2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 動画チャンネル
  2. イベント(大会)

    2017.08.17

    9/3寅吉カップ
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. リザルト中部
  8. 1708電子版
  9. 自然山通信8月号
  10. チビのとびつき
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 原発見学
  17. リザルト関東
  18. リザルト中国
  19. イベント(大会)
  20. 2017北海道
  21. 動画チャンネル
  22. 2017北海道大会
  23. イベント(スクール)
  24. 2017日本グランプリ公式DVD
  25. 動画チャンネル
  26. 2017全日本北海道までのランキング
  27. 2017全日本北海道リザルト
  28. 2017TDN
  29. 自然山通信2017年7月号
  30. イベント(大会)
  31. リザルト東北
  32. リザルト九州
  33. 2017フランスGP
  34. MFJトライアル
  35. EXスポーツ FIMトライアル放送
  36. リザルト関東
  37. リザルト沖縄
  38. リザルト中国
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. リザルト関東
  42. リザルト中部
  43. リザルト中国
  44. 2017マスターズ第3戦
  45. 全日本第4戦中国大会レポート
  46. 三谷モータースポーツ新製品
  47. ガスガス用ラジエタープラグ
  48. 動画チャンネルR4中国
  49. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  50. 全日本第4戦中国大会リザルト
  51. リザルト近畿
  52. リザルト関東
  53. リザルト関東
  54. MFJトライアル
  55. 自然山通信6月号電子版
  56. 2017ど・ビギナー祭典春
  57. 自然山通信6月号
  58. イベント(その他)
  59. 2017 X-TRIAL DVD
  60. リザルト中国
  61. 2日目ボウ
  62. リザルト沖縄
  63. 予選
  64. イベント(大会)
  65. イベント(大会)
  66. イベント(大会)
  67. イベント(大会)
  68. イベント(大会)
  69. イベント(スクール)
  70. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  71. リザルト関東
  72. リザルト東北
  73. Honda トライアルファンミーティング
  74. イベント(大会)
  75. イベント(大会)
  76. イベント(大会)
  77. 2017玖珠全日本
  78. イベント(大会)
  79. 2017 Hondaトライアルミーティング
  80. MFJトライアル
  81. MFJトライアル
  82. リザルト東北
  83. リザルト関東
  84. 自然山通信5月号
  85. イベント告知
  86. 2017年5月号電子版
  87. MFJトライアル
  88. Vertigo TITANIUM

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

日本GPかく戦えり

2011日本GP表彰台

 日本GPは、藤波貴久ばかりがクローズアップされるけれど(そしてそういう動きに自然山通信もたっぷり加担しているけれど)もちろん日本GPは藤波だけの大会ではない。今回は来日メンバーが少なくて少数精鋭の大会となったが、それだけに、さまざまなライダーの戦いをじっくり観察できたのではないだろうか。

11日本GPラガ

 日本GPで、そのひょうひょうとしたふるまいと裏腹に、いつもとちがう闘志を秘めて見せていたのが、アダム・ラガだった。
「今シーズンは、出だしが最悪だった。だけどその後は悪くなかった。今回も、調子は悪くない」
 最悪といっても4位だ。その後、2度ほど3位になった以外は、ずっと1位と2位をキープしている(2位の方が圧倒的に多いけれど)。今回は、原発事故で揺れる日本への遠征はこわくなかったのかと海外ライダーのみんなに聞いてみたが、ラガの答えははっきりノーだった。ラガは残り4戦となった2011年シーズンの世界選手権で、ほとんど絶望的となった世界チャンピオンへの希望を、まだまだ持ち続けていた。
 1日目、雨が降りそうな天候に、ラガのペースは早かった。ラガは、ときどきこういうペース配分をする。地元の誰彼かから情報を仕入れ(実は、いつだったかのもてぎで、ぼくも聞かれたことがある。雨が降るのかって。降ると思うよと答えたけど、雨は降りませんでした。それからは聞かれたことはない)、天候に合わせて試合を進めていく。その件について問いただすと
「そんなことはない。今回は参加選手が少なかったから、前に誰もいなくて、さっさか走れたってだけさ」
 という。前回優勝しているラガは、トップスタートだったから思いのままのペースがつくれるのだが、天候との関係の真相は、たしてどうだったろう?
 ラガは、これまで日本ではあまり勝運に恵まれていない。土曜日も、トップを走りながらボウに逆転されて2位に甘んじた。
「大きな失敗はなかったと思う。2ラップ目の4セクションでのミスで、今日は勝ちを逃がしてしまった」
 たった1点差だから、2ラップ目4セクションの5点が3点にでもなれば、それで勝利はラガのものになっていた。もてぎの日本GPで、2日間とも優勝争いを演じたラガは、今年が初めてだったように思う。

