2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. ヨーロッパレポート配信中
  4. イベント(大会)
  5. 2017年9月号電子版
  6. 2017年9月号
  7. リザルト中国
  8. スタイルマーチンニューモデル
  9. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  10. 2017お勉強会
  11. イベント(大会)
  12. イベント(スクール)
  13. かわうちトライアル
  14. イベント(その他)
  15. イベント(大会)
  16. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  17. トムスのロゴ
  18. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト中部
  23. 1708電子版
  24. 自然山通信8月号
  25. チビのとびつき
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. 原発見学
  32. リザルト関東
  33. リザルト中国
  34. イベント(大会)
  35. 2017北海道
  36. 動画チャンネル
  37. 2017北海道大会
  38. イベント(スクール)
  39. 2017日本グランプリ公式DVD
  40. 動画チャンネル
  41. 2017全日本北海道までのランキング
  42. 2017全日本北海道リザルト
  43. 2017TDN
  44. 自然山通信2017年7月号
  45. イベント(大会)
  46. リザルト東北
  47. リザルト九州
  48. 2017フランスGP
  49. MFJトライアル
  50. EXスポーツ FIMトライアル放送
  51. リザルト関東
  52. リザルト沖縄
  53. リザルト中国
  54. イベント(大会)
  55. イベント(大会)
  56. リザルト関東
  57. リザルト中部
  58. リザルト中国
  59. 2017マスターズ第3戦
  60. 全日本第4戦中国大会レポート
  61. 三谷モータースポーツ新製品
  62. ガスガス用ラジエタープラグ
  63. 動画チャンネルR4中国
  64. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  65. 全日本第4戦中国大会リザルト
  66. リザルト近畿
  67. リザルト関東
  68. リザルト関東
  69. MFJトライアル
  70. 自然山通信6月号電子版
  71. 2017ど・ビギナー祭典春
  72. 自然山通信6月号
  73. イベント(その他)
  74. 2017 X-TRIAL DVD
  75. リザルト中国
  76. 2日目ボウ
  77. リザルト沖縄
  78. 予選
  79. イベント(大会)
  80. イベント(大会)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. イベント(大会)
  84. イベント(スクール)
  85. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  86. リザルト関東
  87. リザルト東北
  88. Honda トライアルファンミーティング

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

TY-Sのマニホールド

TYSマニホールド

幻の?インテークマニホールド

 スコルパTY-S125Fのインテークマニホールドは、劣化することがあり、日本で走っているTY-Sのそれも、そろそろ耐用年数をすぎてしまっているものが多い。ところがこのパーツ、メーカーやインポーターが本格復帰をしていないので、入手困難が続いていた。
 今回、海外からそのマニホールドがいくつか日本に届いたという。スコルパとそのパーツ供給は、まだ不透明感があるが、懸案のこのパーツについては、ちょっと光が見えてきたというところだ。
 このパーツは、今回限りの輸入ということでもなさそうで、少し納期を見れば、今後も手に入りそうだという。


 倒産して会社更生法の適用を受け(フランスでのことだから、法律の名前はちがうかもしれない)、オーナーがシェルコに移ったスコルパ。今のところ、その後の本格的復活のニュースはまだ届かない。ときどき、次期モデルの情報が海外から伝わってくるが、製品が出荷されたという情報には至らない。
 新型車の動向もさることながら、TY-S125F(SY125Fなどもだが)は、日本にはたくさんのユーザーがいる。そういったユーザーに向けてのアフターフォローとして、パーツの供給は安定させていきたいものだが、なにせメーカーの動きがつかめない。だから日本のインポーターも決まりようがないというのが現状だ。
 今回、日本にはいってきたマニホールドは30個ほどということで、もしかしたらすぐになくなってしまうかもしれないが、また追加で日本にはいってくる可能性はあるということだから、まずは一安心だ。
 今回マニホールドを輸入したのは元ヤマハのチャンピオンライダーの伊藤敦志さん。今後、需要があれば多方面かに入荷することもあるかもしれない。
 お値段は3,150円(税込み)ということだが、マニホールドに亀裂がはいってお困りの方は、伊藤敦志さんの「エクセル」にご相談ください。
Tel & Fax:0565-58-3039
excel@hm2.aitai.ne.jp

関連記事

藤波、ランキング5位となった最終戦

9月17日、北イタリアトレント郊外。世界選手権最終戦は、2017年一番のドラマチックイベントとなった。 ボウ優勝、2位ラガ、そして3位…

クラッチワークの極意

新DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売

新しい自然山通信DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売です。トライアル基礎練習の段階からクラッチワーク意識して練習することが…

イベント(大会)

10/1延期・嵐山不老天狗わびさびトライアル

9月17日開催の大会を悪天候が予想される為、延期いたいました。台風18号による悪天候が予想される為、10月1日に変更いたいます。 開催日以外…

最終戦イタリアGP土曜日のあれこれ

9月16日、朝からしとしと雨が降っていたけれど、昼になって太陽が顔を出した。いいお天気。ちょっと暑くなった。 あしたはトライアルGP、…

トニー・ボウ、22回目のタイトル決定

2017年シーズンも終盤戦、9月10日、チェコ共和国での戦いは、アダム・ラガが快勝した。しかしシーズンの流れは、もはやラガには向いていない。…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。