2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 動画チャンネル
  2. 予選
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(スクール)
  9. 2017お勉強会
  10. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  11. リザルト東北
  12. Honda トライアルファンミーティング
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017玖珠全日本
  17. イベント(大会)
  18. 2017 Hondaトライアルミーティング
  19. MFJトライアル
  20. MFJトライアル
  21. リザルト東北
  22. リザルト関東
  23. 自然山通信5月号
  24. イベント告知
  25. イベント告知
  26. 2017年5月号電子版
  27. MFJトライアル
  28. Vertigo TITANIUM
  29. リザルト関東
  30. リザルト近畿
  31. S3 TENT
  32. リザルト関東
  33. リザルト沖縄
  34. リザルト中国
  35. S3 CURVE
  36. 近畿大会レポート
  37. リザルト中国
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  41. 2017年4月号
  42. 2017年4月号
  43. HRC ハンドルアッパーホルダー
  44. リザルト中国
  45. リザルト中国
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. TRS用クラッチ
  49. 自然山通信4月号
  50. ステンメッシュオイルフィルター
  51. リザルト中国
  52. リザルト沖縄
  53. リザルト関東
  54. リザルト中部
  55. リザルト関東
  56. Montesa 300RR
  57. リザルト近畿
  58. イベント(大会)
  59. 2017X2オーストリア
  60. トムスストロングガードTRS用
  61. 自然山通信2017年3月号電子版
  62. 自然山通信2017年3月号
  63. リザルト中部
  64. モータースポーツ活動計画発表会
  65. 2017 Scorpa Racing SC250
  66. イベント(大会)
  67. MFJトライアル
  68. リザルト中国
  69. リザルト関東
  70. リザルト沖縄
  71. 自然山通信3月号
  72. Vertigoカーボンスイングアームプロテクター
  73. 2017 BETA EVO factory model
  74. リザルト関東
  75. リザルト関東
  76. リザルト中国
  77. イベント(大会)
  78. イベント(スクール)
  79. イベント(その他)
  80. 2017年富岡キャッチ
  81. イベント(大会)
  82. リザルト中国
  83. イベント(大会)
  84. 2017バルセロナ
  85. リザルト中国
  86. 1702電子版

    2017.02.03

    1702電子版
  87. 1702
  88. TRS One Raga Racing
  89. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ニュースコルパ125F

12年モデル?スコルパ125F

 九州大会にこんなマシンが登場した。もちろんスコルパSY125Fだ。新しいカラーリングはシェルコ社主導のスコルパカラーで、つまりこれは、近々こんなカラーリングのスコルパ125Fが登場するというまえぶれなのであった。


 スコルパ社が倒産との第一報が届いてから、すでに2年以上になる。その間、経営再建に対して裁判所の判断があったり、シェルコ社が出資をしてスコルパのブランドを買い取る(スコルパをシェルコが救済する)ことになったりという動きはあったが、いまだ、スコルパからのニューモデルが日本に届くには至っていない。
 スコルパのマシンのうち、特に125Fのシリーズは、入門用トライアルマシンとして、山歩き用のマシンとして、多くのファンをつかんでいただけに残念なことだ。ユーザーのためのパーツ供給はショップや旧代理店によってなんとか続けられているが、正規の代理店によるマシンとパーツの安定供給が望まれているのはまちがいない。
 そんな中、全日本九州大会のパドックには、新しいスコルパカラーのSY125Fが展示されていた。同会場にはジャンルとしてほぼ完全に同じ位置にあるガスガス・ランドネも試乗車がやってきていた。スコルパが名乗りを上げるには、これ以上遅れてはならぬという思いもあったことだろう。
 展示された125Fは、大きくは従来のものと変わっていないが、しかしセルモーターが装備されている。次に日本に上陸するであろう125Fは、セルモーター装備となるようだ。すでにセルモーター装備は個人的改造車がけっこう走っているので、それほど大仕事じゃなくセル装備にはなるのだろうが、新生スコルパの目玉スペックにはなりそうだ。
 さて問題の発売時期、価格、そして新しいインポーターだが、今のところはまだ明らかになっていない。おそらくまるで決まっていないということではなく、時期を待っているということらしい。でもそれもそろそろ待ったなしのタイミングになってきている。
 お値段については、ランドネが48万円という意欲的な価格を設定してきた。新生125Fが登場するには、その価格が標準になるのではないかと思われる。いくらになるかはさておき、そのお値段も楽しみだ。この夏前くらいまでに、新しいインポーターと新しい125Fが登場してくれることをお祈りする。

関連記事

予選

金曜日のもてぎ、予選

5月25日、世界選手権トライアル第2戦日本大会。 今回からプロモーターがついて、いろいろと新機軸が盛り込まれている。 そのひとつが、予選…

イベント(大会)

8/6 2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2017年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 真夏のトライアル『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 初心者の方も楽しめ…

イベント(大会)

10/8第2回岩手ツインショックトライアル大会

 ビンテージマシンや旧車を走らせて、トライアルの魅力を実感してみませんか! 初心者から、昔は鳴らしたテクニシャン?までみんなが楽しめて笑顔に…

イベント(大会)

6/25 2017 メッツカップ第2戦

メッツクラブでは初心者の方も安心して楽しめ元気の出るトライアルを目指しています。ぜひ一日お楽しみください。 (さらに……

イベント(大会)

6/11遊ingトライアル

2017遊ingトライアル、皆様のご参加をお待ちしております。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。