2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. クラッチワークの極意
  2. 動画チャンネル
  3. ヨーロッパレポート配信中
  4. イベント(大会)
  5. 2017年9月号電子版
  6. 2017年9月号
  7. リザルト中国
  8. スタイルマーチンニューモデル
  9. 三谷モータースポーツバイクトライアルパーツ
  10. 2017お勉強会
  11. イベント(大会)
  12. イベント(スクール)
  13. かわうちトライアル
  14. イベント(その他)
  15. イベント(大会)
  16. SHOWAフロントフォーク用ハードスプリング
  17. トムスのロゴ
  18. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト中部
  23. 1708電子版
  24. 自然山通信8月号
  25. チビのとびつき
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. 原発見学
  32. リザルト関東
  33. リザルト中国
  34. イベント(大会)
  35. 2017北海道
  36. 動画チャンネル
  37. 2017北海道大会
  38. イベント(スクール)
  39. 2017日本グランプリ公式DVD
  40. 動画チャンネル
  41. 2017全日本北海道までのランキング
  42. 2017全日本北海道リザルト
  43. 2017TDN
  44. 自然山通信2017年7月号
  45. イベント(大会)
  46. リザルト東北
  47. リザルト九州
  48. 2017フランスGP
  49. MFJトライアル
  50. EXスポーツ FIMトライアル放送
  51. リザルト関東
  52. リザルト沖縄
  53. リザルト中国
  54. イベント(大会)
  55. イベント(大会)
  56. リザルト関東
  57. リザルト中部
  58. リザルト中国
  59. 2017マスターズ第3戦
  60. 全日本第4戦中国大会レポート
  61. 三谷モータースポーツ新製品
  62. ガスガス用ラジエタープラグ
  63. 動画チャンネルR4中国
  64. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  65. 全日本第4戦中国大会リザルト
  66. リザルト近畿
  67. リザルト関東
  68. リザルト関東
  69. MFJトライアル
  70. 自然山通信6月号電子版
  71. 2017ど・ビギナー祭典春
  72. 自然山通信6月号
  73. イベント(その他)
  74. 2017 X-TRIAL DVD
  75. リザルト中国
  76. 2日目ボウ
  77. リザルト沖縄
  78. 予選
  79. イベント(大会)
  80. イベント(大会)
  81. イベント(大会)
  82. イベント(大会)
  83. イベント(大会)
  84. イベント(スクール)
  85. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  86. リザルト関東
  87. リザルト東北
  88. Honda トライアルファンミーティング

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ニュースコルパ125F

12年モデル?スコルパ125F

 九州大会にこんなマシンが登場した。もちろんスコルパSY125Fだ。新しいカラーリングはシェルコ社主導のスコルパカラーで、つまりこれは、近々こんなカラーリングのスコルパ125Fが登場するというまえぶれなのであった。


 スコルパ社が倒産との第一報が届いてから、すでに2年以上になる。その間、経営再建に対して裁判所の判断があったり、シェルコ社が出資をしてスコルパのブランドを買い取る(スコルパをシェルコが救済する)ことになったりという動きはあったが、いまだ、スコルパからのニューモデルが日本に届くには至っていない。
 スコルパのマシンのうち、特に125Fのシリーズは、入門用トライアルマシンとして、山歩き用のマシンとして、多くのファンをつかんでいただけに残念なことだ。ユーザーのためのパーツ供給はショップや旧代理店によってなんとか続けられているが、正規の代理店によるマシンとパーツの安定供給が望まれているのはまちがいない。
 そんな中、全日本九州大会のパドックには、新しいスコルパカラーのSY125Fが展示されていた。同会場にはジャンルとしてほぼ完全に同じ位置にあるガスガス・ランドネも試乗車がやってきていた。スコルパが名乗りを上げるには、これ以上遅れてはならぬという思いもあったことだろう。
 展示された125Fは、大きくは従来のものと変わっていないが、しかしセルモーターが装備されている。次に日本に上陸するであろう125Fは、セルモーター装備となるようだ。すでにセルモーター装備は個人的改造車がけっこう走っているので、それほど大仕事じゃなくセル装備にはなるのだろうが、新生スコルパの目玉スペックにはなりそうだ。
 さて問題の発売時期、価格、そして新しいインポーターだが、今のところはまだ明らかになっていない。おそらくまるで決まっていないということではなく、時期を待っているということらしい。でもそれもそろそろ待ったなしのタイミングになってきている。
 お値段については、ランドネが48万円という意欲的な価格を設定してきた。新生125Fが登場するには、その価格が標準になるのではないかと思われる。いくらになるかはさておき、そのお値段も楽しみだ。この夏前くらいまでに、新しいインポーターと新しい125Fが登場してくれることをお祈りする。

関連記事

藤波、ランキング5位となった最終戦

9月17日、北イタリアトレント郊外。世界選手権最終戦は、2017年一番のドラマチックイベントとなった。 ボウ優勝、2位ラガ、そして3位…

クラッチワークの極意

新DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売

新しい自然山通信DVD「小川毅士 クラッチワークの極意」9月20日発売です。トライアル基礎練習の段階からクラッチワーク意識して練習することが…

イベント(大会)

10/1延期・嵐山不老天狗わびさびトライアル

9月17日開催の大会を悪天候が予想される為、延期いたいました。台風18号による悪天候が予想される為、10月1日に変更いたいます。 開催日以外…

最終戦イタリアGP土曜日のあれこれ

9月16日、朝からしとしと雨が降っていたけれど、昼になって太陽が顔を出した。いいお天気。ちょっと暑くなった。 あしたはトライアルGP、…

トニー・ボウ、22回目のタイトル決定

2017年シーズンも終盤戦、9月10日、チェコ共和国での戦いは、アダム・ラガが快勝した。しかしシーズンの流れは、もはやラガには向いていない。…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。