2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. イベント(スクール)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. リザルト関東
  8. 1日目優勝のファハルド
  9. イベント(大会)
  10. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  11. リザルト東北
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト四国
  16. リザルト中国
  17. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  18. 全日本R3九州までのランキング
  19. 全日本R3九州リザルト
  20. 2018EMと成田匠.fr
  21. MFJトライアル
  22. 1805電子版
  23. 2018年5月号
  24. リザルト近畿
  25. ムーブレバー
  26. トムス新製品
  27. リザルト関東
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. リザルト四国
  32. リザルト関東
  33. 2017お勉強会
  34. TY-Eデビューラン
  35. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  36. 自然山通信電子版4月号
  37. 自然山通信2018年4月号
  38. リザルト中国
  39. リザルト中国
  40. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  41. リザルト関東
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト近畿
  46. リザルト関東
  47. リザルト四国
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. 2018年3月号電子版
  52. 2018年3月号
  53. 1802木彫山本さん
  54. HOSTAL DEL GUIU
  55. イベント(スクール)
  56. 2018 TRRS RAGA RACING
  57. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  58. イベント(スクール)
  59. イベント(スクール)
  60. リザルト沖縄
  61. イベント(スクール)
  62. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

新生スコルパ披露

新生スコルパ125F

新生スコルパTY125 4T。クリックすると大きな画面で開きます。

 日本GPの開催されたツインリンクもてぎで、新生スコルパが披露された。シェルコ資本となったスコルパは塗色が鮮やかなオレンジとなり、ブルー基調のこれまでのスコルパイメージとは一新されている。
 さらに新生スコルパ125Fの大きな特徴として、セルモーターが装備された。
 その他、定評あるスタンダードな構成はそのまま。エンジンはブラジル製だったブルー時代のものから、今度は中国製となっている。生産国のちがいでなにかが変わるかと注目してみたが、新生スコルパの中国製エンジンに意外なパワフル感が感じられた。気のせいかと思ったが、試乗した全員がそんな感想だったから、気のせいではないかもしれない。
 価格は478,000円(税込み。+送料10,500円が必要)。

新生スコルパ125Fのメーター

 新しいスコルパは、基本性能はほとんど変わらないものの、ごらんの通り、メーターまわりなどはスマートにまとまっている。公道走行時の安心感は、従来モデルより向上している印象だ。
 セルモーターが装備され、スイングアームの根本にバッテリーが装備されているので、従来モデルより重量は増えているはずだが、諸元上の車両重量は74kgとなっている。重量のあるバッテリーが低い位置に装着されているから、重量バランスが変化して乗り味もほんのわずか変わっているようだ。
 フロントディスクブレーキは4ポッドに、サイレンサーやエキゾーストパイプのヒートプロテクターも金属製のしっかりしたものが装着されていて、従来モデルより安心感が増した(従来モデルはサイレンサーにはプロテクターなし、エキゾーストパイプにはプラスティック製のものが装着されていた)。
 タンクは2.7リットルのロングライドでない仕様。シートはロングライド仕様の後ろに長いものが装備されている。
 キックスターターも装着されているので、この点も安心。従来の125Fは1速と5速がトライアル用に設計されたものだったが、新生125Fはベースエンジンと同じレシオという(通常走行により適している)。されど、ちょっとしたトライアル走行には問題なく、セクションによっては2速も使えそう。
 発売はこれまで同様、全国のスコルパ取り扱い店でおこなう。輸入元は株式会社ランドブリーズ。スコルパのインポーターとして本格的運用準備中ということで、連絡先などが決まったら、あらためてお知らせする。

スコルパSR280

スコルパSR280 2T。クリックすると大きな画面で開きます。

 4ストロークの125Fと同時に、280ccの2ストロークマシンも披露された。SY250Rとして発売されていた従来モデルと同一のシルエットながら、よく見ればエンジンはシェルコのものを使っている。シェルコ参加となったスコルパの、体制の変化を象徴するニューマシンだ。
 エンジンハンガー部分は当然エンジンに合わせて修正がされているが、その他部分はSY250Rそのままといっていい。サイレンサーが左右逆に出ているのが、新生スコルパの特徴となる。
 エンジンがシェルコ、フレームがスコルパというこのマシン、乗ってみれば、SY250RともシェルコST280ともちがう、やはり新しい乗り味が実現していた。新たな個性がラインナップに加わったことで、スコルパ愛好者のみならず、すべてのトライアルライダーにとって、要チェックのマシンが増えたのは朗報だ。
 同時に125ccエンジンのSR125も発売となる。こちらも新たな乗り味が作られていた。低速からもりもりと出てくるトルク感は、知らずに乗ったら250ccと勘違いする人もいるかもしれないほどで、初心者のみならず、世界選手権ユースクラスなどでの活躍も期待される。
 2ストロークエンジンのSRについては、価格はまだ未定だ。

関連記事

イベント(大会)

7/22わびさびトライアル大会

トライアルチーム「嵐山不老天狗」より、わびさびトライアル大会開催のお知らせです。 7月22日、山梨県笛吹市での開催です。 (さ…

イベント(スクール)

×ガッチスクールIN加古川(中止になりました)

全日本チャンピオン小川友幸塾長のガッチスクール、加古川トライアルパークでの開催でしたが、中止になりました。おまちがいのないようによろしくです…

4台目のαが来た

α7(無印)を買ったのは2014年の6月だった。そして2018年の6月、4台目のαになるα7IIIが届いた。今、ざっとセットアップをして、買…

アベ精工のTLM50用トップブリッジ

根強いファンが乗り続けているHONDA TLM50用のトップブリッジと、専用ハンドルアップスペーサーがアベ精工から発売されています。共同開発…

イベント(大会)

8/26夏の梅ヶ島大会

TEAM P.F.T. から梅ヶ島大会の日程変更のお知らせです。 空気は何色? 太陽の7色によって透明な空気が変化する心の色。 エ…

ページ上部へ戻る