るセクション、ボウと藤波はがまんくらべのようにクリーンを連発する。そして最終セクションをクリーンした両者。集計したスコアは、ともに減点20。そしてクリーン数は、藤波が22、ボウが23だった。
 1ラップ後半から試合終了まで、息つまる戦い。戦いの頂点の主役に、藤波貴久が帰ってきた。

関連記事

うさぎの飼い方・飼われ方

うさぎを飼うのはむずかしいのかと聞かれたので、知ったかぶりしてうちのウサギがどんなふうに飼われているのかをご紹介します。 あまり参考に…

2017お勉強会

5/19川内村お勉強会

 2010年、2012年〜2017年と開催して好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。  福島県双葉…

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本近畿、加賀、西村、和田、ベテラン強し

4月15日、全日本第2戦近畿大会。 IAは加賀国光がさすがの勝利。ベテラン勢が上位を占めたが、武田呼人が1ラップ目にトップで5位に入っ…

ページ上部へ戻る