2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  3. 全日本R3九州までのランキング
  4. 全日本R3九州リザルト
  5. 2018EMと成田匠.fr
  6. MFJトライアル
  7. 1805電子版
  8. 2018年5月号
  9. ムーブレバー
  10. トムス新製品
  11. リザルト関東
  12. 2017お勉強会
  13. TY-Eデビューラン
  14. 自然山通信電子版4月号
  15. 自然山通信2018年4月号
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. リザルト近畿
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. 2018年3月号電子版
  27. 2018年3月号
  28. 1802木彫山本さん
  29. HOSTAL DEL GUIU
  30. イベント(スクール)
  31. 2018 TRRS RAGA RACING
  32. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  33. イベント(スクール)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト四国
  40. フロントフォークプロテクター
  41. Vertigo VERTICAL
  42. 三谷アルミニップル
  43. リザルト中国
  44. TLM50用スプロケット
  45. JITISIEカーボンプロテクター
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中国
  48. イベント(スクール)
  49. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  50. 自然山通信2018年2月号発売
  51. イベント(スクール)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  58. イベント(大会)
  59. T-TRIAL R2モンペリエ
  60. リザルト中国
  61. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  62. リザルト関東
  63. イベント(その他)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

キルスイッチは手首に巻いて

マグネットキルスイッチ

 2013年から、全日本選手権では脱着式キルスイッチが全クラスで装着必須アイテムとなった。地方選手権では2014年から義務化になるので2013年はあわてて装着することはないし、それ以外の草大会には義務づけはされないと思うけれど、規則だからとかなんとかというより、たいへん有効な安全アイテムだから、早い時期に導入の検討するとよろしいかと思う。


 規則では脱着式となっているから、特にマグネットでなくてもいいのだが、目にするのは圧倒的にマグネット式で、事実上どのマシンにも同じものが装着されるのではないかと思われる。エンジンを始動する時にはマグネットをパチンと止め、マグネットが外れるとエンジンが止まる。脱着できる側はストラップで手首に巻き付けてあるので、ハンドルから手が外れると、自動的にエンジンは止まる。
 初めてこのタイプのキルスイッチを見たのは女子トライアル・デ・ナシオンで(もう5年くらい前になると思う)、最初はお子様用のイメージがなくもなかったが、逆に言えば、危険なセクションにトライする上級ライダーにこそ、この装置はたいへんに有効ではある。世界選手権では、2012年から義務づけとなっている。全日本選手権では2013年から、地方選手権ではその翌年から義務づけということになっている。
 しかしこれ、トップカテゴリーに参戦する人だけでなく、これからトライアルを始める人も、ぜひ装着してほしい。乗り手を失ったマシンが暴走して別の人に突っ込んだりという事故が防止されるだけでなく、エンジンがかかったまま墜落して、アクセル全開でエンジンを焼き付かせるという金銭的にも悲惨な事故も激減する。キルスイッチとしてはやや高価だが、得られる効果を考えると高くない。けっしてキルスイッチ屋さんの回し者ではありません。
 来シーズンに向けて、すでに一部のライダーはこのキルスイッチを使用し始めているが、慣れるまでは少々時間がかかるという。なんせ手首に巻きつけるものだけに、最初はものすごくジャマだということだ。ジャマもなにも規則なのだからつけなければいけないので、全日本選手権に参戦しようというライダーは、今から慣れておいた方がいいと思います。大会当日車検に落ちてからあわててつけても(たぶん現場には在庫はあると思うけど)、ちょっとやそっとで慣れるものではないので、当日の試合は手首が気になってボロボロ、ということにもなりかねない。いまからつけておけば、練習でマシンを投げても安心。一石二鳥です。
 あとこのマグネットキルスイッチを装着する時のワンポイントアドバイスです(黒山健一さん、岩田悟さん、ありがとうございました)。マグネットをライダー側(手前)に向けていると、思いきりハンドルに上体をかぶせるライディングをした時に、腹でマグネットを外してしまうことがあるそうです。なので、マグネット側は向こう側、からだとは反対側の前方にしたほうがいいというアドバイスもいただきました。

穴をふさいだスプロケット

 あとこれとは別に、リヤスプロケット(ドリブンスプロケット)の穴を何らかの方法でふさぐことも義務づけられました(もちろんお店ではおしゃれなのを売ってますが、条件を満たせば自作でも可)。これも、世界選手権では2012年から義務化されています。
 正直、こんなところに指を突っ込む人はいるのかなぁ、チェーンとスプロケットの間の方が危ないのではないのかなぁと思っていたのですが、実はスプロケットの穴はけっこう実戦で危ないことが起きていることが多くて、かの黒山二郎さんもスプロケットの孔で指をなくしそうになったことがあるそうです(幸い、指は今でもついてます)。チェーンやスプロケットの歯もおそろしいですが、頻度からいうとスプロケットやディスクプレートの孔もけっこうあぶないそうで、規則だからということでなく、安全なトライアルを楽しみたいものだと思います。
 トライアル委員会では、さらにマウスピースの使用も推奨しています。思いきり力んだ時に、奥歯にかかる力は半端ではないらしく、それで歯をいためてしまっていることがあるそうです。かつては萩原真理子選手(今は川村さん)、最近では野崎史高選手が使っているのが目立ったところですが、こちらはオーダーメイド(当然だけど)で1万円くらいから。ちょっとお高いかもしれないけど、よぼよぼになってもお世話になる歯を大切にするための装備です。こちらもご検討あれ。
 ということで、規則書の変更点から、安全グッズを3点紹介しました。

関連記事

化けるか野崎ぶっちぎり勝利

化けるか、野崎。ぶっちぎり勝利の2018九州大会

野崎史高が、3年ぶりに勝利をおさめた。今回の野崎は、ライバルも舌を巻く絶好調でのぶっちぎり。2ラップを終えて、SSを待たずに勝利を決めた。 …

全日本R3九州までのランキング

2018全日本ランキング(〜第3戦)

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってるかも…

全日本R3九州リザルト

2018全日本第3戦九州大会全結果

2018全日本選手権シリーズ第3戦九州大会 2018年5月13日 天候:曇りのち雨 大分県玖珠郡玖珠町玖珠トライアルヒルズ 観客…

2018SSDT、水曜、木曜、どうでしょう?

スコティッシュ6日間トライアルは、いよいよ佳境。海の向こうでは、250名近いトライアルばかどもが、この世のものとも思えない魅力的な荒野と戦っ…

2018 SSDT(1日目・2日目)

2018年SSDTが始まっている。スコットランドの荒野を舞台に、6日間に渡って開催される伝統のトライアルイベント。トライアルライダーたる者、…

ページ上部へ戻る