2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 動画チャンネルR4中国
  2. 2017フランスGP
  3. MFJトライアル
  4. EXスポーツ FIMトライアル放送
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2017お勉強会
  8. 全日本第4戦中国大会レポート
  9. 三谷モータースポーツ新製品
  10. ガスガス用ラジエタープラグ
  11. 動画チャンネルR4中国
  12. 全日本第4戦中国大会までのランキング
  13. 全日本第4戦中国大会リザルト
  14. リザルト関東
  15. MFJトライアル
  16. 自然山通信6月号電子版
  17. 自然山通信6月号
  18. イベント(その他)
  19. 2017 X-TRIAL DVD
  20. 2日目ボウ
  21. 予選
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(スクール)
  28. リヤディスクプレートアルミセンターカバー
  29. リザルト東北
  30. Honda トライアルファンミーティング
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. 2017玖珠全日本
  35. イベント(大会)
  36. 2017 Hondaトライアルミーティング
  37. MFJトライアル
  38. MFJトライアル
  39. リザルト東北
  40. リザルト関東
  41. 自然山通信5月号
  42. イベント告知
  43. 2017年5月号電子版
  44. MFJトライアル
  45. Vertigo TITANIUM
  46. リザルト関東
  47. リザルト近畿
  48. S3 TENT
  49. リザルト関東
  50. リザルト沖縄
  51. リザルト中国
  52. S3 CURVE
  53. 近畿大会レポート
  54. リザルト中国
  55. リザルト関東
  56. リザルト関東
  57. S3 NEWアルミハンドレバーアジャスター
  58. 2017年4月号
  59. 2017年4月号
  60. HRC ハンドルアッパーホルダー
  61. リザルト中国
  62. リザルト中国
  63. リザルト近畿
  64. リザルト関東
  65. TRS用クラッチ
  66. 自然山通信4月号
  67. ステンメッシュオイルフィルター
  68. リザルト中国
  69. リザルト沖縄
  70. リザルト関東
  71. リザルト中部
  72. リザルト関東
  73. Montesa 300RR
  74. リザルト近畿
  75. イベント(大会)
  76. 2017X2オーストリア
  77. トムスストロングガードTRS用
  78. 自然山通信2017年3月号電子版
  79. 自然山通信2017年3月号
  80. リザルト中部
  81. モータースポーツ活動計画発表会
  82. 2017 Scorpa Racing SC250
  83. イベント(大会)
  84. MFJトライアル
  85. リザルト中国
  86. リザルト関東

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

シェルコ・エコのお得度

12シェルコ・エコ

 日本限定、シェルコに「ECO」モデルが登場する。
 最大のインパクトはそのお値段。125ccのECO1.25が523,950円。250ccのECO2.50が544,950円(どちらも消費税込み・販売店までの送料別途)。保安部品は付属しないということだが、それにしても破格。その秘密と意図するところについて、聞いてみました。

12シェルコ・エコ

 お話してくれたのは、株式会社亜路欧の萩原壮亮社長。ヨーロッパとの折衝は30年近いインポーター業でお手の物だ。
 まず、このところの最大の懸案として、新しいトライアルマシンがなかなか売れない。これはインポーターにとっても大きな痛手だが、裏を返せば、買いたくても高くて買えないという一面もあるようだ。そこで萩原社長は、買える価格の新車を企画しようと考えた。
 このマシン、一見して2010年モデルに見える。燃料タンクのキャップが横向きについているから、それとわかる。しかし実は、2010年モデルそのものということではない。型遅れの在庫処分だから安くなっている、と誤解されるとちょっと悲しいと萩原社長は言う。
 シェルコ本社に出かけていった萩原社長は、今、買ってもらえる価格でできる範囲のマシン仕様を提示してもらった。それが、ストックに余裕のあるパーツを組んで完成させた2012年型のエコモデルだ。

12シェルコ・エコ

 価格を抑えるために、萩原社長の提案では、タンクやシートにデカールも貼っていないマシンになるはずだった。しかしヨーロッパ人の感覚では、それではさびしいじゃないかとなったのだろうか、デカールも、ストック品が使われている。紹介した写真はサンプルモデルだからこの通りのものが日本に来るかどうかはわからないのだが、写真を見ると、スイングアームにはカベスタニー・レプリカ3.0とデカールが貼ってある。でもこれはエコモデルの250ccだ。まぁいいじゃないの、と思える人が、お得な新車を手に入れられる、というわけだ。
 ちなみに、真横に向いた燃料タンクのキャップは、燃料補給にちょっとコツがいる。どれだけ入っているか見えにくいので、ふきこぼしてしまうケースが多いのだ。これも、まぁいいんじゃないの、と思えば、リーズナブルにトライアルを始めることができるというわけだ。
 萩原社長のもくろみとしては、トライアルを始めるのに中古車を選んだはいいが、具合の悪い中古車を買ってしまって苦労する人がいる。そんなときにかかってしまう費用を考えると、それよりは安くて安心、という価格設定だそうだ。20万円で買ってきた中古車に30万円かけてしまうお気の毒な人はいらっしゃるのが現実だ。
 そんなわけで、2010年モデルのアウトラインに見えるけれど、フレームは最新型と同じく白いし、スタンドは現行モデルがアルミなのに対して、スチール製でそっけない。そして保安部品も付属していない。もし公道走行をしたければ、ヘッドライトなどは別途用意して装着する必要がある(通関証明付属しているので、登録は可能)。
 250cc10台、125cc5台の限定だが、シェルコの方でがんばってくれて、もう少し用意することができそうだという。
◆株式会社亜路欧のWEBサイトはこちら<http://www.arrow-moto.com/>
〒340-0833 埼玉県八潮市西袋724-3
電話 048-921-3080/FAX 048-921-3081
E-Mail info@arrow-moto.com

関連記事

2017フランスGP

フランス、ブストが連続表彰台

アンドラ大会のすぐ翌週、舞台はフランスのルルドに移った。この大会、ハイメ・ブストがアンドラに続いて2度目の表彰台。今度は3位だった。優勝はト…

MFJトライアル

全日本第5戦は北海道大会

2017MFJ全日本トライアル選手権シリーズ第5戦 北海道大会 2017年全日本シリーズも中盤戦。7戦中4戦が終了して、終盤戦の口火を…

EXスポーツ FIMトライアル放送

2017 FIMトライアル世界選手権「EXスポーツ」放送日程

2017シーズン、アウトドア「FIMトライアル世界選手権」インドアの「FIM Xトライアル世界選手権」が「スカパー!ch.609」のEXスポ…

イベント(大会)

7/2 ケニーズ杯と比和町のイベント

広島県福山市発信、ケニーズクラブからのイベント情報です。 ケニーズ杯、夏のOASYS CUP、秋の水源の森ツーリングトライアルの4大会のお…

フランスGPで電動バイク選手権開催、コロメがデビュー

6月25日、フランスGPに、トライアルEカテゴリーが設けられ、これにマルク・コロメが参加する。コロメはご存知のとおり、1996年世界チャンピ…

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。