2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 動画チャンネル
  2. 予選
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(スクール)
  9. 2017お勉強会
  10. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  11. リザルト東北
  12. Honda トライアルファンミーティング
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017玖珠全日本
  17. イベント(大会)
  18. 2017 Hondaトライアルミーティング
  19. MFJトライアル
  20. MFJトライアル
  21. リザルト東北
  22. リザルト関東
  23. 自然山通信5月号
  24. イベント告知
  25. イベント告知
  26. 2017年5月号電子版
  27. MFJトライアル
  28. Vertigo TITANIUM
  29. リザルト関東
  30. リザルト近畿
  31. S3 TENT
  32. リザルト関東
  33. リザルト沖縄
  34. リザルト中国
  35. S3 CURVE
  36. 近畿大会レポート
  37. リザルト中国
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  41. 2017年4月号
  42. 2017年4月号
  43. HRC ハンドルアッパーホルダー
  44. リザルト中国
  45. リザルト中国
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. TRS用クラッチ
  49. 自然山通信4月号
  50. ステンメッシュオイルフィルター
  51. リザルト中国
  52. リザルト沖縄
  53. リザルト関東
  54. リザルト中部
  55. リザルト関東
  56. Montesa 300RR
  57. リザルト近畿
  58. イベント(大会)
  59. 2017X2オーストリア
  60. トムスストロングガードTRS用
  61. 自然山通信2017年3月号電子版
  62. 自然山通信2017年3月号
  63. リザルト中部
  64. モータースポーツ活動計画発表会
  65. 2017 Scorpa Racing SC250
  66. イベント(大会)
  67. MFJトライアル
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. リザルト沖縄
  71. 自然山通信3月号
  72. Vertigoカーボンスイングアームプロテクター
  73. 2017 BETA EVO factory model
  74. リザルト関東
  75. リザルト関東
  76. リザルト中国
  77. イベント(大会)
  78. イベント(スクール)
  79. イベント(その他)
  80. 2017年富岡キャッチ
  81. イベント(大会)
  82. リザルト中国
  83. イベント(大会)
  84. 2017バルセロナ
  85. リザルト中国
  86. 1702電子版

    2017.02.03

    1702電子版
  87. 1702
  88. TRS One Raga Racing
  89. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

アフターWCTトライアルスクール

みんなで記念写真

 6月7日、世界選手権翌日の月曜日。興奮もさめやらぬツインリンクもてぎで、すてきなイベントが開催された。前の日に世界選手権を戦ったばかりの、藤波貴久、小川友幸を特別講師に招いてのトライアルスクールだ。
 講師は二人だけじゃない、世界選手権ではセクションコーディネーターを務めた本多元治、小川友幸のマインダーを務めた田中裕大も顔を連ねている。世界を戦う藤波、全日本で勝利したばかりの小川、小川とのコンビネーションもばっちりの裕大、そしてA級トップクラスの実力を持ち(裕大もA級トップクラスの実力者だった)セクション造りへの造詣も深い本多。
 しかも会場は、前の日に世界選手権が開催されたばかりのツインリンクもてぎ。世界選手権の会場の一部を使いながら、そのスケジュールは進行していく。

1006ASTP藤波

 タイトルはスクールとなっているが、これは、スクールという場を通じて、世界のトップライダーとファンがかつてないほどひとつにあって遊べる交流イベントだ。いっしょにご飯を食べ、同じ場所を共有する。いわゆるスクールだと、メニューがもっときちんきちんと進んでいくものだけど、今回は主役藤波貴久を中心に藤波ペースで時間が流れていく。準備体操のリードをといわれて、困りながら、助けを求めながら、自分なりのストレッチを披露する藤波。その一言一言に、世界を戦うエピソードや、自分なりのノウハウがこめられていて、たいへんすてきな準備体操になった。

1006ASTPお助け

 ASTPの山に出向いてのスクールは、世界チャンピオン、全日本チャンピオン含む、4名のA級ライダーを指導者として、あるいはお助けとして、ぜいたくなメニュー。ほとんどの参加者はトライアルはある程度のベテランとお見受けしたが、中にTLR200Rで悪戦苦闘する参加者あり。J Sportsの番組、車輪倶楽部のナビゲーター、田村十七男さん。おっこなびっくりひざ上のステアケースをやらされて、3度目に極意を会得。感想は「藤波選手の教え方がうまくなった」だったけど、たぶん田村さんもずいぶん上達されて、藤波語がわかるようになったんですよ、きっと。
 さてそれからカリキュラムは、世界選手権のコースを走ってセクションへ移動する。世界選手権のコースだから、コースといえどもそれなりの難度はある。というより、こんなところを走れるのは、この日の参加者だけの特権だ。トニー・ボウだって、大会の時以外のもてぎを走るのはまかりならんのだ。

1006ASTPコリドー

 セクションには、なんと、参加者の名前が記されたスコアボードも用意されていた。藤波やボウの名前も並んでいる。これできのうの大会のまんま、コリドー(セクションインする前の白い網に囲まれた通路みたいなもの)からセクションインをすれば、気分はまるごと世界選手権ライダーだ。
 セクションインから本番さながらに掛け合いをしながら、小川友幸と田中裕大によるマインダーつきのトライや、藤波や小川にあおられて困りながらも世界選手権ジュニアクラスの第4セクションをクリーンした本多元治のライディングなど、用意されていたわけではない(予定通りのものもあったけど、その場のなりゆきも多かった)珠玉のエンターテインメントが数々。土曜日にゲスト参加した大神智樹選手も参加者としてここにいたが、藤波も大神くんには容赦ない。いけなかったという第3セクションを再びトライするように指示。サポートは万全だから思い切っていけ、というアドバイスを受けて、思い切ってまくれかえらんとする智樹。がっちり支えたのは、藤波ではなく、どこまでも心強い田中裕大だった。
 ASTPでは、スクールという形式を守りながら、こんな交流イベントをこれからも用意していきたいということだから、今回の参加者のことがうらやましかったみなさんは、今後のツインリンクもてぎ・ASTPの告知には目を光らせるように。

関連記事

予選

金曜日のもてぎ、予選

5月25日、世界選手権トライアル第2戦日本大会。 今回からプロモーターがついて、いろいろと新機軸が盛り込まれている。 そのひとつが、予選…

イベント(大会)

8/6 2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

10/8第2回岩手ツインショックトライアル大会

 ビンテージマシンや旧車を走らせて、トライアルの魅力を実感してみませんか! 初心者から、昔は鳴らしたテクニシャン?までみんなが楽しめて笑顔に…

イベント(大会)

6/25 2017 メッツカップ第2戦

メッツクラブでは初心者の方も安心して楽しめ元気の出るトライアルを目指しています。ぜひ一日お楽しみください。 (さらに……

イベント(大会)

6/11遊ingトライアル

2017遊ingトライアル、皆様のご参加をお待ちしております。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。