2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  3. 全日本R3九州までのランキング
  4. 全日本R3九州リザルト
  5. 2018EMと成田匠.fr
  6. MFJトライアル
  7. 1805電子版
  8. 2018年5月号
  9. ムーブレバー
  10. トムス新製品
  11. リザルト関東
  12. 2017お勉強会
  13. TY-Eデビューラン
  14. 自然山通信電子版4月号
  15. 自然山通信2018年4月号
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト関東
  21. リザルト近畿
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. 2018年3月号電子版
  27. 2018年3月号
  28. 1802木彫山本さん
  29. HOSTAL DEL GUIU
  30. イベント(スクール)
  31. 2018 TRRS RAGA RACING
  32. イベント(その他)

    2018.02.27

    O.O.Fの2018年
  33. イベント(スクール)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト四国
  40. フロントフォークプロテクター
  41. Vertigo VERTICAL
  42. 三谷アルミニップル
  43. リザルト中国
  44. TLM50用スプロケット
  45. JITISIEカーボンプロテクター
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中国
  48. イベント(スクール)
  49. 自然山通信2018年2月号電子版の発売
  50. 自然山通信2018年2月号発売
  51. イベント(スクール)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト関東
  54. 自然山通信2月号「特集。激討トライアル/藤波貴久VS小川友幸」
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2018.01.19

    夏木陽介さん
  58. イベント(大会)
  59. T-TRIAL R2モンペリエ
  60. リザルト中国
  61. TRSとTRRSロゴの違い

    2018.01.13

    TRRSとTRS
  62. リザルト関東
  63. イベント(その他)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ノンストップでもトニー・ボウ強し

1304もてぎ土曜日のボウ

 世界選手権第1戦STHIL日本グランプリは、4月27日、快晴のツインリンクもてぎで開催された。前日夜にはやや強い雨が降り、コンディションの悪化が懸念されたが、それほど泥々にはならず、とはいっても難セクション出あることには変わらず。初めてのノンストップルールでの世界選手権では熱戦が展開された。


 藤波貴久は第2、第3と5点になって苦しい滑り出しとなった。ボウは第5セクションでカードを動かしたとして減点5となるも、5点はそれだけ。1ラップ目は7点の好スコアをマークした。
 2位につけたのはアダム・ラガ。停止5点にはいくつか納得いかないものもあったようだが、1ラップ目5点3個のみの15点は立派だった。

1304もてぎ土曜日のカベスタニー

3位入賞はアルベルト・カベスタニー

 アルベルト・カベスタニーが1ラップ目22点、4位が藤波で28点。5位ジェイムス・ダビル30点、6位ジェロニ・ファハルド38点、マイケル・ブラウンが39展。
 小川友幸と黒山健一が40点、柴田暁55点、野本佳章53点、野崎史高と小川毅士が58点、齋藤晶夫が60点。
 2ラップ目以降もこの流れには変わりはなく、ボウが開幕戦を勝利した。ボウは各ラップともに5点がひとつずつと、この点でも参加者唯一だった。
 藤波は最終的に4位。3ラップ目第3から連続5点を取ったときには暗雲立ちこめるという感じになったが、その後は5点なしで最後まで走りきった。5位ファハルドに5点差、3位カベスタニーに6点差。あいかわらず、ボウをのぞく3人のスペイン勢と藤波は接戦だ。
 日本人最上位は小川友幸で7位、90点。黒山健一が108点で9位、野崎史高が131点で11位。野本佳章が151点、15位でポイントを獲得した。柴田暁、小川毅士は野本と僅差だったが、残念ながらノーポイント。

1304もてぎ土曜日のラガ

2位に入ったのはアダム・ラガ

 初めてのノンストップルールは、意外に混乱がなく受けいられているように見える。セクションがけっして簡単というわけではなく、ライダーが苦労してルールに走りを対応させているという感じ。見ている限りでは、ファハルドがルール変更に対応できていないという印象を受けたが、他のトップライダーは、ニュールールに対応した走りをこなしてきていた。今までならスタンディングで呼吸を調えるところを、じわじわと走り続けるなど、さすが。
 反面、あれと思うと5点になっているあやうさもあった。要するに、今までならもがけば3点だったが、このルールでは上手に走らないと5点である。上手に走れば3点にもクリーンにもなるのだから、このルールも悪くない。ただ、セクション設定と採点は今までよりさらにむずかしくなるだろう。このルールの評価はまだむずかしいと感じた。
 採点については、来日ライダーを含めて、オブザーバーの採点に比較的納得感を持っていたように思えた。もちろん「今のは5点じゃないだろう」「止まってないだろう」という声が出ることもあったが、止まったと判断されればそれが採点だから、いたしかたない。あるいはこれが第1戦だから、ノンストップルールとはこういうもの、という思いが、各ライダーにあるのかもしれない。
 見ている限り、そこはそれ、今のは止まってるんじゃないかなぁというクリーンや、今のをストップと判定するのは厳しいんじゃないのかなぁというシーンはあったけれど、それはどの大会のどの採点でもある話で、特にノンストップルールだからという問題じゃない。
 当初、ノンストップルールになったら採点トラブルがあちこちで勃発して、収拾がつかないことになるんじゃないかという悲観的予想もしたものだったが、開けてみればそこまでひどいことにはならなかった。ただ、結果はほとんどいつものとおりで、ルールを変えたからといって強いライダーは強いというあたり前のことが再確認されただけだった。
 あとは、ノンストップルールが美しいトライアルの演出になるのかどうか、見ていて楽しいトライアル競技になるのかという検証が、さらに必要となるのではないだろうか。

関連記事

化けるか野崎ぶっちぎり勝利

化けるか、野崎。ぶっちぎり勝利の2018九州大会

野崎史高が、3年ぶりに勝利をおさめた。今回の野崎は、ライバルも舌を巻く絶好調でのぶっちぎり。2ラップを終えて、SSを待たずに勝利を決めた。 …

全日本R3九州までのランキング

2018全日本ランキング(〜第3戦)

全日本選手権、4クラスの第2戦終了時点でのランキングです。ポイント獲得者についてはルール通りに集計していますが、もしかするとまちがってるかも…

全日本R3九州リザルト

2018全日本第3戦九州大会全結果

2018全日本選手権シリーズ第3戦九州大会 2018年5月13日 天候:曇りのち雨 大分県玖珠郡玖珠町玖珠トライアルヒルズ 観客…

2018SSDT、水曜、木曜、どうでしょう?

スコティッシュ6日間トライアルは、いよいよ佳境。海の向こうでは、250名近いトライアルばかどもが、この世のものとも思えない魅力的な荒野と戦っ…

2018 SSDT(1日目・2日目)

2018年SSDTが始まっている。スコットランドの荒野を舞台に、6日間に渡って開催される伝統のトライアルイベント。トライアルライダーたる者、…

ページ上部へ戻る