11日本GPボウ

 人ができないことを、いとも簡単にやってのけてしまうトニー・ボウも、今年のもてぎにはいささか苦労したようだ。リードを奪われながら、最後には勝利した土曜日はまだしも、日曜日は藤波に10点差をつけられて3位となった。前日優勝しているからトップスタートだったし、2ラップ目は足を負傷した藤波が満足な下見をできないのを気づかい、藤波の目となってアドバイスもした。だとしても、日本のファンの中にいるボウは、それでもするするっと勝ってしまうはずだった。
「やっぱり人の子や、いうことやね」
 世界チャンピオンの父親となった藤波由隆さんが日曜日の試合後にぽつり。トニーはうまい、トニーの十八番のセクションで勝負したら、勝ち目はない。それでも実力が伯仲するコンディションはあるし、そうなったときに、トニーの気持ちに動揺が出ることもある。そこに勝ち目がある……。藤波自身は、トニーとの勝負を常々そう語っている。今回は、そんなときだったのかもしれない。
「ジュニアのライダーがラインを作り替えてしまった後の一番スタートはとてもむずかしかった。今日のミスは、序盤に続けて5点を取ってしまったことだ。とてもスリッピーだったしむずかしいコンディションだったのだけど、あれで勝負が決まってしまったような感じだ。ただ、今日の結果には失望していない。選手権獲得に向けて、3位は悪くない結果だ」
 と、ボウ自身はいたって前向き。へたをすると全勝優勝だってできそうなライダーだから、3位となれば最悪の結果と嘆いてもおかしくないものだが、表彰台から脱落しないことがタイトル獲得のまず第一歩、という方程式は、ボウとても同じらしい。
 土曜日は、ラガのミスもあったが、ボウも素晴らしかった。特に第9セクションのクリーンは驚異的でもある。第9セクションは泥っ泥の湿地に点在する岩を攻略していくもので、ひとつひとつのポイントは走破不可能ではないものの、時間内にアウトできるのか、まして1分半以内で走り抜けられるのかというと、限りなくむずかしいものとなる。
「1ラップ目は、すべてがうまくいった。一つ目のポイントをいいラインで抜けられたら、ふたつめもいい感じ。三つ目も四つ目も、全部いいラインで走れた。2ラップ目も同じように走ろうとは思ったけど、最初にちょっとミスをしたら、バタバタになった」
 すべてがうまくいけばクリーンできる。誰にとってもそうなのかもしれないが、ボウのそれは、ちょっとレベルが高い。
 今回、ボウはいつものマインダーのディダックが来日せず、かつての世界選手権トップランカーのアモス・ビルバオがメインマインだーを務めた。ディダックは原発事故に揺れる日本へ来るのはいやだったらしい。そんなことが許されるスペインのモンテッサチームも(日本人からすると)すごい。そんなディダックとコンビを組んでいるボウだから、来日についてはラガほど積極的ではなかったようだ。
「日本の震災については、問題ないという情報が届いたし、藤波も大丈夫だという。日本でのレースは特別なものだし、もちろんチャンピオンシップ上でも大きなウェイトを持っている。はずすわけにはいかない」
 ボウの表情には不安が見え隠れしていた。やっぱり人の子なのだ。

11日本GPファハルド

 日本に初登場のファクトリー仕様のオッサ。乗るはジェロニ・ファハルド。今回はチームメンバー3人が、ファハルド用のファクトリーマシンをパーツごとに手荷物で運び込んで来日した。非常にコンパクトなチーム体制だ。
「オッサでの世界選手権はとても楽しい。今年はすべてが変わった。チームもマシンもマインダーも。新しいマシンを作っていくのも興味深い仕事だし、このマシンはビッグステップでの走破力がとても高い。できたばかりだからトラブルが出ることもあるが、2位表彰台を得たのはけっしてまぐれではないし、もっと上位のポジションも得られると思っている」
 ファハルドは、来日については正直に語ってくれた。
「原発事故については不安だった。カベスタニーは行かないというし、ダビルも行かないことになった。みんながいろんなことを言うし、どれが本当だかわからない。見ることもできないし感じることもできない放射能に、対処する方法なんてないんだものね。でもFIMはやるって決めたから」
 意を決してやってきた日本では、土曜日は藤波に1点差で敗れて4位となった。最終セクションを3点ででも抜けていれば表彰台獲得だった。しかし土曜日の4位は、日曜日に比べればはるかにいい結果だった。日曜日にはエンジントラブルが発生し、修理をしにパドックへ帰ってきたもののなす術なし。走れるところだけ走って、後半のほとんどは申告5点としなければいけなかった。最下位も覚悟したファハルドだが、参加者が14人と聞いてまず一安心。無得点は免れる。そして結果が出て9位と知ってよっしゃと声が出た。カベスタニーが来日しない日本GPで、ランキング4位に向けての布石を打ちたいファハルドにとって、無得点で帰るなんて考えたくもない不幸だった。9位で7点は、お世辞にもいい結果ではないけれど、この状況では最前の結果だった。

