2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 動画チャンネルR4中国
  2. 2017フランスGP
  3. MFJトライアル
  4. EXスポーツ FIMトライアル放送
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2017お勉強会
  8. 全日本第4戦中国大会レポート
  9. 三谷モータースポーツ新製品
  10. ガスガス用ラジエタープラグ
  11. 動画チャンネルR4中国
  12. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  13. 全日本第4戦中国大会リザルト
  14. リザルト関東
  15. MFJトライアル
  16. 自然山通信6月号電子版
  17. 自然山通信6月号
  18. イベント(その他)
  19. 2017 X-TRIAL DVD
  20. 2日目ボウ
  21. 予選
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(スクール)
  28. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  29. リザルト東北
  30. Honda トライアルファンミーティング
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. 2017玖珠全日本
  35. イベント(大会)
  36. 2017 Hondaトライアルミーティング
  37. MFJトライアル
  38. MFJトライアル
  39. リザルト東北
  40. リザルト関東
  41. 自然山通信5月号
  42. イベント告知
  43. 2017年5月号電子版
  44. MFJトライアル
  45. Vertigo TITANIUM
  46. リザルト関東
  47. リザルト近畿
  48. S3 TENT
  49. リザルト関東
  50. リザルト沖縄
  51. リザルト中国
  52. S3 CURVE
  53. 近畿大会レポート
  54. リザルト中国
  55. リザルト関東
  56. リザルト関東
  57. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  58. 2017年4月号
  59. 2017年4月号
  60. HRC ハンドルアッパーホルダー
  61. リザルト中国
  62. リザルト中国
  63. リザルト近畿
  64. リザルト関東
  65. TRS用クラッチ
  66. 自然山通信4月号
  67. ステンメッシュオイルフィルター
  68. リザルト中国
  69. リザルト沖縄
  70. リザルト関東
  71. リザルト中部
  72. リザルト関東
  73. Montesa 300RR
  74. リザルト近畿
  75. イベント(大会)
  76. 2017X2オーストリア
  77. トムスストロングガードTRS用
  78. 自然山通信2017年3月号電子版
  79. 自然山通信2017年3月号
  80. リザルト中部
  81. モータースポーツ活動計画発表会
  82. 2017 Scorpa Racing SC250
  83. イベント(大会)
  84. MFJトライアル
  85. リザルト中国
  86. リザルト関東

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

新生スコルパ披露

新生スコルパ125F

新生スコルパTY125 4T。クリックすると大きな画面で開きます。

 日本GPの開催されたツインリンクもてぎで、新生スコルパが披露された。シェルコ資本となったスコルパは塗色が鮮やかなオレンジとなり、ブルー基調のこれまでのスコルパイメージとは一新されている。
 さらに新生スコルパ125Fの大きな特徴として、セルモーターが装備された。
 その他、定評あるスタンダードな構成はそのまま。エンジンはブラジル製だったブルー時代のものから、今度は中国製となっている。生産国のちがいでなにかが変わるかと注目してみたが、新生スコルパの中国製エンジンに意外なパワフル感が感じられた。気のせいかと思ったが、試乗した全員がそんな感想だったから、気のせいではないかもしれない。
 価格は478,000円(税込み。+送料10,500円が必要)。

新生スコルパ125Fのメーター

 新しいスコルパは、基本性能はほとんど変わらないものの、ごらんの通り、メーターまわりなどはスマートにまとまっている。公道走行時の安心感は、従来モデルより向上している印象だ。
 セルモーターが装備され、スイングアームの根本にバッテリーが装備されているので、従来モデルより重量は増えているはずだが、諸元上の車両重量は74kgとなっている。重量のあるバッテリーが低い位置に装着されているから、重量バランスが変化して乗り味もほんのわずか変わっているようだ。
 フロントディスクブレーキは4ポッドに、サイレンサーやエキゾーストパイプのヒートプロテクターも金属製のしっかりしたものが装着されていて、従来モデルより安心感が増した(従来モデルはサイレンサーにはプロテクターなし、エキゾーストパイプにはプラスティック製のものが装着されていた)。
 タンクは2.7リットルのロングライドでない仕様。シートはロングライド仕様の後ろに長いものが装備されている。
 キックスターターも装着されているので、この点も安心。従来の125Fは1速と5速がトライアル用に設計されたものだったが、新生125Fはベースエンジンと同じレシオという(通常走行により適している)。されど、ちょっとしたトライアル走行には問題なく、セクションによっては2速も使えそう。
 発売はこれまで同様、全国のスコルパ取り扱い店でおこなう。輸入元は株式会社ランドブリーズ。スコルパのインポーターとして本格的運用準備中ということで、連絡先などが決まったら、あらためてお知らせする。

スコルパSR280

スコルパSR280 2T。クリックすると大きな画面で開きます。

 4ストロークの125Fと同時に、280ccの2ストロークマシンも披露された。SY250Rとして発売されていた従来モデルと同一のシルエットながら、よく見ればエンジンはシェルコのものを使っている。シェルコ参加となったスコルパの、体制の変化を象徴するニューマシンだ。
 エンジンハンガー部分は当然エンジンに合わせて修正がされているが、その他部分はSY250Rそのままといっていい。サイレンサーが左右逆に出ているのが、新生スコルパの特徴となる。
 エンジンがシェルコ、フレームがスコルパというこのマシン、乗ってみれば、SY250RともシェルコST280ともちがう、やはり新しい乗り味が実現していた。新たな個性がラインナップに加わったことで、スコルパ愛好者のみならず、すべてのトライアルライダーにとって、要チェックのマシンが増えたのは朗報だ。
 同時に125ccエンジンのSR125も発売となる。こちらも新たな乗り味が作られていた。低速からもりもりと出てくるトルク感は、知らずに乗ったら250ccと勘違いする人もいるかもしれないほどで、初心者のみならず、世界選手権ユースクラスなどでの活躍も期待される。
 2ストロークエンジンのSRについては、価格はまだ未定だ。

関連記事

2017フランスGP

フランス、ブストが連続表彰台

アンドラ大会のすぐ翌週、舞台はフランスのルルドに移った。この大会、ハイメ・ブストがアンドラに続いて2度目の表彰台。今度は3位だった。優勝はト…

MFJトライアル

全日本第5戦は北海道大会

2017MFJ全日本トライアル選手権シリーズ第5戦 北海道大会 2017年全日本シリーズも中盤戦。7戦中4戦が終了して、終盤戦の口火を…

EXスポーツ FIMトライアル放送

2017 FIMトライアル世界選手権「EXスポーツ」放送日程

2017シーズン、アウトドア「FIMトライアル世界選手権」インドアの「FIM Xトライアル世界選手権」が「スカパー!ch.609」のEXスポ…

イベント(大会)

7/2 ケニーズ杯と比和町のイベント

広島県福山市発信、ケニーズクラブからのイベント情報です。 ケニーズ杯、夏のOASYS CUP、秋の水源の森ツーリングトライアルの4大会のお…

フランスGPで電動バイク選手権開催、コロメがデビュー

6月25日、フランスGPに、トライアルEカテゴリーが設けられ、これにマルク・コロメが参加する。コロメはご存知のとおり、1996年世界チャンピ…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。