2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト関東
  6. 1日目優勝のファハルド
  7. イベント(大会)
  8. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  9. リザルト東北
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト四国
  14. リザルト中国
  15. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  16. 全日本R3九州までのランキング
  17. 全日本R3九州リザルト
  18. 2018EMと成田匠.fr
  19. MFJトライアル
  20. 1805電子版
  21. 2018年5月号
  22. リザルト近畿
  23. ムーブレバー
  24. トムス新製品
  25. リザルト関東
  26. リザルト関東
  27. リザルト関東
  28. リザルト中国
  29. リザルト四国
  30. リザルト関東
  31. 2017お勉強会
  32. TY-Eデビューラン
  33. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  34. 自然山通信電子版4月号
  35. 自然山通信2018年4月号
  36. リザルト中国
  37. リザルト中国
  38. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト近畿
  44. リザルト関東
  45. リザルト四国
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. 2018年3月号電子版
  50. 2018年3月号
  51. 1802木彫山本さん
  52. HOSTAL DEL GUIU
  53. イベント(スクール)
  54. 2018 TRRS RAGA RACING
  55. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  56. イベント(スクール)
  57. イベント(スクール)
  58. リザルト沖縄
  59. イベント(スクール)
  60. イベント(大会)
  61. イベント(大会)
  62. イベント(大会)
  63. リザルト四国

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

アフターWCTトライアルスクール

みんなで記念写真

 6月7日、世界選手権翌日の月曜日。興奮もさめやらぬツインリンクもてぎで、すてきなイベントが開催された。前の日に世界選手権を戦ったばかりの、藤波貴久、小川友幸を特別講師に招いてのトライアルスクールだ。
 講師は二人だけじゃない、世界選手権ではセクションコーディネーターを務めた本多元治、小川友幸のマインダーを務めた田中裕大も顔を連ねている。世界を戦う藤波、全日本で勝利したばかりの小川、小川とのコンビネーションもばっちりの裕大、そしてA級トップクラスの実力を持ち(裕大もA級トップクラスの実力者だった)セクション造りへの造詣も深い本多。
 しかも会場は、前の日に世界選手権が開催されたばかりのツインリンクもてぎ。世界選手権の会場の一部を使いながら、そのスケジュールは進行していく。

1006ASTP藤波

 タイトルはスクールとなっているが、これは、スクールという場を通じて、世界のトップライダーとファンがかつてないほどひとつにあって遊べる交流イベントだ。いっしょにご飯を食べ、同じ場所を共有する。いわゆるスクールだと、メニューがもっときちんきちんと進んでいくものだけど、今回は主役藤波貴久を中心に藤波ペースで時間が流れていく。準備体操のリードをといわれて、困りながら、助けを求めながら、自分なりのストレッチを披露する藤波。その一言一言に、世界を戦うエピソードや、自分なりのノウハウがこめられていて、たいへんすてきな準備体操になった。

1006ASTPお助け

 ASTPの山に出向いてのスクールは、世界チャンピオン、全日本チャンピオン含む、4名のA級ライダーを指導者として、あるいはお助けとして、ぜいたくなメニュー。ほとんどの参加者はトライアルはある程度のベテランとお見受けしたが、中にTLR200Rで悪戦苦闘する参加者あり。J Sportsの番組、車輪倶楽部のナビゲーター、田村十七男さん。おっこなびっくりひざ上のステアケースをやらされて、3度目に極意を会得。感想は「藤波選手の教え方がうまくなった」だったけど、たぶん田村さんもずいぶん上達されて、藤波語がわかるようになったんですよ、きっと。
 さてそれからカリキュラムは、世界選手権のコースを走ってセクションへ移動する。世界選手権のコースだから、コースといえどもそれなりの難度はある。というより、こんなところを走れるのは、この日の参加者だけの特権だ。トニー・ボウだって、大会の時以外のもてぎを走るのはまかりならんのだ。

1006ASTPコリドー

 セクションには、なんと、参加者の名前が記されたスコアボードも用意されていた。藤波やボウの名前も並んでいる。これできのうの大会のまんま、コリドー(セクションインする前の白い網に囲まれた通路みたいなもの)からセクションインをすれば、気分はまるごと世界選手権ライダーだ。
 セクションインから本番さながらに掛け合いをしながら、小川友幸と田中裕大によるマインダーつきのトライや、藤波や小川にあおられて困りながらも世界選手権ジュニアクラスの第4セクションをクリーンした本多元治のライディングなど、用意されていたわけではない(予定通りのものもあったけど、その場のなりゆきも多かった)珠玉のエンターテインメントが数々。土曜日にゲスト参加した大神智樹選手も参加者としてここにいたが、藤波も大神くんには容赦ない。いけなかったという第3セクションを再びトライするように指示。サポートは万全だから思い切っていけ、というアドバイスを受けて、思い切ってまくれかえらんとする智樹。がっちり支えたのは、藤波ではなく、どこまでも心強い田中裕大だった。
 ASTPでは、スクールという形式を守りながら、こんな交流イベントをこれからも用意していきたいということだから、今回の参加者のことがうらやましかったみなさんは、今後のツインリンクもてぎ・ASTPの告知には目を光らせるように。

関連記事

アベ精工のTLM50用トップブリッジ

根強いファンが乗り続けているHONDA TLM50用のトップブリッジと、専用ハンドルアップスペーサーがアベ精工から発売されています。共同開発…

イベント(大会)

8/26夏の梅ヶ島大会

TEAM P.F.T. から梅ヶ島大会の日程変更のお知らせです。 空気は何色? 太陽の7色によって透明な空気が変化する心の色。 エ…

へそ曲がり的、廃炉と汚染土壌

福島県の昨日のビッグニュースは、東電が福島第二原発の廃炉を表明したことだった。福島県が原発ゼロになるのは福島県民の悲願だったとのことなので、…

アルミ軽量ラジエターキャップTOM’Sから

京都のトライアルショップ「TOM'S」からアルミ軽量ラジエターキャップが発売されました。対応機種はTRS、GASGAS。 (さらに&he…

チタン製リアディスクプロテクトプレート

丈夫で軽い。チタン製リアディスクプロテクトプレートが、三谷モータースポーツより発売されました。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る