2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. 1日目優勝のファハルド
  10. イベント(大会)
  11. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  12. リザルト東北
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. リザルト中国
  18. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  19. 全日本R3九州までのランキング
  20. 全日本R3九州リザルト
  21. 2018EMと成田匠.fr
  22. MFJトライアル
  23. 1805電子版
  24. 2018年5月号
  25. リザルト近畿
  26. ムーブレバー
  27. トムス新製品
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト四国
  33. リザルト関東
  34. 2017お勉強会
  35. TY-Eデビューラン
  36. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  37. 自然山通信電子版4月号
  38. 自然山通信2018年4月号
  39. リザルト中国
  40. リザルト中国
  41. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト関東
  48. リザルト四国
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. 2018年3月号電子版

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

電動トライアルバイク現る

1209EM2.7

岩手県安比高原にて/写真:藤田秀二

 開発が進んでいると伝えられていた電動トライアルバイクが、イーハトーブトライアルに合わせて来日。イーハトーブトライアルの会場で披露された。エレクトリック・モーション製EM5.7(過去記事はこちら→http://www.shizenyama.com/trial/2012/04/post_56.php)と一緒に微笑むのは成田匠さん。なんとEM5.7のインポーターとして、今後のトライアルとエレクトリックマシンの普及に努めるという。


 このマシン、驚くべきはそのパワーレンジの広さで、体感的に100ccくらいの入門仕様から300ccのレーシングバージョンまで、スイッチの切り替えで対処できるというが、まずはトップカテゴリーより、より多くの人が楽しめる仕様をベースに考えているという(とはいえ、すでにフランス選手権では実験的エントリーをしていて、ちゃんと走っている)。
 もちろん、パワーフィーリングはエンジンとは大きくちがう。モーターには、動き始めた時から最高回転までトルクが変わらない、という特性がある。これまでトライアルマシンのエンジンが苦労してきた、極低速で使いやすいトルクを、との命題がうそのような乗りやすさだという。
 ガソリンエンジンだと、乗り手の力量や技術の習得によって排気量を選ぶ必要が出てくるが、電動バイクならそんなことはない。スイッチの切り替えひとつで、トップライダーから入門ライダーまで、幅広いライダーが楽しめる。
 現在、このマシンはプロトタイプで、世界に2台しかないというが、早ければ9月にはユーザー向けの生産が始まり、全世界に20台がリリースされるという。日本にはこのうち2台が入ってくる。順調にいけば、11月までにはお客さんの元に届けられるのではないかと、インポーターの成田匠氏は言う(海外メーカーの常として、予定は常に未定だから、11月に日本に届かなくてもあわてないように)。
 お値段はまだ決まっていないが、電動バイクとしては安いといえるレベルで、日本に入っているコンペティションモデルと同じくらいになるのではということで、100万円は超えることはないということだ(電動バイクにとっての命であるスペアバッテリー付属となる予定)。
 選手として、このマシンが全日本選手権に出てくる可能性については、レギュレーション上の問題など解決しなければいけないことも多いというが、マシンのポテンシャル的に不足はないとのこと。ただライダーがエンジンで育っているので、全日本選手権の究極の舞台では「新感覚」のマシンフィーリングに、ライダーの慣れの問題が出てくるのではないかということだ。もちろん、これからトライアルを始めるライダーが、このマシンで入門すれば、慣れの問題などありはしない。これからは、そういうライダーも多く出てくるのではないだろうか。
 ということで、乗り味については、近いうちにじっくりお伝えする予定です。お楽しみに。

関連記事

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

黒山とTY-E、フランスGPで勝利

2018年7月15日、南フランスのアルプス地方オーロンで開催されたトライアルGPで、黒山健一がみごと勝利を果たした。 2017年から始…

2018全日本北海道全結果

全日本選手権第4戦北海道大会 2018年7月14・15日 北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 観客数:700人 (さらに&h…

ページ上部へ戻る