11日本GPブラウン

 マイケル・ブラウンは、土曜日はマシンが思うように走らず、たいへんに不本意そうだった。リザルトは9位。かろうじて小川毅士には勝利したものの、黒山、野崎、小川友幸には敗してしまった。問題はクラッチにあり。日曜日に向けてのリペアが功を奏して日曜日は5位。日曜日の試合終了後も作業に追われていて、悪くない週末だった、と手短に語ってくれた。
 ブラウンはからだが小さくトライアルの線も細い感じだったが、今年あたり、ときおりダビルを破るようになって力強さも見せるようになってきている。

11日本GPグビアン

 ただひとりのフランス人、ロリス・グビアン。日本に来るのはいやじゃなかったのかという質問には「プロだから」ときっぱりと答えた。土曜日は6位、日曜日は8位。オブザーバーに採点を質すシーンも多かったが(たいていはカードにさわったさわらないという件。それくらいいいじゃんというグビアンの心情には同情はするけど、ルールはルール。以前は日本とヨーロッパで解釈のちがいがあったが、今は統一されている)、グビアンはこの日の自分のトライアルを、こんなふうに総括した。
「日曜日はビッグ・シットだった。ライディングもだし、オブザーバーとの問題もあったけど、なにもかもがシットだった。土曜日は6位でまずまずだったけど、今回来ていないダビルとの点差はこれで5点。もうちょっと引き離しておきたかったけど、フランスでがんばるしかないね」

11日本GP黒山

 日本勢は、プレッシャーのかかる全日本とちがって、思いきり実力を試せるチャンス。特に世界選手権を転戦した経験のある面々は、なつかしいメンバーとの戦いは、ちょっと同窓会みたいだ。
 中でも黒山健一は、世界のトップクラスにどこまで食い込めるかが自身の目標となっていた。優勝とか表彰台も目指すものではあるが、トップにどれくらい近づけるか。それが今や唯一の機会となった世界的舞台での目標となる。
 リザルトを計算していくと、黒山は土曜日も日曜日も、一瞬だがトップに出ている。土曜日は第3セクションをただ一人3点で抜け出たとき、日曜日は第2セクションをクリーンしたときだ。その後も両日にわたって1ラップめには3位争いに加わって、黒山健一健在なりを世界に向けてアピールした。
「4位という結果に大満足です。今回は、2日間とも緊張したんです。今年は久しぶりに成績を出してやろうと思って、自分自身にプレッシャーをかけていたんで、大会前に緊張しました。世界組と全日本組の結果が、あんまり離れているのはいやだなと思って。だから4位という結果と、日曜日に、ボウとの間がなんとか挽回可能な範囲ということで、たいへん満足のいく、いい大会でした」

11日本GP野崎

 野崎史高は、ここまでの全日本の2戦を、不本意な結果で終わらせている。試合が少なくて、試合勘を忘れてしまっているという。その回復のためにも、もてぎでの戦いはがんばりたい。
 野崎は、2002年のFIMジュニアチャンピオンである。2000年の初代ジュニアチャンピオンがラガ、2005年がダビル、2007年がブラウン、2008年がグビアン、2009年がウイグ、2010年がチャロナーと、今世界選手権を走っているうちの6名が、ジュニアチャンピオンだ。野崎がチャンピオンとなった2002年当時、ジュニアクラスはまだ創設まもなく、しかもワールドクラスとの掛け持ち参加が可能だったため、残念ながら特に日本では大きな注目を集めずに終わった(それにはメディアである自然山通信の責任も少なくない。ごめんなさい)。しかし今、世界を走るライダーの経歴と、その後にジュニアクラスで活躍する日本人の登場がないことを考えると、野崎の戦績は今からでももっと評価されてしかるべきものだと思う。
 今回の野崎は、惜しい5点などはあったものの、7位と6位に入った。特に日曜日は、4セクションを2ラップともにクリーン。ここを2ラップに渡ってクリーンしたのは野崎ただ一人だったから、これはすごい偉業になった。
 今回の結果ももちろんだが、野崎はこれが、全日本の結果にも生きてくるのではないかと期待している。開幕戦がずれこんだ今年のトライアルシーズン、条件はだれしも一緒ではあるが、遅いスケジュールとなった世界選手権が、野崎の遅いスタートのあらためてのスタートとなるか。

