2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. TRIAL動画チャンネル
  3. TY-Eデビューラン
  4. 自然山通信電子版4月号
  5. 自然山通信2018年4月号
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト関東
  10. リザルト近畿
  11. リザルト四国
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. 2018年3月号電子版
  16. 2018年3月号
  17. 1802木彫山本さん
  18. HOSTAL DEL GUIU
  19. イベント(スクール)
  20. 2018 TRRS RAGA RACING
  21. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト四国
  29. フロントフォークプロテクター
  30. Vertigo VERTICAL
  31. 三谷アルミニップル
  32. リザルト中国
  33. TLM50用スプロケット
  34. JITISIEカーボンプロテクター
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. イベント(スクール)
  38. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  39. 自然山通信2018年2月号発売
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  47. イベント(大会)
  48. T-TRIAL R2モンペリエ
  49. リザルト中国
  50. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  51. 2017お勉強会
  52. リザルト関東
  53. イベント(その他)
  54. リザルト関東
  55. リザルト中部
  56. ぱわあくらふとのワイドステップ
  57. リザルト中国
  58. 三谷モータースポーツの新製品情報
  59. 2018年1月号電子版発売しました
  60. 年末年始休業のお知らせ
  61. 2018年1月号発売のお知らせ
  62. イベント(大会)
  63. 2017.12.24

    第8回SPGG杯
  64. 2018 SCORPA Racing
  65. 久岡孝二Victoryヤマハチームへ
  66. 自然山通信2018年1月号
  67. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トライアル同窓会

0907同窓会

前列左が近藤博志さん、右丸山胤保さん
チャンピオンマシンに手をかけているのが山本昌也さん

 ウイダー日本グランプリの翌日、ちょっとお天気がぐずつき気味の月曜日に、ひそかにすてきな催しが開催されていた。月曜日だし、誰も彼もが参加できる日取りでないのはもちろんだけど、参加者は正直少なかった。でもだからこそなのか、月曜日のもてぎには、すてきな時間が流れていたのだった。
 このイベント、トライアル同窓会と銘打たれて、かつての全日本チャンピオン(場所柄、ホンダに乗ったチャンピオンたち。近藤博志さん、丸山胤保さん、山本昌也さん)が講師となるスペシャルイベント。スクールはもちろんだけど、まだテープの撤去もされていない世界選手権のセクションを(歩いて)体験してみるというこの日程ならではのお楽しみもあった。まず、最初に記念写真を撮る段階から、お宝マシンが登場。RTL360と、山本昌也絶好調時代のRS250TW。どちらも二本ショックの往年の名車です。


 チャンピオン3人によるスクールはいかにも贅沢で、しかもアクティブトレーニングセンターのインストラクターも同行して進行するという至れり尽くせり。トライアルスクールは各所にすてきなのがたくさんあるけれど、専任のインストラクターと全日本チャンピオンの組み合わせはなかなか得難い。こういう組み合わせで発見したのは、インストラクターのみなさんはきちんと教育を受けてきたライダーで、フォームがかっちり型になっている。そして何人かいるインストラクターさんが、同じような走り方をする。一方チャンピオンたちは、それぞれフォームも個性的で、走り方もいろいろ。共通しているのは、うまいということだけだ。いい意味で、自己流で頂点にのぼりつめたのが、チャンピオンたちなのではないだろうか。いえ、こういう発見をするイベントではないのだけど、インストラクターのみなさんと一般のみなさん、そしてチャンピオンのみなさん(!)の走りを見比べているうち、ついこんな考察をしてしまいました。
 イベントメニュールは、世界選手権で使ったメカニック導線を走ってみようというのもあった。世界のトップライダーはともかく、重たいリュックを背負いながらライダーについていくマインダーたち。彼らがそれなりにライダーとしてもテクニックを持っているのだということが、こういう導線を走ってみるとちょっとわかる。そういえば、金曜日にライダーの下見についていくふりをして、土曜日日曜日のための練習をしていたマインダーさんもいらした。ライダーとしてのメカニック業も、これでなかなかたいへんなのだ。
 セクションは、3セクション、4セクション。それからハローウッズの6セクション、7セクション。さらに岩盤の13セクションを歩いてみた。お客さんはセクションには立ち入れないし、これはなかなかの貴重な経験。歩いてはとてもとても踏破できない地形の連続であることが、これでもかというくらいに思い知れる。
 さて、自然山通信的にイベントのハイライトはこれ。チャンピオンのみなさんの中では一番若い山本昌也さん(82年〜86年5年連続チャンピオン)が(それでももう50歳だけど)13セクションの後半部分にトライするということになった。今、藤波貴久やトニー・ボウがセクションに入るそぶりを見せるだけでピリッとした緊張感が流れるが、それと同じ緊張感が、25年前には昌也さんの周囲に流れていたものだった。もちろん30年前には丸山さんの、35年前には近藤さんがそういう空気を作っていたものだった。この日のトライはうんとリラックスしたもので、そういう緊張感はさっぱりなかったけれど、ジュニアのラインを2回目にクリーン(入り口のでっかい丸太は、失敗した時のリスクがでっかすぎるから、あれはパスなすった)したのは、やっぱりさすがだった。
 歴代チャンピオンたちの活躍を知る人たちの同窓会というふれこみのイベントだったけど、トライアルの楽しみは歴史を超える。楽しいイベントだから、同窓会だけでなく、入学式としても(実際、トライアルを知ったのが前日、つまり世界選手権を観戦して、その翌日このイベントに参加したという方もいらした)とてもいい一日だった。来年も、世界選手権のセクションを歩き、コースを走ってみる復習イベント、あるといいな。

関連記事

小川友幸、奇跡的大逆転の2018近畿大会

2018年第2戦近畿大会は、4月15日、和歌山県の湯浅トライアルパークで開催された。天気予報は土曜日から日曜日にかけて春の嵐ということで、悪…

2018全日本第2戦現在ランキング

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。 ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってる…

2018全日本第2戦近畿大会

2018トライアル全日本選手権シリーズ 第2戦近畿大会 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 観客数:1,150人 雨の…

三七三の再開にうれし涙なう

三七三が帰ってきた。震災前からやっている食べ物屋さんは、ここ数年どこも閉まっちゃっていて、とってもさびしかったのだけど、そのひとつが戻ってき…

黒山健一は世界チャンピオンになれるか

黒山健一が、世界チャンピオンを目指して、7月の世界選手権トライアルGPの2戦に参戦する。野崎史高(2002年ジュニアチャンピオン)、藤波貴久…

ページ上部へ戻る