11日本GP友幸

 2日間とも、野崎に先を行かれて8位と7位となった小川友幸。今回は出だしからアクシデントで始まった。第1セクションで5点になったのはまだいいとして、その大クラッシュでマシンは大破。パドックに戻ってしばらく補修に時間を費やしてしまった。ラップチャートを見てもらえばわかるが、第6セクションまではオール5点という序盤の戦いだった。
 後半は、両日ともに野崎と順位争いを展開し、結果として両日ともに野崎に敗れることになったのだが、小川とすれば、今回の日本GPは収穫の多い2日間だったという。マシンのテストやライディングのトライなど、トップレベルの戦いで試せる有意義なチャンスを生かせたと語っている。
 なお、今回トニー・ボウのマインダーを務めたアモス・ビルバオは、小川友幸のトライアル・デ・ナシオン用の日本チームのヘルメットをかぶってマインダー業務を行った。震災で揺れる日本へのエールとして、日本のヘルメットをかぶりたいというアモスの申し出を受けて、小川が持参したヘルメットだった。

11日本GP毅士

 小川毅士は、今回は両日ともに10位。2日目のファハルドに9位を譲ってあげてしまったのはもったいなかった。それでも土曜日よりは日曜日は内容がよかった。今回の課題はマディのセクションだったという。

11日本GP柴田

 柴田暁は、両日ともに11位。去年の日本GPでは好結果を得て、さらに上を目指していたのだが、気合いからまわり。4セクションの出口で一瞬だけ輝いたシーンがあったので、それだけだった、とは本人の弁。

11日本GP砂田
11日本GP岡村
11日本GP松原
11日本GP斉藤

 国際A級から参戦の砂田真彦(13位と12位)、岡村将敏(12位と14位)、松浦翼(15位と13位)、そして就職して今シーズンは初めての出場となった斉藤晶夫(1日目14位)は、どこで3点を出してくるかが勝負となった。3点を出せばいいとわかっていても、これが出るようなら、苦労はない。完走した全員がポイントランカーとなった日本GPだったが、雨で泥々になったコースは、誰でも走破できるなまやさしいものではなかった。

日本GPだけのポイントランキング
Rider Machine Location Day1 Day2 Total
アダム・ラガ Gas Gas スペイン 17 20 37
トニー・ボウ Montesa 三重県(スペイン) 20 15 35
藤波貴久 Montesa スペイン 15 17 32
黒山健一 Yamaha 兵庫県 11 13 24
ジェロニ・ファハルド Ossa スペイン 13 7 20
マイケル・ブラウン Gas Gas イギリス 7 11 18
ロリス・クビアン Gas Gas フランス 10 8 18
野崎史高 Yamaha 埼玉県 9 10 19
小川友幸 Honda 三重県 8 9 17
小川毅士 Beta 京都府(茨城県) 6 6 12
柴田暁 Honda 大阪府 5 5 10
砂田真彦 Honda 埼玉県 3 4 7
岡村将敏 Gas Gas 栃木県 4 2 6
松浦翼 Honda 熊本県 1 3 4
齋藤晶夫 Honda 長野県 2 2

関連記事

イベント(大会)

9/3寅吉カップ

寅吉カップ開催 今年はやります寅吉カップ。 前回は50人を越えるエントリーのあった寅吉カップ一年半ぶりの開催です。 セクションは寅…

カメラという精密機械に宿るなにか

ぼくはこの地域に落下傘で飛び降りてやってきたので、親戚は一人もいない。なのでお盆になっても誰も帰ってくる人はいないのだけど、お盆の日にも宅配…

イベント(大会)

9/24第29回まどろみトライアル

第29回まどろみトライアルの開催のお知らせです。 9月24日、原瀧山トライアルパークでの開催です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/8ビギナーの祭典・秋inもてぎ

ど・ビギナー事務局より、「ビギナーの祭典・秋inもてぎ」のご案内です。 10月8日(日)、「ビギナーの祭典・秋 in もてぎ」をツイン…

イベント(大会)

10/8第25回里山トライイアル大会

第25回里山トライイアル大会 ・開催日 10月8日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。